長沢樹「消失グラデーション」角川書店

公開日: : 書評(書籍)



20120704021215



フィクションを読むなんてあまりないのだが。ふりかえると、この本がなんで手元にあるのか分からない。たぶん、雑誌の新刊書レビューとかで取り上げられていたんだろう。でも何か理由があったであろう所以で、確かに熱中して2日程度で楽しく読み切った。それだけの内容はあったと思う。一応、筋の勉強としてもう一回読み直してみたい気がするので、お得な一冊なんだろう

装丁は良い

帯に書かれた綾辻、北村、馳の賛辞という話題。これに対して、内容が負けている気がしなくもない。ミステリをちょっと知っているならば、この程度の叙述トリックを見せつけられたところで、特段の驚きもない。登場人物の先天的な属性において都合が良すぎ、それらを最後にすべてバラして結末に持っていく乱暴さが評価を下げてる。ジョーカーもいるしな

やけに性的なところが多いのも、ちょっとデリカシーの問題があって人によって毛嫌いがあるはずだ。それも本作には欠かせない要素なんだけど、読む人を選ぶところも、ちょっとある

練馬区を中心とした西武池袋線沿線が主たる舞台となっているので、地元の親近感によって、かなり補整された評価なのかもしれない。どの登場人物もそれなりの魅力を感じるんだけど、その彼女らの最寄り駅が中村橋、練馬高野台、田無だったり、石神井公園、東久留米だったりするところがね

ただ、一部、フィクション地名があって、実在の地名、施設名と微妙に異なるところは、もともとが誤解しそうなネーミングだからかな。例えば氷川台の大きな公園っていえば城北公園にほかならないわけだが、思えば「城北」って特徴のない名前だ。また、大泉学園らしき駅が単に大泉駅と表記されているのも、「学園」の実態がないなかで、学園モノの本作で誤解されることをおそれるほどのローカル駅名ってことかな

google adsense

関連記事

no image

普通であること/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房①

20130217011236 著者の本って、縁がなくて。これが初めての本。本業はフィクショ

記事を読む

no image

手嶋龍一・佐藤優「インテリジェンス 武器なき戦争」幻冬舎新書

実は諜報関係の話は好き。こうやって気になるところをメモしていると、佐藤氏の発言のほうが圧倒的に多いな

記事を読む

no image

阿刀田高「アイデアを捜せ」文藝春秋

20120211211338 聖書を知っていますか、の一連は昔読んだ。軽妙洒脱な味わいの文

記事を読む

no image

竹内薫「99・9%は仮説」光文社新書

20100507220350 これもかなり昔の本になってしまった。内容は面白いが、誰が読む

記事を読む

no image

西村英俊「会社は毎日つぶれている」日経プレミアシリーズ

20090816214933 日商岩井や双日が経営危機だったときに経営者だった人であり、そ

記事を読む

no image

加登豊「管理会計入門」日経文庫

これと同じ方の本だ hiog: 加登豊「インサイト管理会計」中央経済社 最近、管理会計の本をよく

記事を読む

no image

司馬遼太郎「王城の護衛者」講談社文庫①

20130217235157 今日の大河ドラマは、そのまんま、この本の最初の五分の一だった

記事を読む

no image

横石知二「そうだ、葉っぱを売ろう!」ソフトバンククリエイティブ

素材自体が大変に面白い。実話のおもしろさ、地方の農業振興、必然的に年寄りの話ということで熱い物語にな

記事を読む

no image

渡部昇一・林望「知的生活 楽しみのヒント」PHP研究所

先日読んだ”林望「知性の磨きかた」PHP新書”を見つけた際に、あわせて見つけたので読んでみたのがこの

記事を読む

no image

長田庄一「バブル獄中記」幻冬舎

20120311151029 本人の手記の部分をメインに、本人の足跡をたどる無名の解説文が各章の冒

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑