佐藤優「「若いやつを鍛える」で組織は維持できない(知の技法 出世の作法 第249回)」週刊東洋経済2012.06.16

公開日: : 書評(雑誌), 週刊東洋経済, 佐藤優



20120904234111



外務省という組織で最終的に失職とはなった。それでもその後にこの人のが言論人?になったのは、日本語を理解する人にとって価値のあることであり、文字どおり、出世のひとつなんだろうと思う

今回のような、組織独特のカルチャーを逆手にとって都合よく遊泳するというのは魅力



・便所掃除のような極端な事例でなくても、官僚組織には非合理なおきてがいくつも埋め込まれている。筆者と同時期にモスクワの日本大使館に大蔵省(現財務省)から出向していた二等書記官は、「大蔵省に入省した最初の3カ月は、毎日いすに30分間も正座させられ、今日一日、自分の行動にどういう問題があるか反省しろ、と言われた。上司の命令に対しては絶対服従せよとたたき込まれたんだ」と述べていた

・日本の伝統型組織の中間管理職は、旧陸軍の内務班長あるいは下士官をモデルにしている。ちなみに筆者の1年後に政務班に配置された後輩は、モスクワの日本大使館に3年勤務し、帰国後しばらくして外務省を辞めた。筆者はその元後輩と、最近、21年ぶりに再会して旧交を温めた。元後輩は「それにしてもあそこ(外務省)は、すごい文化の組織でしたね。佐藤さんが『ウイーン条約に違反するから絶対に嫌だ』と言って引き受けないから、“ルーブル委員会”の仕事が私に回ってきましたよ」と言ってきた。当時の日本大使館員と言えば、闇ルーブルで私用車を販売して蓄財していたからだ。

・筆者はそのとき、「『絶対引き受けない』とは言っていない。『KGB(旧ソ連国家保安委員会)のシンジケートに加わって蓄財していると、ソ連当局に弱みを握られることになりませんか』と疑問を呈したら、ルーブル委員会の仕事が回ってこなくなっただけだ」と答えた。当時、ルーブル委員会を采配していたのが、大使館の中間管理職だった原田親仁参事官(現駐ロ大使)。原田氏は、親分肌で面倒見のいい、旧陸軍内務班長型の中間管理職だった

・「若いやつを鍛えてやる」旧来の中間管理職型では、もはや組織は維持できない。が、新しい中間管理職のモデルはいまだ生まれていない。その結果、現在の日本では中間管理職の機能が著しく弱くなり、その日暮らしで人事管理を行っている企業や役所が少なからず存在する





google adsense

関連記事

no image

菅原雅信「ドバイでも日本酒は売れる 4割市場で販売量5倍の秘密――桜井博志氏(特集 売れない時代に私が売る)」日経ビジネス2009年7月13日号

20090912080042 杜氏の存在理由がなくなる事例。誰でも酒造りができる体制。「この人でな

記事を読む

no image

齋藤孝「五芒星の魔力?単純労働が快感に変わる瞬間」週刊ダイヤモンド2005/06/04

この方の文章に対する評価は難しい。私の食わず嫌いのところは認める。しかし、どうも心に響いてこない。

記事を読む

no image

佐藤優「野蛮人のテーブルマナー」講談社プラスアルファ文庫

やっぱり、この人の本は、乱造のところはあるのかな。最近の新刊は読んでみたいと思ってはいるのだけれど

記事を読む

no image

張子溪「みんな知らない漬物業界(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2012.2.4

20120221003658 まず業界のお勉強。漬物の食品としての歴史は古いが、商品としての歴史は

記事を読む

no image

原尻淳一・小山龍介「IDEA HACKS!」東洋経済新報社

確かに電車の中で思いついたことを整理してやっつけ仕事でまとめちゃいましたというニオイのする本だ。軽い

記事を読む

no image

友國八郎「求められる人になろう 会社は最高の教室だ(有訓無訓)」日経ビジネス2005年11月21日号

商船三井最高顧問の談話。大雑把な話で、よくある話だけど、気になった 昔、私が相当高度なレベルの教育機

記事を読む

no image

佐藤優「がっついたビジネスパーソン諸君!何でも聞いてくれ!(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2009.5.30

情報は共有したうえで、競争することが大事。という導入部分だけメモメモ ・他の雑誌の読者

記事を読む

no image

篠原匡「マネジャーを助けるトラッカー 抜け漏れ防ぐ”追跡者”(経営新潮流)」日経ビジネス2012.1.16

20120218102525 プレイングマネジャー。プレイに夢中でマネージが疎かになる。このマネジ

記事を読む

no image

佐藤優「読書の技法」東洋経済新報社

20130428215646 相変わらず、おもしろい 本は外側から攻める。表紙と裏表紙、

記事を読む

no image

杉山俊幸「”死んだ”男、ペットを救う 小森伸昭氏[アニコムインターナショナル社長](ひと劇場)」日経ビジネス2006年4月10日号

小森氏はペット保険ビジネスの創業者として、ビジネス誌を中心にときどき見かけるし、"ショーンKほか「成

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑