グリーンズ編「ソーシャルデザイン ―― 社会をつくるグッドアイデア集」朝日出版社

公開日: : 最終更新日:2012/09/13 書評(書籍), デザイン





20120912002026

書き殴った感じの文章。本当にアイデアをいただくための本であり、何度も読み返して楽しむものではない。事例が少ないので、こういうアイデア集がもっと欲しい

ちょっとまえ、ある博物館で、募金箱が面白かった。コインをすり鉢状の募金箱に転がすとぐるぐるまわりながら中心の穴に入っていく。普段は募金をしない自分としても、このコインを転がる様子を見る対価としてコインを提供している、という感じがした。デザインだと思った。これ



装丁が気になる。表紙から本文まですべて黄緑色をしている。公共交通機関で読むと一発で何を読んでいるかバレてしまう感じ



p056.後日、スピード違反を犯したドライバーには違反切符を、制限速度を守ったドライバーには宝くじの当たり券が送られるのです。宝くじの賞金は、スピード違反の罰金から支払われることになっています。この「Speed Camera Lottery」という安全運転宝くじ制度は、フォルクスワーゲンが主宰している「The Fun Theory」で賞を取ったアイデアです

p058.この「The Fun Theory」で受賞したアイデアには他にも、地下鉄でエスカレーターの代わりに階段を使ってもらうために、上り下りする度に音が鳴るというピアノの鍵盤に見立てた階段や、ゴミを捨てると、まるで地下数百メートルも下にゴミが落ちていくかのような音がする公園のごみ箱などがあります

p062.まずは、下に待機しているパンダ1号が、上りエスカレーターに乗る通行人にチラシを手渡します。通行人が上に移動している間にチラシに目を通すと、降り口ではパンダ2号が待機し、チラシをその通行人から回収。今度は、パンダ2号が、下りエスカレーターに乗る通行人に、そのチラシを渡します。通行人がチラシに目を通しながら下りると、下で待っているパンダ1号がこのチラシを回収し、上りエスカレーターに乗ろうとする別の通行人にこれを手渡すという流れ。歩行中と異なりエスカレーターでは、手持ち無沙汰のまましばらく立ち止まった状態が続きます。この貴重な時間を利用することで、チラシにじっくり目を通してもらえる確率がアップするのです。パンダで「コスプレ」する二人組は、幅広い年代のお客さんで賑わうショッピングモールでもひときわ目立ちます。特に子どもたちの関心を惹きやすく、WWFの存在や環境保護の大切さを、多くの人々に広く知ってもらえるきっかけになるのです

p092.本来ならインセンティブはポイントカードのようなかたちで個人に蓄積されていくほうが公平な気がしますが、「カルマ・カップ」のシステムだと、初めてその店に来て飲み物を買った人が無料のタイミングに当たるなんてこともあるでしょう。それを是とするのがこのアイデアのポイントです。それはつまり、このシステムに参加する動機が「自分が得するから」ではなく「問題を解決するため」であることを意味します。「ポイントが貯まるからマイカップを使う」のではなく、「資源を無駄にしたくないからマイカップを使うけど、無料のタイミングに当たったらラッキー」という発想がそこにあります

p096.彼らが考えたのはまったく違うアイデアでした。投票の3日前の夜、カラフルな矢印型ポスター600枚を町の至るところに貼り付け、矢印の通りに歩くと投票所まで辿り着くような状況を創り出したのです

p136.こうしてイギリスで始まった「ゲリラ・ガーデニング」は、その後世界中に広まり、今では日本でも行われています。メンバーは、人々が眠りについている間に密かに集まり、緑が少ない公共エリアやスラム街などに大量の草花を植えていきます。夜が明けると、公園や道路が緑で豊かになっているというわけです





google adsense

関連記事

no image

三枝匡・伊丹敬之『「日本の経営」を創る』日本経済新聞出版社

2人の対談を本にしたようなもの。2人ともすごく偉人に見える。実際、そのとおりなんだろうと思う もう

記事を読む

no image

山田ズーニー「伝わる・揺さぶる!文章を書く」PHP新書

文章を7つの要件に分けて丁寧に解説してくれる。意見、望む結果、論点、読み手、自分の立場、論拠、根本思

記事を読む

no image

日下公人「男性的日本へ」PHPソフトウェア・グループ

また著者の新刊を買ってしまった 著者の良さ、売れる秘訣はこの辺か。固定観念への挑戦、新しい見方の提示

記事を読む

no image

本田直之「ノマドライフ」朝日新聞出版

20120914004829 流行の本なので、カバーをかけずに公衆の空間で読むのが小っ恥ずかし

記事を読む

no image

アーノルド・ベネット「自分の時間」三笠書房

活字の量自体はそれほど多くない。夕食後寝るまでの間に読み終えてしまう、というのはそのとおりだろう。し

記事を読む

no image

津田倫男「60歳からのチャレンジ起業」KKベストセラーズ

あっさりして読みやすい導入の書 定年間近の人に勇気を与える。内容はすべて納得できることばかり。起業

記事を読む

no image

梅谷薫『「病」になる言葉』講談社

昔から不思議だった。人は似通った境遇にいても、発症する病気は異なるということ。素人ながら勝手に、遺伝

記事を読む

no image

金川千尋「危機にこそ、経営者は戦わなければならない!」東洋経済新報社

思っていたよりもあっさりした内容。しかし実績を出しているから自信にあふれた物言いであり、読んでて気分

記事を読む

no image

サントリー次世代研究所「U35世代 僕と仕事のビミョーな関係」日本経済新聞社

20050926234348 35歳以下の会社員、このカテゴリに典型的な、主にダメな考え方

記事を読む

no image

竹内一郎「人は見た目が9割」新潮新書

話題の書、だと思う。確か、書店の広告では、別のベストセラーを暗に指し示した上で、それは間違っていると

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑