津田大介「情報の呼吸法」朝日出版社

公開日: : 書評(書籍)





20120912234428

今回は水色だ。前回は黄緑色(グリーンズ編「ソーシャルデザイン ―― 社会をつくるグッドアイデア集」朝日出版社)。いずれも装丁を見ずに、たまたま手に取ることになっている。これ、電車の中で読んでいるとバレバレなのでなんとかならないかな

情報を出さないと入ってこない。大胆に意見を変える。自分を情報化される。なるほどねと



p040.ほどなくして「音楽配信メモ」は人気サイトになりました。1年ほど経ってもっとも頻繁に記事を更新した頃には、アマゾンのアソシエイトやグーグルのアドセンスで月10万円くらいの収入がありました。「これを本気でやればウェブだけで結構食えるようになるな」と思ったのですが、結局そこで飽きてしまった。単行本を書き始めたりして忙しくなったということもありますが、「なるほど。いつでもここに帰ってこれるから、いいや」と思ってしまったような気がします

p090.ちなみに相当ひどいことを言われても、僕はまったくへこみません。自分の意見や意図はどうしたって誤解されてしまうものなので、仕方がないと思って気にしないことにしています。強烈なアンチになって僕に噛みついてくるような人を生み出した、またそういう表現をしたということは、世界にはそれと同じかそれ以上に僕のことを好きになってくれる人が生まれていると思うんですよ

p095.入手した情報を自分で打ち返すだけでなく、打ち返してくれそうな人に投げるというのもひとつの手です。情報に対する反射神経をやみくもに鍛えても意味はありません。重要なのは情報と人との「組み合わせ」を考えるということです。こういう情報はあの人に届けると面白くなるのでは、という「自分が情報のつなぎ役になるのだ」という意識があればいいと思うのです。興味を惹く情報があっても自分では処理しきれない場合は往々にしてあります。ならば、「この人だったら検証して広げてくれるかも」と思った専門的知識がある人に「こんなニュースがありますよ」と伝えてみることで、相手からフォローされたり、そのニュースを起点とした議論が多くのユーザーを巻き込んで広がっていったりするのです

p118.要はコンテンツとファンクラブです。その2つの要素がうまく回っていくときにメルマガは定期的な収入源になります。ツイッターやフェイスブックでは著者をフォローすることくらいでしか支持を表明できなかったのが、有料メルマガになると活動している人間に対して「有料購読」というかたちで直接支援することが可能になるわけです

p142.自分の知らない情報を貧欲に摂取するうちに考えが変わることもあります。矛盾するようですが、自分の考え方が180度変わることを恐れない柔軟性を持つことも重要です。それも情報とうまく付き合うための秘訣です。いろいろな人と話しているうちに僕も原発推進派に変わるかもしれない。あらゆることの過渡期であるこれからの時代は、「転換」を恐れないマインドが重要です。軸は持ちつつ、優れた考え方を自分の中に迅速に取り入れられる柔軟性が今求められているのだと思います。2005年に「CDがうざい。早く捨てたい」と発言していた坂本龍一さんが、2008年には「CDが完全に消えるとは思わない。人間には、触ることのできるものを持っておきたい欲望がある。ぼくもネット経由で大量にダウンロードする一方、手元に残したい曲はレコードやCDで買う」(『朝日新聞』2008年12月のインタビュー)と、一見正反対に見えることを言っているのも注目に値します。それには坂本さんなりの理由があるのでしょう。最近の事例では、原発推進派だった西尾幹二さんが原発事故を受けて脱原発派に転向しました(『産経新聞』2011年3月30日付コラム「正論」)。80歳近くになってこうした態度を取れるのは本当にすごいことだと思います

p156.「情報発信をしないことにはリターンがない」。この前、岩手の陸前高田市に取材に行ったときに(2011年10月)米崎小学校仮設住宅の佐藤一男会長が言った言葉がずっと頭の中に残っています。情報発信をすることではじめて、外部からの注目を得ることができる。そこで連帯が生まれ、リターンの可能性も生まれる

p164.「なるほど。話を聞いて分かったのは、ソーシャルメディアというのは正直者がバカを見ない世界なんじゃないかな」

p164.等身大の自分を「情報化」し、有用な情報とともにソーシャルメディア上に置くことで、意志を共有できる人と自然につながり、現実を少しずつ動かしていくことができる。ソーシャルメディア上では真正直に、愚直に行動することが分かりやすく可視化されます。いわば、行動を起こす人の人間性が情報化され、共有されているのです





google adsense

関連記事

no image

佐々木紀彦「米国製エリートは本当にすごいのか?」東洋経済新報社

20120501004816 著者のスタンフォード大学への留学記。に近い。留学にかこつけて

記事を読む

no image

奈良本辰也監修「図説戦国武将おもしろ事典」知的生きかた文庫

内容はコモディティ。9割5分まですでに知っていた情報。戦国時代を通しでお浚いするのに便利。義務教育で

記事を読む

no image

中島義道「私の嫌いな10の言葉」新潮文庫

好きな著者の一人。きわめて胸が空く。過去にもこんな本を読んでいる。"中島義道「うるさい日本の私」新潮

記事を読む

後藤利夫「あなたの知らない乳酸菌力」小学館

20140202222910 あなたの知らない乳酸菌力 (実用単行本)著者 : 後藤利夫小学館発売

記事を読む

no image

ダニエル・ピンク「フリーエージェント社会の到来」ダイヤモンド社

20120202235815 アメリカの本らしく、充実過ぎるほどの実例と、くどいほどの同じ

記事を読む

no image

長谷川洋三「ゴーンさんの下で働きたいですか」日経ビジネス人文庫

第1章が面白い。ゴーンの経営を垣間見るのがこの部分。彼の動きについては強く賛同できる 本書のタイトル

記事を読む

no image

サントリー次世代研究所「U35世代 僕と仕事のビミョーな関係」日本経済新聞社

20050926234348 35歳以下の会社員、このカテゴリに典型的な、主にダメな考え方

記事を読む

no image

小阪裕司「招客招福の法則2」日本経済新聞出版社

新聞の連載コラムの単行本化。内容的に日経の堅いイメージとは違うようにも感じるが、日経MJのほうのよう

記事を読む

no image

司馬遼太郎「王城の護衛者」講談社文庫②

20130313185500 よく知らなかったんだけど、これ短編集だったんだ。すべてが松平

記事を読む

no image

林望「知性の磨きかた」PHP新書

高校生か、または大学入学したばかりの人が読むべき本。勉強の仕方、大学生活のすごし方、本の読み方につい

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑