佐藤優「うまくやれとの指示にどう応えるか(知の技法 出世の作法 第246回)」週刊東洋経済2012.05.26

公開日: : 書評(雑誌), 週刊東洋経済, 佐藤優



20120914223543





上司が「うまくやれ」とわざわざ曖昧に指示しているのに、記録とともに明確に対応する部下というのも、なかなか味わい深い構図。ここで意を汲みすぎて曖昧なまま物事を進めると、都合が悪くなったときに切られてしまう



・大使館幹部が国会議員に対するいかがわしい接待に関し、「断れ」でなく「うまくやれ」と指示する背景には、国会議員に関するネガティブな情報を蓄積し、省益のために生かすという外務省の組織文化があるのだ。外務省はこうしたネガティブ情報の蓄積を、国会議員だけでなく、記者や学者に対しても行っている。海外で日本大使館員にアテンドされる際は、弱みを握られないよう細心の注意を払わなければならない

・外務省以外の官庁や民間企業でも「うまくやれ」と指示されることがある。中間管理職が「うまくやれとおっしゃいますが、具体的にどうすればよいのですか」と聞き直すと、上司は「こいつは勘の鈍いやつだ」とマイナスの評価につながってしまう。「部下を選ぶことはできるが、上司を選ぶことはできない」というのが、中間管理職にとっての与件なのだ。上司も筋の悪い案件とわかっているので、「うまくやれ」というあいまいな指示をするのである。筆者が中間管理職ならば、「よくわかりました。ところで部長(課長)、どれくらいうまくやればいいでしょうか。多少無理をしてもいいでしょうか」と尋ねる。上司が「無理しなくてもいい」と答えるなら、上司もそれほど成果を期待していないということだ。上司自身がさらに上から言われた無理難題を、下に降ろしているだけかもしれない。上司が「つべこべ言わず言われたことはやれ」という対応なら、これは何としても処理し、少なくとも何らかの成果が出たという体裁を取らなくてはならないということだ。中間管理職に拒否するという選択肢はない。成功しても失敗しても、面倒に巻き込まれる可能性がある。こういう場合に重要なのは、自分と部下を守る現実的方策を見いだすことだ。「うまくやれ」というような指示は口頭でなされる。この際、記録を残しておくのが身を守ることにつながる。上司に対してメールかメモによる中間報告という体裁で、「先刻の『うまくやれ』という事案についてですが、部下に以下の指示を具体的に行い、処理しています」という報告をしておくことだ





google adsense

関連記事

no image

山崎元「株式投資と経営者の人物評価について」週刊ダイヤモンド2005/05/28

この方の言葉は、語り口が軽く、内容が平易かつ合理的で、若干の皮肉も効いていて、腹にストンと落ちてくる

記事を読む

no image

山崎元「一般株主は企業防衛策を歓迎しない」週刊ダイヤモンド2005/06/11

200506130744 連載「マネー経済の歩き方」から。著者はコンパクトにいいことを言う。冴えて

記事を読む

no image

大宅映子「本来あるべきゴルフの姿に」週刊東洋経済2005.7.23

20050722001100 ゴルフが接待用に調整されている日本の現状に対して憂いを表明する。現在

記事を読む

no image

井上裕「永守重信氏 企業買収で人を育てる(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年3月27日号

20060413014000 永守氏のインタビュー記事。ササッと読もうとして、やはり立ち止まってし

記事を読む

no image

石川潤「アイフル全店処分の必然(時流超流)」日経ビジネス2006年4月24日号

与謝野大臣については前にも気になったことがあった。"「金融相、信用取引、担保除外を批判―ライブドア株

記事を読む

no image

岩井聡「日本人が面白いと思うものは世界で見ても「面白い」! 特集/日本をぶち壊せ!」週刊東洋経済2009.4.25

人事を尽くして天命を待つ、といういい方がある 岩井社長の話は、常に気づきを与えてくれる、ような気が

記事を読む

no image

浮川和宣「データの標準化による理想の実現が世界中で地滑り的に起きつつある」週刊ダイヤモンド2008/02/23

20080228060000 ・今私たちが使っているものは不便なものではと、疑ってみてほしい。

記事を読む

no image

高安秀樹「幸運・不運(特集/「不確実性」の経済学入門)」週刊東洋経済2008.9.6

20081004060000 ここ1年くらい人まで話すことが増えた。結構、何の根拠もなく社会現象を

記事を読む

山と渓谷2014年01月号

20140412101940 山と溪谷 2014年1月号著者 : 山と渓谷社発売日 : 2013-

記事を読む

no image

江田憲司ほか「官僚支配からの脱却と国民の望行政改革の実行こそ急務(日本の政治を問う!)」週刊東洋経済2008.9.27

恐い恐い恐い ・私が橋本総理の政務秘書官のとき、最大のスーパー権力官庁の大蔵省分割がテーマとな

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑