ジョセフ・E・スティグリッツ「ミット・ロムニーの所得税問題にあるアメリカの“不公正”(スティグリッツ教授の真説・グローバル経済)」週刊ダイヤモンド2012/10/06

公開日: : 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド



20121002223608





このシリーズは、いつもは斜め読みである。しかし今回は通読してしまった。富者を攻撃するところが、読んでいて単純に劣情を満足させたのだろう、卑しいことに

税金の不公平と論じているが、これに対して違和感を感じないでもない

レントと表現されているもの、すなわち、政治との癒着や不完全競争によって得られる利益が問題なのだから、それを排除するのが第一のように思う。それが起こらないようにする仕組みを考える。例えば、収賄や横領、不正競争防止法的な咎により、罰金として没収されたりするのが自然に思ったりする

これを税で対応しようとすると、そうでない不正?公正でない?そんな利益、言いかえると、自然な価値創造のベンチマークとしての利益についても、同様に懲罰的な課税が当てはまってしまう。これがおかしい

前提として、応益的に税金を払ったらよいとはもともと思っている



・魚は頭から腐るという古い格言がある。大統領やその周囲の人間が公正な税負担を引き受けないとしたら、他の人々が引き受けることをどうして期待できよう。そして、誰も引き受けないとしたら、われわれに必要な公共財の費用をどうやって賄うことができよう。

・大富豪の投資家、ウォーレン・バフェットは、払わなくてはいけない額以上の税金を払う必要はないが、自分の所得にかかる税金が自分の秘書が払わねばならない税金より低率になる課税制度は、根本的に間違っていると主張している

・実際、最上層の人々が得る利益の多くが、経済学者のいうところの「レント」(訳注:超過利潤。政治との癒着や不完全競争によって得られる利益)である。それは経済というパイの拡大からではなく、既存のパイのより大きな一切れをつかみ取ることから得られるものだ

・経済格差は政治格差につながり、それがまた経済格差を拡大しているのである。その一因となっているのが、過去10年間、「13%以上」の所得税を払ってきたと主張しているロムニーのような人々が公正な負担分を払わずに済ませられる課税制度だ。こうした経済格差──市場原理だけでなく政治の産物でもある──が、今日の全体的な景気低迷の一因になっているのである

・アメリカの最高限界所得税率が35%であることを考えると、彼が大規模な租税回避を行っているのは間違いないだろう。しかも、問題はもちろんロムニーだけではない。ロムニー級の租税回避のせいで、現代経済の繁栄に欠かせない公共財の費用を賄うのが難しくなっていることは明白だ





google adsense

関連記事

no image

井上裕「三井物産社長槍田松瑩氏 利益至上が会社滅ぼす(編集長インタビュー)」日経ビジネス2007年1月29日号

感銘を受けた記事。この社長はすごくいいことを言っている。100%定性評価でいいというのは新鮮だった

記事を読む

no image

小嶋千鶴子「まっすぐなキュウリを売ることが物価を下げるんです(長老の智慧)」週刊東洋経済2007.1.20

ちょっと前に始まったこの連載が面白い。何がって、この人、岡田卓也名誉会長の姉であり、すごい高齢なんで

記事を読む

no image

江田憲司ほか「官僚支配からの脱却と国民の望行政改革の実行こそ急務(日本の政治を問う!)」週刊東洋経済2008.9.27

恐い恐い恐い ・私が橋本総理の政務秘書官のとき、最大のスーパー権力官庁の大蔵省分割がテーマとな

記事を読む

no image

佐藤吉哉「佃和夫氏 三菱重工業社長 環境技術で世界派遣を(編集長インタビュー)」日経ビジネス2008年3月31日号

20080429060000 プリンスホテルの契約違反の件があったが、同時期にさりげなく三菱重工の

記事を読む

no image

塚田紀史「『世界クジラ戦争』を書いた政策研究大学院大学教授小松正之氏に聞く(Books & Trends)」週刊東洋経済2010.3.6

本質と違うところで、すごく気になった。南極大陸の内側にできたという、「湖のようなもの」が、漠然とおそ

記事を読む

no image

『激戦区で独り勝ち「ルクア」絶好調のワケ(特集/流通サバイバル)』週刊東洋経済2012.2.11

20120221225741 JR私鉄は人の流れを押さえているから、普通にしていても勝てるはず。そ

記事を読む

no image

大坪稚子ほか「劇団四季 経常利益率2ケタの高収益 劇団経営に革命を起こす(特集 エンタメ全解剖)」週刊ダイヤモンド2008/08/23

20080907060000 コンティンジェンシー・プランがしっかりしている。こういうのが業界特有

記事を読む

no image

堀田宗路「北斎を支えた最良の「薬」(今様大江戸暮らし)」日経ビジネス2009年6月22日号

北斎の病気と、それに打ち勝つ情熱。国境や人種、文化を超えて伝える力 ・1827(文政10)年、67歳

記事を読む

no image

池尾和人「政府資産の売却は決め手にはならない(経済を見る眼)」週刊東洋経済2006.4.22

20060420001100 筆者は慶応大学経済学部教授 不良債権で苦しんだ銀行が本店を売却

記事を読む

no image

張子溪「みんな知らない漬物業界(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2012.2.4

20120221003658 まず業界のお勉強。漬物の食品としての歴史は古いが、商品としての歴史は

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑