東えびす「中印急接近のスリランカ やがて民族が消滅する!?(ミスターWHOの少数異見)」週刊東洋経済2013/02/02

公開日: : 書評(雑誌), 週刊東洋経済



20130316100210





こういう匿名のコラムは気になる。名前がないので責任が軽い。このため無責任に書くというデメリットがあろう。しかし、書きたいことを素直に書けるというメリットもあるだろう

タイトルも内容も印象的だった。シンハラ人男性が内線で激減。適齢期のシンハラ人女性が結婚難になる。一方でアラブ人男性が経済進出。彼らが裕福で一夫多妻であるために国際結婚が多くなる。その結果、今後シンハラ人がどんどん少なくなってしまう、とうことらしい

純粋なシンハラ人の定義などはわからない。ユダヤ人は母親がユダヤ人だという定義があったように思い出した。それでも南インドと人種が一緒だと思うので、ドラヴィダ系とアラブではかなり見た目も違う

その国の経済の盛衰に伴って、こういう男女関係や結婚の観点から物を言われることも多い。経済的に苦しいから女性が身を売るようになるとか、女性の上方婚志向(上昇婚志向)とか。こういうの面白いので、ついメモってしまう



・実は、スリランカが抱える最大の問題は、マジョリティであるシンハラ人の減少だ。

・仏教信者のシンハラ人は人口の70%を占めるが、内戦で多くの青年が死亡し、男女比率はそうとう、女性に偏っている。大学のキャンパスを歩いても、目につくのは女子学生ばかり。彼女たちは深刻な結婚難に直面している。

・そこへ台頭してきたのがイスラム勢力だ。中東の豊富な資金を武器に、大型ショッピングモールなどを続々と建設。そこにシンハラ人女性が雇用され、アラブ男性と接触する機会が増えている。

・イスラム社会は一夫多妻制であり、奥さんは4人まで持てる。結婚相手のいないシンハラ人女性がイスラム教に改宗し、第2夫人に納まるケースも珍しくないという。

・「このままいけば100年後にはシンハラ人はいなくなる」という地元民の不安は大げさにしても、静かな地殻変動が起こっていることは間違いない。平和ボケの目をこすりつつ、この国の行く末を見据えていきたい。





google adsense

関連記事

no image

山田昌弘「若者の希望を潰す新卒偏重の採用 (The compass)」週刊東洋経済2009.1.24

学者や言論人というのは、自分の言うことを決して変更しない、そしてそれが常に正しいように努力するので、

記事を読む

no image

BusinessWeek「バフェット氏のCEO操縦法(リポート)」日経ビジネス2010.4.5

20100725121313 投資先の1つである米地銀M&Tバンクのロバート・ウィルマーズCE

記事を読む

no image

藤原秀次郎「専門家頼みではダメ/素人の『理屈』こそ宝(有訓無訓)」日経ビジネス2006年1月23日号

話し手は、しまむらの会長 我が意を得たり、というところ。専門家というのは一定の見方に凝り固まっており

記事を読む

no image

大西康之ほか「社員は見た世紀の大合併 失敗のなぜ?(特集 買収無残)」日経ビジネス2007年5月7日号

20070508220200 リアリティってのはおもしろいなあ、と思う。週刊誌とは、こういう生気の

記事を読む

no image

佐々木紀彦ほか「落ちる中間層 ホワイトカラーの没落」週刊東洋経済2006.12.9

最近、痛快だったのがこの記事 大企業ほど、こういうところがある。抱え込んだ仕事が多いほど「なくては

記事を読む

no image

小笠原啓「リニアPCMレコーダー CD超える”臨場感”録る」日経ビジネス2008年8月18日号

20090104185800 単なるメモ。別にリコーダーを買おうというわけではないけど ・C

記事を読む

no image

大橋洋治「未曾有の危機でこそ社員との直接対話を(有訓無訓)」日経ビジネス2005年11月7日号

日経ビジネスの巻頭に、それも目次よりも前に、このコーナーがある。大体いいことが書いてある。後ろのほう

記事を読む

no image

「トヨタ自動車社長渡辺捷昭(Key person interview)」週刊東洋経済2005.7.23

20050721180200 トヨタの新社長に対するインタビュー記事。掲載された上半身の写真で、渡

記事を読む

no image

佐藤優「筆者自身の効率的な時間の使い方(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2009.10.17

20091031102203 確か、この連載で筆者が、適切な睡眠時間は人によって決まっているので、

記事を読む

no image

片山善博「自民党は末期的症候群『パンと見せ物』の政治だ(特集/政治の混迷、改革の処方箋)」週刊東洋経済2008.9.20

あまり政治を追いかけても仕方のないころだけど、末期的症状であることの再確認と、喩えがすごく面白かった

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑