司馬遼太郎「王城の護衛者」講談社文庫③

公開日: : 書評(書籍), 司馬遼太郎



20130320010123





最後まで読んだけど、やっぱり松平容保のところがいちばん面白く、次が玉松操だったと思う

村田蔵六が、他の複数の藩や幕府からも複数の役職を与えられる中で、出身の長州からはまったく評価されていなかったというところ、不遇を託つ人にはいい話ではないかと思った。自分の故郷のほうが出自の柵でまったく評価してもらえないと



p211.ついで、幕府の講武所の砲術部門の教授方をも兼ねた。当節、江戸じゅうで村田蔵六ほど多くの肩書をもった男もすくなくなかったろう。私塾をひらくかたわら、幕府の二部門の教官を兼ね、しかも宇和島藩に籍をもち、加賀藩からも扶持を給せられて、翻訳の仕事にたずさわっている。「知らぬのは長州ばかりだったのか」桂は失笑した



こちらは河井継之助のところ。公議が落ち目であると見切りをつけ、より大事な自らの藩経営に携わるべきだ主張。幕府の役職から辞職することを進言し、藩主に容れられている。その辞職の理由が仮病というのも風雅で良いではないか。言われているほうもバレバレのようだが、そんなもんなんだろう



p301.継之助はよろこんで江戸に着任し、こんどは公務として、藩主に辞職をすすめ、毎日御前に進み出てはそれを説いた。継之助の意見は、暗に「今日、無力化した幕府を輔けてもむなしい。大事なのは長岡藩の富国強兵である。それがやがては日本のためになる」ということであった。忠恭はついにこの説を容れ、病いと称して引きこもった。が、幕府ではそれを仮病と察し、長岡藩の支藩である常州笠間の領主牧野貞明をして辰ノ口の老中屋敷に見舞いにゆかせ、忠恭に対して辞職の非を説いた。忠恭はやむなくその説得に従うことにしたが、傍らに継之助がいる。継之助には、議論の相手がたれであろうと見境いがない。大いに反対し、ついに御一門の笠間侯を口をきわめて面罵した。このため退席せしめられ、すぐそのあとで辞表をかき、在職5ヵ月で長岡に帰った





google adsense

関連記事

no image

三橋泰介『どんな相手ともラクに話せる「話し方」の裏ワザ』青春出版社

20100418224249 なんか、青春出版社っぽい、装丁、著者、タイトル、内容なんだな

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第5巻 小児保健」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(6/11) ここまでの5科目で1日目の試験は終了。明日の試験ための勉強時間を

記事を読む

no image

竹森俊平「資本主義は嫌いですか」日本経済新聞出版社

この人の予測、というかある人の予測についての分析、の示唆するところは、まあ、あんまりワクワクするよう

記事を読む

no image

後藤忠政「憚りながら」宝島社

ヤクザの歴史や論理が分かって興味深い。なぜ昔のヤクザは顔に傷があるのか。なぜ山口組が大きな組織となっ

記事を読む

no image

中島義道「私の嫌いな10の言葉」新潮文庫

好きな著者の一人。きわめて胸が空く。過去にもこんな本を読んでいる。"中島義道「うるさい日本の私」新潮

記事を読む

no image

安保徹「40歳からの免疫力がつく生き方」静山社文庫

白血球の内訳なんて、いままで興味をもっていなかった。血液検査の数値を読むのがおもしろくなった 嫌気

記事を読む

no image

リチャード・ワイズマン博士「運のいい人、悪い人 運を鍛える4つの法則」角川書店

だいぶ古い本になる。運について科学的に研究した本として、おもしろく読み、また説得力を感じた。運がいい

記事を読む

no image

蛯谷敏「三井物産 人材活性プラン、そろり始動 (現場力)」日経ビジネス2009年5月18日号

社員が同質であることの限界。視野を広げる 部門を横断して様々な経験を退職の危うさなしに可能とする、社

記事を読む

no image

佐藤富雄「コロリ力」経済界

面白い内容でスラスラと読み進められる。たまたま温泉に行っていたときに読んでいた本。そういう読んだとき

記事を読む

no image

五十嵐順子「いちばんやさしいネットワークの本」技評SE選書

20120527142708 タイトルに偽りなし。全体の理解のために必要。だだし、やさしすぎるので

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑