司馬遼太郎「王城の護衛者」講談社文庫③

公開日: : 書評(書籍), 司馬遼太郎



20130320010123





最後まで読んだけど、やっぱり松平容保のところがいちばん面白く、次が玉松操だったと思う

村田蔵六が、他の複数の藩や幕府からも複数の役職を与えられる中で、出身の長州からはまったく評価されていなかったというところ、不遇を託つ人にはいい話ではないかと思った。自分の故郷のほうが出自の柵でまったく評価してもらえないと



p211.ついで、幕府の講武所の砲術部門の教授方をも兼ねた。当節、江戸じゅうで村田蔵六ほど多くの肩書をもった男もすくなくなかったろう。私塾をひらくかたわら、幕府の二部門の教官を兼ね、しかも宇和島藩に籍をもち、加賀藩からも扶持を給せられて、翻訳の仕事にたずさわっている。「知らぬのは長州ばかりだったのか」桂は失笑した



こちらは河井継之助のところ。公議が落ち目であると見切りをつけ、より大事な自らの藩経営に携わるべきだ主張。幕府の役職から辞職することを進言し、藩主に容れられている。その辞職の理由が仮病というのも風雅で良いではないか。言われているほうもバレバレのようだが、そんなもんなんだろう



p301.継之助はよろこんで江戸に着任し、こんどは公務として、藩主に辞職をすすめ、毎日御前に進み出てはそれを説いた。継之助の意見は、暗に「今日、無力化した幕府を輔けてもむなしい。大事なのは長岡藩の富国強兵である。それがやがては日本のためになる」ということであった。忠恭はついにこの説を容れ、病いと称して引きこもった。が、幕府ではそれを仮病と察し、長岡藩の支藩である常州笠間の領主牧野貞明をして辰ノ口の老中屋敷に見舞いにゆかせ、忠恭に対して辞職の非を説いた。忠恭はやむなくその説得に従うことにしたが、傍らに継之助がいる。継之助には、議論の相手がたれであろうと見境いがない。大いに反対し、ついに御一門の笠間侯を口をきわめて面罵した。このため退席せしめられ、すぐそのあとで辞表をかき、在職5ヵ月で長岡に帰った





google adsense

関連記事

no image

前田和彦「5年後にお金持ちになる海外投資」フォレスト出版

20071218060000 内容的には概ね違和感がない。特に、不動産投資が危ない、外貨預

記事を読む

no image

橋元淳一郎「時間はどこで生まれるのか」集英社新書

20080929060000 一応通読したけど、概観しかないので、それだけではまだまだ難し

記事を読む

no image

村上隆「芸術起業論」幻冬舎

刊行当初から雑誌の書評などで取り上げられていたので読むつもりでいた。近い具体的な知人からの薦

記事を読む

no image

野村正樹「上に立つ人の24時間管理術」すばる舎

自分でも、よくもこの類の本ばかり読んでいるという気がする 上司の立場から、時間管理という切り口でハッ

記事を読む

no image

株式会社ジェネラルパシフィック「Windows Vista/XPではじめるお気軽無線・有線L―Wii、DS、ロケフリでのインターネット接続もきっちり解説!」ソシム

20090317231100 半年以上前の話 インターネットに接続させた20台程度のPC

記事を読む

no image

林田正光「リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと」あさ出版

ホテル勤務経験の長い著者による接客サービス術に関する知見の集大成。頷ける記述が多く、買って正解。

記事を読む

no image

竹内正浩「地図だけが知っている日本100年の変貌」小学館101新書

すべての都道府県を取り上げる趣向はいいが、正直、おもしろい県とそうでない県があった。2つ以上を取り上

記事を読む

no image

山鳥重『「わかる」とはどういうことか』ちくま新書

アカデミックに書いてあり、いちいち納得がいく。しかし、よく考えてみれば当たり前と思われるようなことだ

記事を読む

no image

カズオ・イシグロ「日の名残り」ハヤカワepi文庫

外国を舞台に外国人が活躍する小説には、登場人物の名前を覚えることから始まる、一定の負担がある。しかし

記事を読む

no image

グリーンズ編「ソーシャルデザイン ―― 社会をつくるグッドアイデア集」朝日出版社

20120912002026 書き殴った感じの文章。本当にアイデアをいただくための本であり、何

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑