著者本人の視点/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房④

公開日: : 書評(書籍)



20130323013620





著者の作家本人の視点での経験を教えてくれるのが面白い

入学試験の問題が自分の著作を題材としているのに著者が正答できない。笑う。問題自体がおかしい。国語は論理を教える学問ではないのか。ひょっとして著者がおかしいのか?

また著者が事前に準備をまったくせずに小説を書く、というのも興味深かった。たまたま私が著者の小説を読んだことがないのだから、批判的な検討をすることはできない。これを読んで小説家になろうかと思ったりしてな



p073. 10年ほど前(まだ珍しかった頃に) 、自作が使われた問題を解いてみようと思ったことがある。接続詞を選べ、というのが最初の問題だったが、泳いでても良いように思えた。森博嗣はひねくれているからこれからと思ったら間違っていた。次の問いは、第二次が何を示すのか、だった。そんなこと1時間は何時に書いているから、全然分からない。答えを見て、ああ、そうなのか、と大変感心した

p102.信じてもらえないことが多いけれど(こんな嘘をついてもなんの得にもならないだろう)、僕は、小説をまったくなにも考えずに書き始める。書きながら、「おお、こんな話だったのか」と自分で驚く

p103.小説は、準備がいらない。材料もいらない。調べる必要もなく、他者の協力もいらない。力は必要ないし、技術もいらない。ルールもないし、嘘も書けるし、自分の意見ではないことも書ける、責任が問われない、本当に自由気ままに書ける。こんなもので仕事になるなんて変じゃないか、とさえ思ったりする。ただ、唯一の制約というのは、沢山の人が読む、ということだ





google adsense

関連記事

no image

日下公人「もっと頭のいい『生き方』をしろ!」三笠書房

20050920025730 また、少し古い本を読んでしまった。2001年に刊行された本

記事を読む

no image

佐藤富雄「コロリ力」経済界

面白い内容でスラスラと読み進められる。たまたま温泉に行っていたときに読んでいた本。そういう読んだとき

記事を読む

no image

山口正人・豊田圭一「自分がいなくてもまわるチームをつくろう!」明日香出版社

20090601013127 だいたい、こういうテーマの本は読むようにしている。新しい発見

記事を読む

no image

山崎元「新入社員に贈るマネー生活の基本的な心得(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2006/04/22

この人は、社会的なプレゼンスをどんどん高めているように思う。今週の本誌では中心人物だ。特集の「あとで

記事を読む

no image

藤原和博「お金じゃ買えない。」ちくま文庫

こういう本や、こういう本を読んだので、せっかくなので、あわせて読むことを勧められていたものを読んでみ

記事を読む

no image

内藤耕『「最強のサービス」の教科書』講談社現代新書

当たり前のように思えることが、どうしてできないのか。ということのほうが気になる p20

記事を読む

no image

馬場啓一『「いき」の作法』PHP文庫

歯が悪いことはみっともない。これは身につまされる。小さいときにもっと気をつけていればよかった。いまは

記事を読む

no image

ティナ・シーリグ「20歳のときに知っておきたかったこと」阪急コミュニケーションズ

表紙が美しい。近年に稀というくらい。モノクロでなければもっとよかった 全体として、オーガナイズされ

記事を読む

no image

司馬遼太郎「王城の護衛者」講談社文庫①

20130217235157 今日の大河ドラマは、そのまんま、この本の最初の五分の一だった

記事を読む

no image

西田文郎「面白いほど成功するツキの大原則 ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます」現代書林

こういう本、好きなんです ツキが大事だということと、それをどのように自分のものにするか、ということが

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑