著者本人の視点/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房④

公開日: : 書評(書籍)



20130323013620





著者の作家本人の視点での経験を教えてくれるのが面白い

入学試験の問題が自分の著作を題材としているのに著者が正答できない。笑う。問題自体がおかしい。国語は論理を教える学問ではないのか。ひょっとして著者がおかしいのか?

また著者が事前に準備をまったくせずに小説を書く、というのも興味深かった。たまたま私が著者の小説を読んだことがないのだから、批判的な検討をすることはできない。これを読んで小説家になろうかと思ったりしてな



p073. 10年ほど前(まだ珍しかった頃に) 、自作が使われた問題を解いてみようと思ったことがある。接続詞を選べ、というのが最初の問題だったが、泳いでても良いように思えた。森博嗣はひねくれているからこれからと思ったら間違っていた。次の問いは、第二次が何を示すのか、だった。そんなこと1時間は何時に書いているから、全然分からない。答えを見て、ああ、そうなのか、と大変感心した

p102.信じてもらえないことが多いけれど(こんな嘘をついてもなんの得にもならないだろう)、僕は、小説をまったくなにも考えずに書き始める。書きながら、「おお、こんな話だったのか」と自分で驚く

p103.小説は、準備がいらない。材料もいらない。調べる必要もなく、他者の協力もいらない。力は必要ないし、技術もいらない。ルールもないし、嘘も書けるし、自分の意見ではないことも書ける、責任が問われない、本当に自由気ままに書ける。こんなもので仕事になるなんて変じゃないか、とさえ思ったりする。ただ、唯一の制約というのは、沢山の人が読む、ということだ





google adsense

関連記事

no image

安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版②

20071210060000 ”安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①”の続き

記事を読む

no image

三谷宏治「一瞬で大切なことを伝える技術」かんき出版

20121121235641 タイトルに惹かれて読んでしまった一冊。こういうノウハウ的なも

記事を読む

no image

藤田晋「渋谷ではたらく社長の告白」アメーバブックス

2時間程度で読み終える。一読の価値は十分にある。 オフィスをいつも身の丈以上に広い場所にしてきた。

記事を読む

no image

和田清華「その夢はいつやるんですか?」ゴマブックス

タイトルが素晴らしい。内容も前向きで多くのティップスに富む。10代後半から30代前半くらいの方に強く

記事を読む

no image

平野敦士カール、アンドレイ・ハギウ「プラットフォーム戦略」東洋経済新報社

20101011163303 前評判ほどの満足感はなかったが、良書 こういうビジネススク

記事を読む

no image

小川明「表現の達人・説得の達人」PHP文庫

なぜこの本を読もうと思ったのか思い出せない 10年以上前に文庫になっている。しかし、湾岸戦争後のこ

記事を読む

no image

日下公人「『人口減少』で日本は繁栄する 22世紀へつなぐ国家の道」祥伝社

20050814073812 この著作は非常に愉快。きわめて幅広い実例と提案がある。いずれ

記事を読む

no image

ロバート・キヨサキほか「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」筑摩書房

豊富な事例を滝のように出してくれる。同じ主張を、手を換え品を換え、これでもかこれでもかと説得される

記事を読む

no image

安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①

20071206060000 当時かなり評判の本。早期に買ったが、なぜか今まで読まずにおい

記事を読む

no image

スティーヴン・D.レヴィットほか「ヤバい経済学」東洋経済新報社

買って、読まずにモタモタしていたら、増補改訂版が出てしまった。本も鮮度が結構大事。著者のブログを眺め

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑