湊かなえ「告白」双葉文庫

公開日: : 書評(書籍)


20140413111232
面白いけど、薄い。ストーリーの流し方がいい。でも、既存のセンセーショナルなモチーフを寄せ集めただけの感じ。死病、いじめ、小動物殺し、児童虐待、熱血先生、シングルマザー、待機児童、子離れ、社畜、未成年犯罪、ひきこもり、尊属殺人。ただひとつ、いちばん最初に出てくるものだけ、新鮮だったか。




google adsense

関連記事

no image

西岡常一「木に学べ」小学館

学者をやり込めた話。具体的な名前も出てくる。学者に対する不信 経験からくる確信。祖父から教わったこ

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(1)」文春文庫

20050701213500 山内一豊とその妻千代の出世物語。司馬遼太郎の本はハズレがない

記事を読む

no image

夏川賀央「時間泥棒を探せ!」扶桑社

著者は60分というけれど、この程度の濃さであれば40分くらいで読み終わりたい。内容は平易だし、言われ

記事を読む

no image

福岡伸一「動的平衡」木楽舎

20120415003924 この作者の本は、ベストセラーであったこれを過去に読んでいる 福岡伸

記事を読む

no image

本城武則「なぜ私たちは3カ月で英語が話せるようになったのか」実業之日本社

IQよりもEQを重視。対人恐怖という切り口から日本人と外国人の違いを主張。日本語と英語の違いを言語と

記事を読む

no image

宮城谷昌光「新三河物語 上巻」新潮社

徳川政権の立ち上がりに昔から興味があった。しかし、そういうものを読んだことはなかった。何十巻にもなる

記事を読む

no image

福岡伸一「動的平衡2」木楽舎

20120416004929 これまでに読んだ著者の本は次の2つ 福岡伸一「生物と無生物のあいだ

記事を読む

no image

デイル・ドーテン「笑って仕事をしてますか?」小学館プロダクション

この本も、買ってから2年くらい放っておいたものだ。なぜ今まで読まなかったのかと後悔しきり。しかも当時

記事を読む

no image

カズオ・イシグロ「日の名残り」ハヤカワepi文庫

外国を舞台に外国人が活躍する小説には、登場人物の名前を覚えることから始まる、一定の負担がある。しかし

記事を読む

no image

渡部昇一「知的生活を求めて」講談社

先日読んだ”渡部昇一・林望「知的生活 楽しみのヒント」PHP研究所”の対談中、渡部氏が「古希を迎えた

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑