島田荘司「占星術殺人事件 改訂完全版」講談社文庫

公開日: : 書評(書籍)



20140503161435
冗長だった。途中で何度も挫けそうになった。最初の手記の部分がつらい。その後、京都に行くまでがつらい。最後に後書きがつらい。後書きにもあるように、この本が画期的だったのだろうけど、そういう歴史的な価値として読んでおくべき本のように思った。
名探偵の御手洗氏は双極性II型だな、見てると。
それにつけても、このトリックといい、現代社会を舞台にすると推理小説というものはどこまで箍を締められてしまうのかと思う。携帯電話、インターネット、この2つがあるだけで大きく違う。逆に、だからこその推理小説というのがあるのだろうか。
あと、この著者の本は何につけ衒学的に過ぎるような気がする。占星術の細かいところまでは逐一読んだりしていない。改訂完全版とあるのだから、これが著者にとって正しいものなのだろう。
そのくせ、下のような本線に関係のないところをメモっている自分がいるのだけど。

p141. 過去日本の死体を埋めた事件で、死体が出ているのはみんな犯人の自白のためなんだ。
p174. そしてね、実に不思議なことに、この五カ所の神社が、みんな東経139度線に沿って、南北に一列に並んでいると言うんだな。
p176. こういうわけで、卑弥呼の邪馬台国は、滅亡したかそれとものちの日本の中央政府軍に併合されたかしたのだろうと考えられるが、大和に中央政府を樹立した後、大和朝廷は政策として、もとの邪馬台国人たちを、卑弥呼の子孫も含めて東北へ強制移住させたのではないかというのが、さっきの小説の考え方なんだよ。奈良時代以降の中央政府の政策を見ると、歴史的に上総、上野、武蔵、甲斐あたりの関東地方は、朝鮮半島の動乱を逃れてきたいわゆる「帰化人」を、強制的に移住させていた地域だったらしいんだ。しかしこれは朝廷の前々からの政策を踏襲したものに過ぎないと推察されるので、その強制移住第一号が、邪馬台国人だったのではないかという考え方なんだ




google adsense

関連記事

no image

野村雅道「働かずに毎年1000万円稼げる私の『FX』超活用術」講談社+α新書

スワップをメインに利益を取ろうというタイプの、外国為替保証金取引の入門書。極めて読みやすい上に、この

記事を読む

no image

金井寿宏・高橋俊介著「キャリアの常識の嘘」朝日新聞社

構成が面白い。2人がキャリアに関する20の質問にそれぞれの考えで答えを出していく。読者はそれを比較し

記事を読む

no image

梨木香歩「家守綺譚」新潮文庫

ここ10年くらい、フィクションはあまり読まなかったりする。年に数冊くらいか こういうものを先を争っ

記事を読む

no image

長沢樹「消失グラデーション」角川書店

20120704021215 フィクションを読むなんてあまりないのだが。ふりかえると、この本が

記事を読む

no image

清水克衛ほか「本調子」総合法令

読書と成功を紐付ける。明るい、前向き、アツい、ワクワク感。有名だったり、そうでなかったりする6人の著

記事を読む

no image

國分康孝「カウンセリング心理学入門」PHP新書

この本を読んでいる間にも別の文献に筆者のお名前やコメントを拝見したりという具合に、かなりの人物のよう

記事を読む

no image

マイケル・フランゼーゼ「最強マフィアの仕事術」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20120311114632 おどろおどろしくイタリアン・マフィアなどと名乗る。そのくせバフェット

記事を読む

no image

蔵研也「リバタリアン宣言」朝日新書

軽く読むことができる。タイトルから想像するとおりの内容。リバタリアンの考え方を理解する入門書としてよ

記事を読む

no image

大山泰弘「働く幸せ」WAVE出版

会社経営の理想。自分の信じた道を進んで、その夢を実現する。ヤマト運輸の後の小倉昌男のよう。政府など時

記事を読む

no image

田坂広志「知的プロフェッショナルへの戦略」講談社

この本は表面的には読みやすいのだが、実は読みにくい。話し言葉で書かれており、おそらく本人が語ったこと

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑