斉藤賢爾「これでわかったビットコイン」太郎次郎社エディタス

公開日: : 書評(書籍)



20140615061107
薄めの本。しかし、ビットコインについてバランスよく説明されている。筆者は総論的にいわゆる仮想通貨を歓迎しているようだが、各論的にはビットコインについては批判的である。その辺の論拠がちりばめられた一冊。ビットコイン入門としてはふさわしい本だ。
考え方についてはかなりの説明がされているが実際の扱い方については、この本を読んだだけではわからないように思った。この点が残念。

p014.ビットコインでは、新たなBTCの供給量はしだいに少なくなるように工夫されていますので、今後も需要が変わらないか、あるいは大きくなるのであれば(すなわち社会に求められていくのであれば)、値段が上がる傾向があります。ただし、持っているだけでどんんどん値段が上がっていくものなら、人々はあえてそれを日常の支払いには使いませんから、貨幣としてはその点で破綻しているともいえます。
p064.地域通貨が特徴的なのは、それを使うことで社会に新たな競争や区別を導入しないという考え方でつくられているということです。仲間としてともに地域で生活していける環境をつくっていくためですから、当然です。一方、ビットコインはその中核に競争の考え方があります。
p066.ビットコインでは、デフレが起きるような設計がされていますが、うがった見方をすると、富める者たちがそれを利用してさらに儲けようとしている、ともいえるかもしれません。貧者にとっては、インフレでもデフレでも、あまり関係ないのかもしれません。貨幣の価値が上がろうが下がろうが、そもそもたいして持っていないからです。そして、貧富の差が拡大している現在、人口のほとんどは貧者だともいえるのです。
p070.貨幣は、信用や信頼感にあふれるリッチな人間関係の代替物だと考えられます。




google adsense

関連記事

no image

三谷宏治「観想力 空気はなぜ透明か」東洋経済新報社

20061228222100 なぜ空気は透明か?。タイトルと、この不思議な問い掛けから、な

記事を読む

no image

中西輝政「情報亡国の危機」東洋経済新報社

インテリジェンス関係の本は好んで読むもののひとつ。と言うと、かなりとんでもない印象を持たれかねないか

記事を読む

no image

大久保寛司「仕事の壁を破るヒント」PHP研究所

20070410222000 本の構成がおもしろい。一区切りついたところで作者が読者に呼び

記事を読む

no image

橋元淳一郎「時間はどこで生まれるのか」集英社新書

20080929060000 一応通読したけど、概観しかないので、それだけではまだまだ難し

記事を読む

no image

長沢樹「消失グラデーション」角川書店

20120704021215 フィクションを読むなんてあまりないのだが。ふりかえると、この本が

記事を読む

no image

河村望「上総の飛鳥」人間の科学社

20080910060000 教養のために、読んでいく分にはなかなか楽しいのだけれど こ

記事を読む

no image

加登豊「管理会計入門」日経文庫

これと同じ方の本だ hiog: 加登豊「インサイト管理会計」中央経済社 最近、管理会計の本をよく

記事を読む

no image

三浦展「下流社会マーケティング」日本実業出版社

ベストセラーになった"三浦展「下流社会」光文社新書"の第2弾か。この本のあとにいろいろなところから講

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第2巻 児童福祉」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(3/11) 受験しようと思ったのは、保育士試験の受験要領を請求できる1日くら

記事を読む

no image

竹村健一「竹村健一の最後に勝ちを拾う発想法」青春出版社

微妙だよな。興味深い事例に溢れており、楽しく読み通すことができる。そして著者の主張にも概ね首肯できる

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑