夏井睦「炭水化物が人類を滅ぼす」光文社新書

公開日: : 書評(書籍)



20140726112910
すでに糖質制限を知っていたこともあり、本質的な部分においては驚きのある内容ではなかった。
衒学的な嫌いはあれども、人の医学だけでなく、動物について、歴史について、果てには地学に至るまで、糖質制限の正しいことを補強するために縦横無尽な展開をしている。
後半には最早ついて行けなくなり、かなり読み飛ばしてしまった。よくここまで想像をたくましくできるものだ、とまで思った。
p85.人間の生存に欠くことができない必須脂肪酸と必須アミノ酸に関しては、食事で外部から取り入れるしか方法がないが、炭水化物に関しては、アミノ酸を材料にブドウ糖を合成する「糖新生」というシステムが人間には備わっていて、タンパク質さえあれば自分で作り出せる。
p114.極論すれば、世の中から糖尿病専門医と糖尿病学会が消滅したとしても、糖尿病患者も国民も困らないのである。糖質制限を正しく理解していれば、素人でも糖尿病の治療ができてしまうからだ。
p136.野生動物にはありえない脂肪だらけの筋肉を持つ松阪牛の姿が、糖質だらけの食事を食べて肥満に悩む私たち自身の姿にダブって見えないだろうか。
p154.「働くために糖質を欲するのか、糖質が欲しくて働くのか」
p186.人体の消化管を眺めると、胃も結腸も盲腸も拡大している部分はなく、一般的に言えば完全ベジタリアン生活には適さない消化管構造といえる。




google adsense

関連記事

no image

吉本佳生「投資リスクとのつきあい方(上)」講談社+α文庫

株式投資において、投資しようとする銘柄のリターンを想定して、ボラティリティを算出して、正規分布に当て

記事を読む

no image

金谷武洋「日本語に主語はいらない」講談社選書メチエ

20111113231930 言語学というのだろうか。日本語の構造についてのタイトルどおりの内容の

記事を読む

no image

佐藤優「国家の罠-外務省のラスプーチンと呼ばれて-」新潮文庫

こういう知識欲を満足させてくれる本は、その中で別の本の紹介をさりげなく入れてくれているものだ。早速、

記事を読む

no image

鎌田浩毅「次に来る自然災害」PHP新書

20120702005354 今回の東日本大震災を解説し、そんな災害が発生するに至った前提とし

記事を読む

no image

木下是雄「レポートの組み立て方」ちくま学芸文庫

この本を読んで、特に目新しい感じは持たなかった。同様の本ばかり読んでいるからだ。だか自分の得たものと

記事を読む

no image

デイジー・ウェイドマン「ハーバードからの贈り物」ランダムハウス講談社

お得な読み物。学者が精魂を込めて語る話。それぞれが短くて完結しているのが良い。 読後直ちに感じた、

記事を読む

no image

中崎タツヤ「もたない男」飛鳥新社

もう、大昔になるが、当時、出入りしていたスペースに置かれていた、誰かの読み終えたビッグコミックスピリ

記事を読む

no image

堀紘一「人と違うことをやれ」PHP文庫

こういう自己啓発本は、このブログの過去ログを見るまでもなく、いろいろと読んできたが、久々に結構メモの

記事を読む

no image

野内良三「レトリックのすすめ」大修館書店

豊富な文例が、それぞれ強く読ませる。何度でもじっくりと読み直したくなる。こういう本を早読みするのはも

記事を読む

no image

大前研一『「知の衰退」からいかに脱出するか?』光文社

20090831005453 スタイルとしては多分、口述筆記だろう。言葉に洗練さが見られな

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑