横山秀夫「半落ち」講談社文庫

公開日: : 書評(書籍)



20140823142713
構成がよく練られている。単純に娯楽小説として面白い。なぜ登場人物がつぎつぎと得心していくのか、最後に明かされた理由がそれほどのものかという点はともかく。

ただ、これは過去にも著者の本を読んで思っていたことを再確認したことだけれど、警察や検察内部の内情に苦しむ登場人物っていう構図は、少し離れて眺めると、ちょっと馬鹿らしいな。警察と検察の取引とか、報道各社の間の競争とか、負の方向での取引しかない。こういう要素がベストセラーたるゆえんなのかもしれないけど。




google adsense

関連記事

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第4巻 精神保健」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(5/11) この試験には悪問が多い。正答を予定せずに問題を作るという無計画な

記事を読む

no image

原田泰「なぜ日本経済はうまくいかないのか」新潮選書

20111106224522 ただの批判や混ぜっ返しで終わらず、分かりやすいようにかみ砕い

記事を読む

no image

ポール グレアム Paul Graham「ハッカーと画家」オーム社

20130128225245 コンピュータ関係の仕事に関係するならば読んでおかなければと思

記事を読む

no image

菊間ひろみ「英語を学ぶのは40歳からがいい」幻冬舎新書

20141101215342 英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (

記事を読む

no image

幸田昌則「下がり続ける時代の不動産の鉄則」日本経済新聞社

ちょうど2年前に出版されている。内容は若干古くなっているが、先日発表された路線価を思い起こしても(都

記事を読む

no image

一川誠「大人の時間はなぜ短いのか」集英社新書

タイトルどおりの内容かというと、少し偽りがあるような気がする。実際の内容は、もっと広範。新書という性

記事を読む

no image

樺旦純「面白いほど人を動かせる暗示トリック」青春出版社

「心理学では『○○』と呼んでいる」という記載が多い。そういうキーワードを覚えて使いたいという衒学心旺

記事を読む

no image

遠藤秀紀「人体失敗の進化史」光文社新書

知的好奇心を擽られる。おそらく、「生物と無生物のあいだ」からの連想でこの本を手に取ったと思う。あちら

記事を読む

no image

石川知裕「雑巾がけ 小沢一郎という試練」新潮新書

20121205232517 面白い。政治が好きだから。小沢一郎が好きだから。有罪判決を受

記事を読む

no image

ブライアン・トレーシー「フォーカル・ポイント-労働時間を半分にして、生産性と収入を倍にする思考術-」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20120306191328 ブレット・ポイントで整理してくれているところが多く、直ちに役立つ。た

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑