日本科学者会議「地震と津波」」本の泉社

公開日: : 書評(書籍)



20140916183550
体制側とも受け取れる、特に東電を批判する内容となっている。すごくわかりやすい。

p4.水深6千メートルを超える大洋底の細長い凹所を海溝、海溝ほど急でない細長い盆状の地形をトラフという。
p51.津波は常に水深の浅い方へ向きを変えることになります。この性質は、後でみるように海岸近くでの波の高さに関係してくるので重要です。
p74.特に断層の真上にある浜岡原発が、超巨大地震に耐えきれるとは思えません。寺田寅彦は、文明が進むほど災害の規模は累進的に増加することを警告しています。このことは心に刻むべきでしょう。
p104.仙台平野などでは全体として津波遡上高は低いが、遡上距離は数キロに及ぶ。
p105.何キロも津波が遡上する低平な平野部でない限り、一般に遡上高は津波の高さとほぼ同じか高い
p111.予測研究を担うべき理学研究者は、わかったことだけを声高にアピールする癖があります。対策を検討する工学研究者は、災害の大きさに関する予測結果が検討の出発点であるため、曖昧さを好まない傾向があります。また、防災啓発をする行政等は、情報をシンプルにして対策をマニュアル化することが大事であると主張します。それぞれがこのような従来型のスタンスでは、「予測の不確実性」に関する情報が抜け落ちやすく多くの想定外を生んでしまいます。
p152.「百年一度の津波」に対しては、三陸地方には標高10m、東海・西日本に対しては高さ7mの防潮堤を居住地域の海岸に構築すれば、市街地への浸水は防ぎきることができるでしょう。現実的な土木工事として、まず実現可能です。しかし、今次の東北沖地震、あるいは西日本に対しては宝永地震(1707)のような「700年、あるいは1000年(以下ミレニアム津波とよびます)一度の連動型超巨大地震の津波」に対しては、このような防潮堤では、居住地域内への海水の浸入は防ぎきれません。このようなミレニアム津波による大津波に対しては、「家はあきらめるが、命だけは助かるように」と考えざるを得ないでしょう。そこで、津波避難施設の確保、あるいは建設です。その高さは標高15mかそれ以上でないと、意味をなさないでしょう。




google adsense

関連記事

no image

西岡常一「木に学べ」小学館

学者をやり込めた話。具体的な名前も出てくる。学者に対する不信 経験からくる確信。祖父から教わったこ

記事を読む

no image

ダン・S・ケネディ「大金持ちをランチに誘え!」東洋経済新報社

「成功するためには」という命題に対する有名な先達の解を引用しつつ、大事なひとつの原則に話を集約させて

記事を読む

no image

ポール グレアム Paul Graham「ハッカーと画家」オーム社

20130128225245 コンピュータ関係の仕事に関係するならば読んでおかなければと思

記事を読む

no image

ダナ・ジェネット「そんな仕事は部下にまかせろ!」ランダムハウス講談社

これまた2年前に買って積んだままになっていたもの。読めば1時間もかからないのに、直ぐに読んでおけばよ

記事を読む

no image

橋元淳一郎「時間はどこで生まれるのか」集英社新書

20080929060000 一応通読したけど、概観しかないので、それだけではまだまだ難し

記事を読む

no image

中島義道「私の嫌いな10の言葉」新潮文庫

好きな著者の一人。きわめて胸が空く。過去にもこんな本を読んでいる。"中島義道「うるさい日本の私」新潮

記事を読む

no image

水野敬也「夢をかなえるゾウ」飛鳥新社

ビジネス上の成功ための秘訣を各章に持ってきて簡単に説明する。それを架空のストーリーの上で展開する感じ

記事を読む

no image

マイケル・J・ロオジエ「引き寄せの法則」講談社

読みやすいし、適当に流して読んでいても内容がしっくりと頭に入ってくる良書。元々この類の本は、読む側の

記事を読む

no image

羽生善治「簡単に、単純に考える」PHP文庫

将棋の羽生氏が、ラグビーの平尾氏、スポーツ・ジャーナリストの二宮氏、コンピュータ研究者の金出氏の3人

記事を読む

no image

林信行「スティーブ・ジョブズ」アスキー

20080102060000 こんな大判で写真が豊富な本だとは思わなかった。ジョブズ関係の

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑