杉本宏之「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、企業を決意した理由」ダイヤモンド社

公開日: : 書評(書籍)



20140918002347
著者と一緒には働きたいとは思えないが、読んでいて面白い一冊。1時間くらいで読む終わるくらいの軽い分量だが、内容は重い。

p239.新たな物件を仕入れるエリアを、都心11区、主要駅から徒歩8分以内に限定し、それ以外の物件には原則として手を出さないというルールを決めたのである。
p240.自社で保有するビルなどはさらに範囲を絞り、渋谷区、港区に限定することにしたのである。
p246.「ボクがリーマン・ショックを通じて学んだのは、会社は決して外的要因で潰れるんじゃないということだ。会社が潰れる理由は内側にある。つまり、経営陣がしっかりと本質を理解していれば、たいていの問題は解決されると言ってもいいだろう」




google adsense

関連記事

no image

J・A・バーンズ「アミスタッド」ポプラ社

映画「アミスタッド」を忠実に小説化したもの。未成年向けのようだ。しかしだからこそエッセンスがしっかり

記事を読む

no image

今北純一「とどめのひと言」PHP

久々に興奮して読み終えた本。こういうのはじっくりと読んでしまうのでなかなか早く読めないと同時に、本を

記事を読む

no image

渡辺賢治「日本人が知らない漢方の力」祥伝社新書

20120915111952 これを読むと、大したことのない病気でも漢方の専門医に診てもら

記事を読む

no image

渡部昇一「知的生活を求めて」講談社

先日読んだ”渡部昇一・林望「知的生活 楽しみのヒント」PHP研究所”の対談中、渡部氏が「古希を迎えた

記事を読む

no image

森岡孝二「働きすぎの時代」岩波新書

岩波新書を読んだのは久しぶりな気がする。この本は、タイトルのような問題意識を持つ者にとっての勉強の取

記事を読む

no image

和田清華「その夢はいつやるんですか?」ゴマブックス

タイトルが素晴らしい。内容も前向きで多くのティップスに富む。10代後半から30代前半くらいの方に強く

記事を読む

no image

竹内薫「99・9%は仮説」光文社新書

20100507220350 これもかなり昔の本になってしまった。内容は面白いが、誰が読む

記事を読む

no image

デブラ・E・メイヤーソン「静かなる改革者」ダイヤモンド社

タイトルやその考え方には唸らせるものがあったが、実際に内容を読んでみると、アメリカの本の邦訳によくあ

記事を読む

no image

ドミニック・ローホー「シンプルに生きる」幻冬舎

20111225203801 ちょっと難しい本。内容は至って簡単で参考にもなるが、完全に同意しがた

記事を読む

no image

清水克衛ほか「本調子」総合法令

読書と成功を紐付ける。明るい、前向き、アツい、ワクワク感。有名だったり、そうでなかったりする6人の著

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑