菊間ひろみ「英語を学ぶのは40歳からがいい」幻冬舎新書

公開日: : 書評(書籍)



20141101215342
タイトルどおりの内容と言っていいと思う。けど、厳密に言うと、「英語を学び始めるのには」という感じだし、必ずしも40代にフォーカスする必要もなく30代でも50代以降でもいいと思った。いろいろと事例集があったけど、それを眺めていても英語の内容は大学受験レベルだと感じる。子どものころ洋楽を聴いていて、超有名な曲でも、その歌詞が表記上もリエゾンしていたりするのに、学校では習わないのは確かに変だと思った。

p32.英語は暗記科目というよりは、スポーツやお稽古事に近いものがあります。
p58.アメリカ英語はこのリエゾンが多いので、これが聴き取れないと、英語がスムーズに理解できません。ところが、受験英語ではリエゾンという発音の基本中の基本を教えていないため、生徒は日本語と同様、英語も単語と単語を分けて発音すると誤解して覚えています。




google adsense

関連記事

no image

山田ズーニー「伝わる・揺さぶる!文章を書く」PHP新書

文章を7つの要件に分けて丁寧に解説してくれる。意見、望む結果、論点、読み手、自分の立場、論拠、根本思

記事を読む

no image

松下幸之助「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」PHP

ばらばらな語録を集めたものなので、知らない人が読めばかなり微妙だ。それこそ、この中で言われているとお

記事を読む

no image

武光誠「県民性の日本地図」文春新書

国内を旅していると、この本の言っていることが分かるような気がする。県によって異なる文化は、藩の影響を

記事を読む

no image

宮城谷昌光「新三河物語 下巻」新潮社

hiog: 宮城谷昌光「新三河物語 中巻」新潮社 hiog: 宮城谷昌光「新三河物語 上巻」新潮社

記事を読む

no image

スティーヴン・D.レヴィットほか「ヤバい経済学」東洋経済新報社

買って、読まずにモタモタしていたら、増補改訂版が出てしまった。本も鮮度が結構大事。著者のブログを眺め

記事を読む

斉藤賢爾「これでわかったビットコイン」太郎次郎社エディタス

20140615061107 これでわかったビットコイン: 生きのこる通貨の条件著者 : 斉藤賢爾

記事を読む

no image

普通であること/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房①

20130217011236 著者の本って、縁がなくて。これが初めての本。本業はフィクショ

記事を読む

no image

中島義道「うるさい日本の私」新潮文庫

日本に住む人には一読をお勧めしたい 先日読んだ本"中島義道「私の嫌いな10の人びと」新潮社"が面白

記事を読む

no image

西口貴憲「すべては戦略からはじまる」ダイヤモンド社

20110730005741 経営戦略を掻い摘んで理解するには最高の本。内容は基本的で、か

記事を読む

no image

梨木香歩「家守綺譚」新潮文庫

ここ10年くらい、フィクションはあまり読まなかったりする。年に数冊くらいか こういうものを先を争っ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑