菊間ひろみ「英語を学ぶのは40歳からがいい」幻冬舎新書

公開日: : 書評(書籍)



20141101215342
タイトルどおりの内容と言っていいと思う。けど、厳密に言うと、「英語を学び始めるのには」という感じだし、必ずしも40代にフォーカスする必要もなく30代でも50代以降でもいいと思った。いろいろと事例集があったけど、それを眺めていても英語の内容は大学受験レベルだと感じる。子どものころ洋楽を聴いていて、超有名な曲でも、その歌詞が表記上もリエゾンしていたりするのに、学校では習わないのは確かに変だと思った。

p32.英語は暗記科目というよりは、スポーツやお稽古事に近いものがあります。
p58.アメリカ英語はこのリエゾンが多いので、これが聴き取れないと、英語がスムーズに理解できません。ところが、受験英語ではリエゾンという発音の基本中の基本を教えていないため、生徒は日本語と同様、英語も単語と単語を分けて発音すると誤解して覚えています。




google adsense

関連記事

no image

澤一良「一番わかりやすい整理入門」ハウジングエージェンシ-

整理対象を、スマイル、アクティブ領域、スタンバイ領域、プロパティ領域、スクラップ領域に分類することか

記事を読む

no image

野中広務・辛淑玉「差別と日本人」角川書店

発刊されたことはかなり話題となったよく売れたように感じる。いま図書館で借りると、複数の在庫が、誰から

記事を読む

no image

渡辺賢治「日本人が知らない漢方の力」祥伝社新書

20120915111952 これを読むと、大したことのない病気でも漢方の専門医に診てもら

記事を読む

no image

金森重樹「1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法」ダイヤモンド社

不動産投資を考えるときに読んでおくべきなのが本著。不動産投資に関する本も何十冊か読んできた。その中で

記事を読む

no image

春日武彦「精神科医は腹の底で何を考えているか」幻冬舎新書

精神科とか心療内科に思うところがあって手に取った一冊。前のが、少し物足りないということもあって、前評

記事を読む

no image

デブラ・E・メイヤーソン「静かなる改革者」ダイヤモンド社

タイトルやその考え方には唸らせるものがあったが、実際に内容を読んでみると、アメリカの本の邦訳によくあ

記事を読む

no image

ブライアン・トレーシー「フォーカル・ポイント-労働時間を半分にして、生産性と収入を倍にする思考術-」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20120306191328 ブレット・ポイントで整理してくれているところが多く、直ちに役立つ。た

記事を読む

no image

林信行「スティーブ・ジョブズ」アスキー

20080102060000 こんな大判で写真が豊富な本だとは思わなかった。ジョブズ関係の

記事を読む

no image

鴨下一郎『ひとつ「捨てると」人生がひとつ「楽になる」』新講社

期待する路線とは少し違った。というのもあまり理屈だったことは書かれておらず、かなりさらっと書き流した

記事を読む

no image

スティーブ・シーボルド「金持ちになる男、貧乏になる男」サンマーク出版

20121015233140 この類の本をちょっとでも読んでいれば、目次で100項目を読ん

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑