「 書評(書籍) 」 一覧

堀E.正岳「情報ダイエット仕事術」大和書房

2012/01/30 | 書評(書籍)

20120130000747 確かに電子メールに対してすぐに見てもらえるという期待をなくしたい。常に受信トレイの奴隷になっている人がいる 電話についても同じ。電話のよさはすぐに連絡できること。活字

続きを見る

山根一眞「メタルカラーの時代4」小学館文庫

2011/12/29 | 書評(書籍)

20111229234733 ずっと読んできてる。このシリーズのパターンが分かってきたっぽい 山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫 山根一眞「メタルカラーの時代2」小学館文庫 山根一眞「

続きを見る

山根一眞「メタルカラーの時代3」小学館文庫

2011/12/26 | 書評(書籍)

20111226181926 このシリーズを連続で読んでいる。たぶん、全部読む 山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫 山根一眞「メタルカラーの時代2」小学館文庫 こういうフランス人の、と

続きを見る

ドミニック・ローホー「シンプルに生きる」幻冬舎

2011/12/25 | 書評(書籍)

20111225203801 ちょっと難しい本。内容は至って簡単で参考にもなるが、完全に同意しがたい話が多いという意味で 女性向けに作られている。化粧とか髪の手入れとか。しかし、いまは男でもそうで

続きを見る

山根一眞「メタルカラーの時代2」小学館文庫

2011/12/24 | 書評(書籍)

20111224103333 山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫 | hiogの次の巻 ガスタービンの話を、大震災後の電力供給不安のなかで自家発電で注目されていたところで見たのが印象的。多

続きを見る

山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫

2011/12/23 | 書評(書籍)

20111223080312 福島の原子力発電所が事故になったせい、関東で電力供給が悪くなり、さらには関西のほうが電力供給事情は深刻だとか、また九州電力まで供給体制に不安が出てきたというのが不思議だ

続きを見る

カーマイン・ガロ「スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション」日経BP

2011/12/21 | 書評(書籍)

20111221223951 タイトルと内容に齟齬がある悪い見本だ。半分くらいはアップル以外の話だったりする。プレゼンのほうに感銘を受けたからと、続けてこちらを読むと勝手が違った。しかし、内容は悪く

続きを見る

山名宏和「アイデアを盗む技術」幻冬舎新書

2011/12/10 | 書評(書籍)

20111210235255 正直、序盤は退屈だったが、尻上がりに面白くなってきた新書。この著作ならではという思想は発見できなかったが、事例でメモするものが多かった プリクラになれている女の子に対

続きを見る

谷口克広「信長・秀吉と家臣たち」学研新書

2011/12/09 | 書評(書籍)

20111209225322 信長の合理性。成し遂げられなかった封建制の成立を薦めた秀吉。この辺は通説的な説明がされている。それを取り巻く家臣たちの生き様が面白い 荒木村重が秀吉の世まで茶人として

続きを見る

佐藤優「人たらしの流儀」PHP

20111128214755 対談の形式をとっている。明示されてはいないが、相手は編集者の小峰隆生氏だ。対談をそのまま活字に起こしました、という安易なもの。内容も著者の過去の話で出たことばかり。軽く

続きを見る

工藤美代子「悪名の棺 笹川良一伝」幻冬舎

20111124234838 読み応えのあった一冊。夜更かしして体調を崩してしまいそうでも読み続けてしまう面白さ。ただし、社会に出る前の部分は、少し退屈かな。川端康成との奇縁を思った程度で、ここで読

続きを見る

毛受敏浩「人口激減 移民は日本に必要である」新潮新書

2011/11/23 | 書評(書籍)

20111123203247 図書館で新着として並んでいたのをたまたま入手。人のダイナミックな動きを感じさせる。移民政策と日本の現状についてさらっと理解するのに適切な一冊 日経ビジネスの記事は、う

続きを見る

梅原猛 町田宗鳳『仏教入門 法然の「ゆるし」』新潮社とんぼの本

2011/11/20 | 書評(書籍)

20111120154722 法然が気になる。正確にいうと、昔から気になっている。子供向けの、日本の歴史のまんがをセットで揃えて大学受験まで使うほどに読んでいた。そこで表現される法然が印象的だった。

続きを見る

金谷武洋「日本語に主語はいらない」講談社選書メチエ

20111113231930 言語学というのだろうか。日本語の構造についてのタイトルどおりの内容の本。基本的には、素人が読んでも楽しめる。内容はシンプル。武器や表現が切れ味のよく、読んでいて心地よい

続きを見る

原秀史『「規制」を変えれば電気も足りる』小学館新書

2011/11/12 | 書評(書籍)

20111112231826 ここのところ、こういう悪い規制のことばかり読んでいると思う。が、たまたまだ 時代遅れがあり、見直さない。事実誤認があり、見直さない。利益誘導があり、見直さない 新設

続きを見る

金川千尋「危機にこそ、経営者は戦わなければならない!」東洋経済新報社

2011/11/09 | 書評(書籍)

思っていたよりもあっさりした内容。しかし実績を出しているから自信にあふれた物言いであり、読んでて気分がいい お祭りやパーティーは好まないところは好感 CIがダメだと言うので、IRについての評価も期

続きを見る

原田泰「なぜ日本経済はうまくいかないのか」新潮選書

20111106224522 ただの批判や混ぜっ返しで終わらず、分かりやすいようにかみ砕いて分析し、さらに建設的な対案を示すのが非常に好感。尋常でない博学さも感じさせる。この人の言論は外せな

続きを見る

鎌塚正良「日本マクドナルドホールディングス会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)原田泳幸(編集長インタビュー)」週刊ダイヤモンド2011/11/05

20111101201027 1カ月前の週刊ダイヤモンドでも氏のインタビューが載っていた。ここでも今回と同じく、18時以降は残業をしないと言っていた 清水量介ほか「特集 ビジネスパーソンの

続きを見る

中崎タツヤ「もたない男」飛鳥新社

2011/10/28 | 書評(書籍)

もう、大昔になるが、当時、出入りしていたスペースに置かれていた、誰かの読み終えたビッグコミックスピリッツを読んでいた。「伝染るんです。」とかの頃。いちばん好きだったのが「じみへん」 しかし、この本を

続きを見る

安宅和人「イシューからはじめよ」英治出版

2011/10/09 | 書評(書籍)

現役の企業の経営関係部署の立場からこういうことを本にできるのは尊敬に値する 労働量や根性を避け、疲れたら休む。どうせろくな解決はできない 日本ではコールドコールをあまりしないが、行うべきだ。こだわ

続きを見る

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑