「 週刊東洋経済 」 一覧

野口悠紀雄「グーグルとトヨタは本質的に異なる企業(日本の選択第14回)」週刊東洋経済2011.9.17

グーグルについては、著者はこの本で絶賛している 野口悠紀雄「ゴールドラッシュの「超」ビジネスモデル」新潮社 | hiog ・アメリカでも、自動車産業は政府と密接に関連していた。かつての鉄鋼や鉄

続きを見る

佐藤優「女性の能力を生かす組織や上司のあり方(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2011.9.3

20110920184946 ・モサドの別の男性幹部は、「ランクが同じ女性の同僚を食事に誘っても問題はないが、女性の部下を誘うときには細心の注意が必要だ。以前、セクハラに関するガイドライ

続きを見る

大竹文雄「農家はなぜレタスを処分するのか(経済を見る眼)」週刊東洋経済2011.9.3

思い出したのが、高校でもうすぐ卒業のときの、クラスの担任でもない化学の先生の、最後の授業。ある宗教団体のことを強く非難し、高校卒業後に関係しないように注意を促した。もし何か問題が発生したら力になるから

続きを見る

高橋由里、大野和幸『中古車でも人気沸騰「プリウス」内なる懸念』週刊東洋経済2009.12.5

やっぱり自分が思うことは他人も思っている ハイブリッドを考えるときに気になるのが、電池の持ち。以前、プリウスをかなり真剣に検討していた。トヨタの販売店で、最後に気がついてこの質問をしたところ、私の記

続きを見る

塚田紀史「『世界クジラ戦争』を書いた政策研究大学院大学教授小松正之氏に聞く(Books & Trends)」週刊東洋経済2010.3.6

本質と違うところで、すごく気になった。南極大陸の内側にできたという、「湖のようなもの」が、漠然とおそろしかったりする。どんな具合になっているのか。「湖」でなくて「湖のようなもの」ってなんだ? ・

続きを見る

佐々木常夫「男性社員の育児休業は本人も会社にもプラス(ワークライフバランスを実現する仕事術 第33回)」週刊東洋経済2010.1.9

20100406092423 育児休暇は育児のための休暇であって、それ以上でも以下でもない。育児休暇が「出世をあきらめた」わけでもなければ、逆に「会社にとっても本人にとってもプラス」でもない

続きを見る

北川達夫「対話の手法 戦略的な仮面に対処するには(わかりあえない時代の「対話力」入門 第33回)」週刊東洋経済2010.1.9

この連載は、ときに面白い。海外での経験、海外と交渉した経験を元に、対話について、平易で冷静な解説をしてくれる。今回の気づき、というか再確認は次 「わからない」と平然と言える、そんな度胸と、それでもナメ

続きを見る

佐々木常夫「自分を大切にして自分のために働こう(ワークライフバランスを実現する仕事術)」週刊東洋経済2009.10.17

20091101104743 著者の主張というのは同意するところが多い。実践してきて、また今後は新たに実践しようと思うものばかりだ 実は、ワークライフバランスという言葉は嫌いだ。バランスを取るとい

続きを見る

佐藤優「筆者自身の効率的な時間の使い方(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2009.10.17

20091031102203 確か、この連載で筆者が、適切な睡眠時間は人によって決まっているので、無理に短時間睡眠にしないほうがいい、と言っているそばから、自分の睡眠時間が短いという話をしていてモヤ

続きを見る

佐々木常夫『「捨てる仕事」を決める――出ない、会わない、読まない(ワークライフバランスを実現する仕事術)』週刊東洋経済2009.6.13

今日はone by oneで ・出なくて済む会議はできるだけ出ないようにしてきた。組織横断的会議に、自分と同じ組織の人が2人も3人も出席するときは、自分は欠席し、出席した人に後から結果を聞くこと

続きを見る

並木厚憲ほか「ドンキ流の改革を断行 スーパーはこう変わった(特集/売れ筋の法則44)」週刊東洋経済2009.5.16

業界にとって常識だったことが、本当に求められていることなのか、そしてそれに自分がどう応えるべきなのか、そこをしっかりしなければと思わせる事例 ・メガドンキはディスカウントストア大手、ドン・キホーテの新

続きを見る

山本隆行ほか「規制強化で加速するFX業界の再編淘汰(特集/株投資超入門&ランキング)」週刊東洋経済2009.8.15-22

20090809182608 一部の業者が悪いことをすると、その業者を従来の規範で処理することに飽きたらず、新たな規制を設けることで、悪いことをしていない他の業者もその規制の影響を受けることがある

続きを見る

塚田紀史「『マルクスは生きている』を書いた不破哲三氏に聞く(Books & Trends)」週刊東洋経済2009.6.13

週刊東洋経済の懐の深さ。この号は、リクルートやYahoo!などの広告業の特集もおもしろいし、佐藤優の連載も吉野の話がおもしろかったし、野口悠紀雄のそれは何度もみたようなニフティサーブやモザイクなどの話

続きを見る

佐藤優「時間に対する考え方、活用法とは(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2009.5.23

ほかの本でも同様のことを読んだことがある。ここでは、そういった事例を集めるために、引用した ブルブリス元ロシア国務長官は初期エリツィン政権のブレーンで、ソ連崩壊のシナリオを描いた聡明な人

続きを見る

山田昌弘「若者の希望を潰す新卒偏重の採用 (The compass)」週刊東洋経済2009.1.24

学者や言論人というのは、自分の言うことを決して変更しない、そしてそれが常に正しいように努力するので、すごく辛いんだろう、と思っていた。昔 女性の社会進出とか、いわゆる一般職や派遣とか、ニートや引き籠

続きを見る

佐藤優「がっついたビジネスパーソン諸君!何でも聞いてくれ!(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2009.5.30

情報は共有したうえで、競争することが大事。という導入部分だけメモメモ ・他の雑誌の読者と異なり、本誌の読者は講演会後、聴衆全員の前ではほとんど質問せず、個別に情報を得ようとする傾向が強い

続きを見る

藤井清孝「日本よ、防御に回るな」特集/日本をぶち壊せ!」週刊東洋経済2009.4.25

こういう、システムの運営者になりたい ・本屋にずらりと並ぶグルメ本を見ても、藤井は首をかしげる。これだけ美食の国になぜ、『ミシュラン』や『ザガットサーベイ』のような世界的ガイドブックがないのか。

続きを見る

岩井聡「日本人が面白いと思うものは世界で見ても「面白い」! 特集/日本をぶち壊せ!」週刊東洋経済2009.4.25

人事を尽くして天命を待つ、といういい方がある 岩井社長の話は、常に気づきを与えてくれる、ような気がする。はっきりしたコンセプトがある、ような気がする。そのコンセプトに賛同して、DSやWiiを買ってし

続きを見る

山口二郎「アメリカの大変革は日本にも波及する(FOCUS政治)」週刊東洋経済2008.11.22

20090104011300 記事の内容とは全然関係がないけれど 一見して、うまい表現!と思っても冷静に考えるとおかしいというものがある 「パンドラの箱」という話がある。開かれたその箱からはさま

続きを見る

中島信也「『CMの巨匠』創造の源はコミュニケーション能力(達人に学ぶ)」週刊東洋経済2008.8.16-23

20090103220900 なるほど、かなり使えそうな話 ・私が「周富徳理論」と呼んでいるものがあって、あの中華料理の巨匠が店で出した料理にある客がケチをつけた。「ダメだよ。ネギ入れないと」

続きを見る

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑