スティーブ・シーボルド「金持ちになる男、貧乏になる男」サンマーク出版

2012/10/15 | 書評(書籍)

20121015233140 この類の本をちょっとでも読んでいれば、目次で100項目を読んだだけで、類推してエッセンスがつかめてしまう。そしてこの100項目は、Amazonのこの本のページの

続きを見る

ダニエル・ピンク「ハイコンセプト」三笠書房

20121014112137 ちょっと古い本だけど、早く読んでおけばよかった。評価の高い本だけのことはある 分厚くて事例たっぷりのアメリカの啓発書っぽさはある。しかし、無駄に冗長なところは

続きを見る

ISW11SCにつき2回目のOSアップデート

2012/10/05 | iPhone

20121005083821 1回目のアップデートでいろいろ問題があったらしい。これを言うには早計だと思っていたけど、自分にもひとつだけあった。テザリングが滞ることがあった。 何回か初期化、リブー

続きを見る

ジョセフ・E・スティグリッツ「ミット・ロムニーの所得税問題にあるアメリカの“不公正”(スティグリッツ教授の真説・グローバル経済)」週刊ダイヤモンド2012/10/06

20121002223608 このシリーズは、いつもは斜め読みである。しかし今回は通読してしまった。富者を攻撃するところが、読んでいて単純に劣情を満足させたのだろう、卑しいことに 税金の不

続きを見る

池田光史ほか「偏差値で測定不能な唯一の存在 政財官に深く進出する創価大学(特集 大学全比較)」週刊ダイヤモンド2012/09/29

20120928000456 大学特集なんてのをこんなビジネス誌がやる必要があるのか。ってのはともかくとして、この記事だけは面白かった。前から気になっていただけに 慶應を超える結束力という

続きを見る

真壁昭夫「若者、バカ者、よそ者」PHP新書

2012/09/27 | 書評(書籍)

20120927225306 なんかタイトルと内容が違う。思ったほどメモがなかった p85.任天堂の低迷を見ると、ある意味で、企業経営の難しさが浮き彫りになる。成功を収めたからといって

続きを見る

田中靖浩「40歳からの“名刺をすてられる”生き方」講談社+α新書

2012/09/24 | 書評(書籍)

20120924012919 いまの企業人?の生き様。大体、思っているけどうまく表現できないことを的確に文章にできていて膝を打ったり笑ってしまったり。特にダチョウ男のところとか言い得て妙

続きを見る

ノートPCのSSD換装。Acer Aspire5741とIntel SSD 330 Series 240GB

2012/09/23 | PC周辺

メインで使っているノートPCの内蔵HDDをSSDに換装した。なかなか新鮮な経験だった SSDが消費者向けに出回り始めたころから興味があった。しかし、SSD独自の心配があり、また高いこともあって、

続きを見る

富増章成「深夜の赤信号は渡ってもいいか?」さくら舎

2012/09/19 | 書評(書籍)

20120919014333 深夜の赤信号を渡るべきか、というタイトルの質問にどう答えていたか。この本をかなり昔に読んだので忘れてしまった。下のとおり、関係のあるメモがないのだから、大した内

続きを見る

前田裕之「人間発見 ガリバーインターナショナル会長 羽鳥兼市さん 車の流通改革へ走る(4)」日本経済新聞2012/09/13夕刊

2012/09/17 | 書評(新聞)

20120917011439 結局、人間の行動の原因は心持ちひとつなんだと思う事例 人が何と言おうが構わないような気もするけどね。どうせ、他人のことをすべて正しく理解することが期待できないのだから

続きを見る

「五味廣文(元金融庁長官)インタビュー規律欠如が過剰規制を生む 自縄自縛に苦しむ証券業界」週刊ダイヤモンド2012/09/08

20120916014826 今年度上期の金融ビジネスシーンでは、「自浄努力」が流行語大賞ではないか。これを何度も言わされてきた金融担当大臣も自浄しての幕引きが圧巻(松下 自浄 - Goog

続きを見る

GALAXY SII WiMAX(ISW11SC)のOSアップデート

2012/09/16 | iPhone

20120916004413 利用しているGALAXY SII WiMAX(ISW11SC)の本体画面にポップアップが出て、OSアップデートができるとの連絡。昨晩行った。いまのところ、総じて満足。A

続きを見る

渡辺賢治「日本人が知らない漢方の力」祥伝社新書

2012/09/15 | 書評(書籍)

20120915111952 これを読むと、大したことのない病気でも漢方の専門医に診てもらいたくなる。一人ひとりの証などというと、なにかテイラーメイド的でコンサル的で、すごく各受診者が大事に

続きを見る

東京ガスのエネファームとエコウィルは一応、勉強してみました

2012/09/14 | 雑感, 防災

20120914224651 エコノミーとして、またバックアップ電源として興味があって、東京ガスのショールームに行ってエネファームとエコウィルを見てきた 結果は、ひどいものだった。ショールームの人

続きを見る

佐藤優「うまくやれとの指示にどう応えるか(知の技法 出世の作法 第246回)」週刊東洋経済2012.05.26

20120914223543 上司が「うまくやれ」とわざわざ曖昧に指示しているのに、記録とともに明確に対応する部下というのも、なかなか味わい深い構図。ここで意を汲みすぎて曖昧なまま物事を進め

続きを見る

本田直之「ノマドライフ」朝日新聞出版

20120914004829 流行の本なので、カバーをかけずに公衆の空間で読むのが小っ恥ずかしい感じがした 前に読んだ氏の著書と同じ話も多い。パソコンは新しいものを持てとかさ(面倒くさがりやの

続きを見る

津田大介「情報の呼吸法」朝日出版社

2012/09/12 | 書評(書籍)

20120912234428 今回は水色だ。前回は黄緑色(グリーンズ編「ソーシャルデザイン ―― 社会をつくるグッドアイデア集」朝日出版社)。いずれも装丁を見ずに、たまたま手に取ることになってい

続きを見る

グリーンズ編「ソーシャルデザイン ―― 社会をつくるグッドアイデア集」朝日出版社

20120912002026 書き殴った感じの文章。本当にアイデアをいただくための本であり、何度も読み返して楽しむものではない。事例が少ないので、こういうアイデア集がもっと欲しい ちょっとまえ

続きを見る

山田昌弘「若者に厳しい民主党政権 若者を犠牲にした財政再建の意味とは?(THE COMPASS)」週刊東洋経済2012/03/31

20120911011303 若者に厳しく、高齢者に優しい。これをひっくり返すために、若者は、国政選挙で必ず選挙に行かなくてはならない。どの政党を指示するか、誰に投票するかはともかく、まず選挙権

続きを見る

佐藤優「小さな出世に拘泥せず大きな出世をつかめ(知の技法 出世の作法 第240回)」週刊東洋経済2012.04.07

20120908235231 どこかで一廉のものがないといけないというとき、このような信頼とか一貫性についてのものは、生来的なものと違って努力でどうにでもなるように思う。その努力をするつもりがな

続きを見る

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑