ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」角川書店

公開日: : 最終更新日:2013/03/13 書評(書籍)



200506120133











面白い。


自分で年をとったと感じる。文字の並べ替えなどの言葉遊びや暗号については、小さい頃にいくつかの本を読んで一通り知っていたので、謎解きの面白さが半減してしまった。


昔、帝都物語が流行った。そのころの私の知識レヴェルでは、この類の知識の洪水のような話はハマった。しかし、今回は知識がつていた分だけ冷静に読めた。期せずして、この本の解説が荒俣宏氏。先日本屋で見かけた彼の著作のレックス・ムンディの帯に「ダ・ヴィンチ・コードより面白い」と書いてあったのはこのことか、と思った次第。


ただ、マグダラのマリアはその存在を知っていたが故に、その登場のところでは面白さが増した。聖書に関する本を読んでも、彼女についての説明はいつも意味不明だったので。


結末もそれなりに確りと書かれていて、最後に家族が再会するところでは涙腺が緩んだ。


ただ、こういう「主演男優が出会う助演女優が、妙齢で、男がおらず、最後に主人公と恋に落ちる」というのは、どうにかならないものか。世の中はそう都合よくは行かないと思う。





google adsense

関連記事

no image

樋口健夫「稼ぐ人になるアイデアマラソン仕事術」日科技連出版社

延べ2日、実働は4時間くらいで読んだ。ノートやPCに対して脳の記憶機能を譲り渡し、脳に対してより重要

記事を読む

no image

斎藤一人「変な人が書いた人生が100倍楽しく笑える話」角川書店

また、ちょっと古くなった本だけど CDが付いている。本著によると、これがあるのでこの本では利益が上

記事を読む

no image

江藤淳「閉された言語空間」文春文庫

ずっと、名前が残る作家と、同世代の支持のみで終わる作家がいる。江藤淳という作家は後者で終わるのかもし

記事を読む

no image

2万円カー編集委員会「2万円で車を買う!」山海堂

20090415221043 タイトルがやっぱり気を惹く。こういう「なんとか編集委員会」的

記事を読む

no image

ウォルフガング・ロッツ「スパイのためのハンドブック」ハヤカワ文庫NF

こういう本をもっと読んでいきたい。スパイになりたいのではなく、スパイであるために何をするのか、という

記事を読む

no image

横石知二「そうだ、葉っぱを売ろう!」ソフトバンククリエイティブ

素材自体が大変に面白い。実話のおもしろさ、地方の農業振興、必然的に年寄りの話ということで熱い物語にな

記事を読む

no image

春日武彦「精神科医は腹の底で何を考えているか」幻冬舎新書

精神科とか心療内科に思うところがあって手に取った一冊。前のが、少し物足りないということもあって、前評

記事を読む

no image

三枝匡・伊丹敬之『「日本の経営」を創る』日本経済新聞出版社

2人の対談を本にしたようなもの。2人ともすごく偉人に見える。実際、そのとおりなんだろうと思う もう

記事を読む

no image

リリアン・R・リーバー「数学は世界を変える」ソフトバンククリエイティブ

副題が「あなたにとっての現代数学」。といっても、第二次世界大戦中に書かれた、少し古いものだ。著者は四

記事を読む

no image

芦永奈雄「コミュニケーション力を高める文章の技術」フォレスト出版

20100918215229 文章の技術、というよりは、一言、「言いたいことを探せ」という

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑