倉田真由美・山崎元「ダメだ!この会社」小学館

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(書籍), 山崎元



第2章以降は会社をいろいろな切り口からダメ出ししてくれる。特に、山崎さんの経験に基づく話が面白い。その説明における考え方にも十分に共感できる。一読の価値ある


第1章は著者2人の対談となっている。細切れなエッセンスのような暴露話が実名で紹介されるのが刺激的




p54.社長は今も昔も普通の人だ。西武の堤、ダイエーの中内、ソニーの出井…確かに、松下の中村、みずほの前田などは、一時はひどい言われようだったが、最近の露出は好ましい取り上げられ方ばかり。使われている写真もいい顔のものになっている。出井は逆だ。当初はすごいカリスマ的なイメージが作られていたが、いま彼を褒める人はあまりいない。単に後先が逆なだけの気もする


p60.IR訪問するくらいなら社長なんだからちゃんと経営していろよ。そうしなければ株価が維持できない?。乗せられやすい?


p123.コンサルタントの値段のつけ方。副社長のコストか、人件費の積み上げ方式か


p139.就職はくじ引きと同じ


p163.外資は転職先がなくなると生保の歩合制営業マンへ


p193.世間の常識からのズレは都市銀行が最も大きかった


p208.証券マンが儲かるのは、お客様を勘違いさせるから。証券マンも仕事に好都合に勘違いできる人が向いている




20050617063020


google adsense

関連記事

no image

内藤誼人「勝つための「心理戦略」」KAPPABOOKS

少数のチームの利点 ・精鋭になる ・欠勤率、転職率の減少 ・批判に対する個人の痛みが少ない 一体感を

記事を読む

no image

ロビン・ダンバー「友達の数は何人?」インターシフト

20120426224053 生物学づいている。身も蓋もない分析のオンパレード。ポリティカ

記事を読む

no image

須田慎一郎「下流喰い」ちくま新書

個別の事例集としては面白い。ここだけを読むのは有益だと思う。ただ、主張に関する部分には薄さが見られ、

記事を読む

no image

タル・ベン・シャハー「ハーバードの人生を変える授業」大和書房

原題はEven Happierらしい。しかし、邦訳では、ハーバード大学の講座の内容であることの宣伝が

記事を読む

no image

前田和彦「5年後にお金持ちになる海外投資」フォレスト出版

20071218060000 内容的には概ね違和感がない。特に、不動産投資が危ない、外貨預

記事を読む

no image

竹中平蔵「経済古典は役に立つ」光文社新書

20120408235751 経済学の歴史を手早く追いかけられる。紹介の仕方が中庸、影響を受ける心

記事を読む

no image

内藤誼人「悪魔の対話術」ダイヤモンド社

著者の本はたくさん読んでいる。メモをとったのは、これだけだけど hiog: 内藤誼人「勝つための「

記事を読む

no image

岩田健太郎「1秒もムダに生きない」光文社新書

20120203235145 正確で正直な人なんだなと思う。自分の考えを伝えるに際しても多くの留保

記事を読む

no image

木下是雄「レポートの組み立て方」ちくま学芸文庫

この本を読んで、特に目新しい感じは持たなかった。同様の本ばかり読んでいるからだ。だか自分の得たものと

記事を読む

no image

カーマイン・ガロ「スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション」日経BP

20111221223951 タイトルと内容に齟齬がある悪い見本だ。半分くらいはアップル以外の話だ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑