長谷川洋三「ゴーンさんの下で働きたいですか」日経ビジネス人文庫

公開日: : 最終更新日:2011/09/03 書評(書籍)

第1章が面白い。ゴーンの経営を垣間見るのがこの部分。彼の動きについては強く賛同できる
本書のタイトルは内容をあらわすものではない。これはゴーンさん流のリストラに対する批判が展開されるのか、と思うと、違う。印象としてはむしろ逆で、彼の経営手腕への賛辞と受け取れる
特に、第2章以降はゴーンや日産のことはほとんどない。ルノーや三菱自動車の経営再建に向けた動きを詳細に追跡しているが、面白くない記録映画を見ているよう。途中からスキミング。著者の取材したことを寄せ集めたという基準で内容が構成されている感。巻末にある筆者とゴーンが握手する写真は掲載しないほうがよかった
以上を踏まえて、そういうつもりで割り切って読むのならばいい。自動車再編に関する記録資料としてもいい
p10.リバイバルプランが発表された当時の村山工場は、「その場から逃げ出したいような」重苦しい雰囲気。しかし従業員に悲壮感はなく、ふっきれ。2,400人の従業員中2割が地元から離れたがらず退職、大多数は栃木県上三川町の栃木工場などに異動
p12.中途採用者の採用条件はTOEIC850点以上
p12.「日産が株式を持っている1,394社の企業のうち、本当に必要なのは4社だけだ。残りは必要ない」
p28.「ベストを尽くすということを、知らず知らずのうちに家庭で学んでいたのだと思います。競争は厳しかったけれども抑圧されていると感じたことはありません。競争は避けるものではなく、楽しむものだと考えることです」
p36.ゴーン社長は午前7時過ぎには出社。多くの社員が出社する午前8時頃には前夜のメールに目を通し終わっている。家族が待つマンションに帰宅するのは午後11時過ぎ
p39.日産の第101回定時総会は荒れた。しかしゴーンが「今年度に黒字にならなければ、私だけでなく、エグゼクティブ・コミティーのメンバー全員がやめる」と明言すると、会場からは、「頑張れ」という声がかかった
p104.ゴーン語録。自分が頻繁に使う英語のビジネスキーワードを小冊子にまとめる。「commit」。「make sure」(徹底する、必達する。上司から言われたら、必ずやれ、という強い意味)。「discipline」(規律。訓練、懲罰のニュアンスを含んだかなり強い意味。命令されたことを既定のルールで行うこと)
p122.「シュバイツァー一家は、そんなに金持ちではなく、アルザス地方の普通の家庭だった。しかし、みんな自分自身の生き方に対して明確な目標を持ち、自分の持てるすべてを投入するというライフスタイルの持ち主だった」
p124.「1フランは1フラン以上の価値がある」
20050625050200

ゴーンさんの下で働きたいですか

posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.25
日本経済新聞社 (2001.6)
通常2~3日以内に発送します。

google adsense

関連記事

no image

杉山勝行ほか「自分ブランドの創り方」全日出版

12人の先駆者からのヒアリングを紹介しながら自分ブランドを作るために必要なノウハウを教えてくれる本

記事を読む

no image

司馬遼太郎「関ヶ原(下)」新潮文庫

20090108215000 "司馬遼太郎「関ヶ原(上)」新潮文庫"、そして"司馬遼太郎「

記事を読む

no image

花村萬月「父の文章教室」集英社新書

実は、氏の小説は一つも読んだことがない。気にはなってはいるんだが。この本を最初に読んだということは、

記事を読む

no image

佐々木亨「学べる! 山歩きの地図読み」山と渓谷社

20130427002332 山を歩くための地図の読み方の基礎が分かる。地図の種類や注意点

記事を読む

no image

遠藤秀紀「人体失敗の進化史」光文社新書

知的好奇心を擽られる。おそらく、「生物と無生物のあいだ」からの連想でこの本を手に取ったと思う。あちら

記事を読む

no image

原丈人「21世紀の国富論」平凡社

20120817001241 かなり昔の本になってしまったが、新鮮さは失われていない。もっ

記事を読む

佐藤優「サバイバル宗教論」文春新書

20140712165447 サバイバル宗教論 (文春新書)著者 : 佐藤優文藝春秋発売日 : 2

記事を読む

no image

和田清華「その夢はいつやるんですか?」ゴマブックス

タイトルが素晴らしい。内容も前向きで多くのティップスに富む。10代後半から30代前半くらいの方に強く

記事を読む

no image

内田貴「民法改正-契約のルールが百年ぶりに変わる」ちくま新書

20120504012031 最近の民法改正の動きを正当化する立法事実の説明を行っているもの。実は

記事を読む

no image

近藤勝重「書くことが思いつかない人のための文章教室」幻冬舎新書

20120208213420 スキル/テクニックを教える本を読むときは、意識して外枠から攻める。表

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑