中川ちえ「おいしいコーヒーをいれるために」メディアファクトリー

公開日: : 最終更新日:2013/02/03 書評(書籍)



20050626055400








多くの写真、平易で簡潔な説明、必要最低限の知識。装丁がいいので購入した。活字部分は10分もあれば読み終わる。これで1,100円を高いと思うかどうか


おいしいコーヒーを、特段のウンチクもなく、もっとも効率的に作りたいというのであれば、この本に黙って従うことで必要十分


コーヒーを淹れることは、とかく凝りやすい。一般人はここまですればいい、という点が私の結論とマッチする。すなわち、焙煎までは職人に任せ、「都度、手挽きしてペーパー・ドリップ」の部分のみ自らが行う。豆の種類も、買うお店のブレンドで構わない


本書ではロースト、グラインド、鮮度の話を一応している。また、アイスコーヒーとカフェオレの作り方も載せている。しかし、基本は、繰り返し「都度、手挽きしてペーパー・ドリップ」





google adsense

関連記事

no image

デュラン・れい子「一度も植民地になったことがない日本」講談社+α新書

通勤電車の中で、乗客が読んでいた。それを脇目で見て興味を持って読んでみることにした一冊 少し国粋主

記事を読む

no image

大橋悦夫、佐々木正悟著「スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術」日本実業出版社

どうしても、こういうハックス物は好きで買ってしまう。それでも最近はメモを取る部分が減ってきたように思

記事を読む

no image

柴田英寿ほか「オフィスからパソコンがなくなる日」東洋経済新報社

おもしろい。一言で言い表せない多くの内容を含む本。これで1,400円は極めて廉価 パソコン業界と主

記事を読む

no image

野口悠紀雄「グーグルとトヨタは本質的に異なる企業(日本の選択第14回)」週刊東洋経済2011.9.17

グーグルについては、著者はこの本で絶賛している 野口悠紀雄「ゴールドラッシュの「超」ビジネスモデル

記事を読む

no image

田坂広志「深き思索 静かな気づき 『仕事の思想』を高める25の物語」PHP研究所

じっくり読んでも30分くらいで読み終わる本。価格も本体1,100円と安い。しかし、内容はそれらを超え

記事を読む

no image

藤原和博「建てどき」情報センター出版局

筆者が自分の家を建てるため、長い年月をかけて得た知識と経験の集大成。その知識を施主の立場において必要

記事を読む

no image

ちきりん「自分のアタマで考えよう」ダイヤモンド社

20121130234411 著者って最近、素性が割れちゃったんだよなあ。その話って、この

記事を読む

no image

プロとアマ、または顧客満足と自己満足/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房③

20130223112111 近接して、対照的な2つの記述があった p092.良い仕

記事を読む

no image

安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版②

20071210060000 ”安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①”の続き

記事を読む

no image

遠藤秀紀「人体失敗の進化史」光文社新書

知的好奇心を擽られる。おそらく、「生物と無生物のあいだ」からの連想でこの本を手に取ったと思う。あちら

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑