司馬遼太郎「功名が辻(1)」文春文庫

公開日: : 最終更新日:2013/03/20 書評(書籍), 司馬遼太郎



20050701213500








山内一豊とその妻千代の出世物語。司馬遼太郎の本はハズレがない。


来年のNHK大河ドラマなので、来年まで生き延びるつもりならばそれを見てもいいかもしれない。すでにキャストが発表されているので、配役を創造しながら読んでも楽しい。有名なテーマなので、この本を読まなくても触れる可能性はあるかもしれない


(1)の佳境は黄金遜枚で馬を買い求めるところ。ここまでが(1)の役割




p25.千代は巫女のように断定した。(えっ)「なれるかね、私が」おどろいたのは、自分でそんな大それたことを思ったこともない若者だったからである


p30.それだけをいうと藤吉郎は馬上の人となり、戛戛と蹄を鳴らして過ぎ去った。「ほほう」伊右衛門は、眼をかがやかせた。男の世界は、虚栄の市である。知られたい、という望みは、胸中に、絶えることなく燃えている


p90.膂力がとくにすぐれているという印象はなく、ひどく才走っているというぐあいでもない。ただ、人柄に気品がある。それに郎党がいい、と小りんが答えると、「そういう男が、立身をするものだ」と、僧形の者はいった


p96.それ以後のかれの合戦の仕方は慎重そのものであった。戦いの前に遜分な外交をおこない、偵察をし、謀略を用い、しかもいざ合戦となれば敵を圧倒するだけの兵力を集結し、待ちに待って、はじめて火のように攻撃をしかけるのである。だから、戦えばかならず勝つ


p108.「妻が陽気でなければ、夫は遜分な働きはできませぬ。夫に叱言をいうときでも、陰気な口からいえば、夫はもう心が萎え、男としての気おいこみをうしないます。おなじ叱言でも陽気な心でいえば、夫の心がかえって鼓舞されるものです。陽気になる秘訣は、あすはきっと良くなる、と思いこんで暮らすことです」


p197.信長の苛烈な性格にへきえきしながらもなお逃げ散らなかったのは、(上様こそ、天下をお取りになる)という信仰があるからだ


p297.娯楽のすくないころだから、他人のうわさが、劇、小説などの役目をはたしている。山内一豊夫妻のはなしというのが、当時はおろか、こんにちまで人に知られ、戦前は小学校の国定教科書にまで載った、というこの挿話の根づよき生命は、右の理由によるものだ。千代は、馬などよりも、その「うわさ」を黄金遜枚で買ったといっていい。馬は死ぬ。うわさは死なないのである…NHK大河「利家とまつ」での秀吉と慶次郎のやり取りにおける秀吉の発言を想起させる


p299.千代の考えるところ、どうせ人生は禍福いりまじりて縄のごとくなわれたものだ。自分は不運だとも思えるし、運がつよい、とも思える。いっそどちらも正しくどちらも誤りとすれば、-運がつよい。と思いこむほうが、あかるくこの世が渡れるのではないか。明るい人間に不運は訪れにくいものだと千代は思っている







google adsense

関連記事

no image

早野透「田中角栄 戦後日本の悲しき自画像」中公新書

20130405231712 これを読んだのは田中真紀子が落選したのがキッカケかもしれない

記事を読む

no image

成毛眞「実践!多読術」角川oneテーマ21

ここで紹介されている本を多く、読もうという気になった。歴史もの、軍事もの、科学もの、をもっと読もうと

記事を読む

no image

三枝匡「戦略プロフェッショナル」日経ビジネス人文庫

タイトルは少し堅苦しい。しかし、内容は物語のかたちをとっているのでスラスラと読み進められる。少し単純

記事を読む

no image

小池和男『日本産業社会の「神話」』日本経済新聞出版社

そのタイトルのとおり、日本の産業社会における「神話」が紹介されている。ここでいう神話は、「根拠もなく

記事を読む

no image

梅谷薫『「病」になる言葉』講談社

昔から不思議だった。人は似通った境遇にいても、発症する病気は異なるということ。素人ながら勝手に、遺伝

記事を読む

no image

竹村健一「竹村健一の最後に勝ちを拾う発想法」青春出版社

微妙だよな。興味深い事例に溢れており、楽しく読み通すことができる。そして著者の主張にも概ね首肯できる

記事を読む

no image

キャリー・マリス「マリス博士の奇想天外な人生」ハヤカワ文庫

自分を信じることの大切さ。人が何のために動いているのかを知らずに影響されることの愚かさ。自分が楽しむ

記事を読む

no image

磯田道史「無私の日本人」文藝春秋

20130406002458 前評判が良かった。そのとおり、かなり引き込まれて、あっという

記事を読む

no image

佐藤優「人たらしの流儀」PHP

20111128214755 対談の形式をとっている。明示されてはいないが、相手は編集者の小峰隆生

記事を読む

no image

リリアン・R・リーバー「数学は世界を変える」ソフトバンククリエイティブ

副題が「あなたにとっての現代数学」。といっても、第二次世界大戦中に書かれた、少し古いものだ。著者は四

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

ワイモバイルにMNP

20181104115802 この記事を見て、小一時間考えてMN

ドコモに3回線MNPの顛末(2018/09)

20181029231515 ちょうど1カ月が経つので、思いつく

キャッシュレスまたはクレジットカード

20181023225403 政府がキャッシュレスを進めているみ

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑