J・A・バーンズ「アミスタッド」ポプラ社

公開日: : 最終更新日:2012/02/11 書評(書籍)



映画「アミスタッド」を忠実に小説化したもの。未成年向けのようだ。しかしだからこそエッセンスがしっかりと記載されている。せっかくこの映画を見る気が起きて、現に見たのであれば、この本でお浚いすると非常に効果的。アフリカからアメリカまでの航海中のアミスタッド号の描写は、映画というメディアの本領発揮で凄い迫力だった。しかし、英語と合衆国の歴史を知らない者にとって、簡潔な字幕のみでは映画の意図する内容をほとんど掴むことができない


アミスタッド号の人たちがどうなるかについてアメリカで議論になる。奴隷制度に関する北部と南部との争いは、工業社会と農業社会の衝突が本質である。南部では工業化がされなかったので、農業経営に頼り、そこでの大切な労働力が奴隷のそれであった


アミスタッド号の人たちのために登場するのが、元大統領のジョン・クインシー・アダムズ。ちなみに現在のブッシュ大統領がアダムス父子以来の父子で大統領になった。ここでは、父に比べて劣ると言われているJQAの裁判所での弁論が圧巻




p95.「私が弁護士だったころ…」アダムズはしゃべり始めた。「もう大昔のことだが、大事なことを1つ学んだ。それまでに何度も裁判をしてたくさんの失敗をしたがね。つまり、法廷では一番すばらしい<物語>を聞かせた人間が勝つということだ」




…裁判は真実を明らかにするものではない。法廷に提出された人や物による証拠を踏まえて、もっとも合理的な解釈を行い、そこから最も真実らしいフィクションを紡ぎ出して、その結果をもって現状を肯定または訂正し、持ち込まれた紛争を解決しようとするものだ。この限界を知るべきである。たとえば裁判により負けた側がモラルなどの別の切り口からも当然には否定されない




p163.アダムズがシンクェの言葉を理解しようとして、長い沈黙が訪れた。そしてふいに、アダムズの頭に衝撃が走った


p165.裁判官席には裁判長のロジャー・ブルック・テイニーを真ん中にして、9人の裁判官がすわっていた。9人のうち6人は南部出身、そしてその6人のうち3人の家には奴隷がいる


p167.「この男は黒人だ。それはだれが見ても明らかだろう。だが、それと同じようにして彼の内面を簡単に見ることができるだろうか?彼だけがこの法廷で唯一、英雄と呼ぶにふさわしい人物であるということを見抜けるだろうか?もし彼が白人であったならば死刑宣告をかけてこの法廷に立っていることもなかったはずだ。もし彼が白人で、奴隷船の船員がイギリス人であったならば、英雄のように扱われることになっただろう。たくさんの勲章を授与され、その重みで立ち上がることもできないほどに。そして彼をテーマにした歌が書かれ、偉い作家が彼のことを本に著し、彼の物語は学校の授業で何度も何度も語られることになるだあろう。そして子供たちは彼の名前を、まるでパトリック・ヘンリーの名前を知っているのと同じように覚えることになるのだ!」




…この辺は合衆国で教育を受けていないとなかなかピンときません




p169.アダムズはシンクェとの会話を法廷で話した。本当に困ってどうしようもなくなったとき、先祖たちの知恵と力が彼らを助けてくれることができるという。アダムズは壁に掛けられたさらにたくさんの額を見上げた。そこには肖像画がきれいに並べられている。彼の先祖たち、アメリカの創始者たちだ。「トマス・ジェファソン、ベンジャミン・フランクリン、ジェイムズ・マディソン、アレキサンダー・ハミルトン、ジョージ・ワシントン…」アダムズ元大統領は、彼自身の父親の肖像画の前で少し間をおいた。アメリカ合衆国の第2代大統領である。「ジョン・アダムズ」彼はそれらの肖像画を見つめ、そしてその絵に語りかけた。「わたしたちの恐れや偏見に、わたしたち自身が打ち勝つために、あなたがたの力と知恵がどうしても必要です。正しいことを為すための勇気をください。そして、もしそれで市民戦争が起きてしまうのだとしたら…それはそれでかまいはしない。もし戦争が起きるならば、おそらくそれこそがアメリカの革命のための、最後の闘いになるのだから-」




…私は映画のこの部分を何度も繰り返して再生した。この本で再確認できて幸甚。活字で読んでいても心揺す振られるセリフだ


20050707062300


google adsense

関連記事

no image

松田公太「すべては一杯のコーヒーから」新潮社

20051023000608 起業の話は好き。この本は起業を題材とした極めて典型的な内容。

記事を読む

no image

大山泰弘「働く幸せ」WAVE出版

会社経営の理想。自分の信じた道を進んで、その夢を実現する。ヤマト運輸の後の小倉昌男のよう。政府など時

記事を読む

no image

稲垣道夫「カーボン-古くて新しい材料-」東京工業調査会

身近なもの、工業的に使用されているもの、可能性を秘めているもの、という3つの分類で紹介していく。説明

記事を読む

no image

司馬遼太郎「関ヶ原(中)」新潮文庫

20090106100100 "司馬遼太郎「関ヶ原(上)」新潮文庫"の続き 先日、今年の

記事を読む

no image

コリン・ジョイス『「イギリス社会」入門―日本人に伝えたい本当の英国』NHK出版新書

20130213002054 こういう諸外国の各国物もたまにはいい。やっぱりロンドンオリン

記事を読む

no image

ジョン・ウッド「マイクロソフトでは出会えなかった天職」ランダムハウス講談社

本の分厚さに負けず、内容に引き込まれてどんどん読み進めていける題材の良さがある。タイトルとおり、マイ

記事を読む

no image

手嶋龍一・佐藤優「インテリジェンス 武器なき戦争」幻冬舎新書

実は諜報関係の話は好き。こうやって気になるところをメモしていると、佐藤氏の発言のほうが圧倒的に多いな

記事を読む

カレン・フェラン「申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。」大和書房

20140608110929 申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。著者 : カレン・フェラン大和

記事を読む

no image

今北純一「とどめのひと言」PHP

久々に興奮して読み終えた本。こういうのはじっくりと読んでしまうのでなかなか早く読めないと同時に、本を

記事を読む

no image

橋元淳一郎「時間はどこで生まれるのか」集英社新書

20080929060000 一応通読したけど、概観しかないので、それだけではまだまだ難し

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑