司馬遼太郎「功名が辻(2)」文春文庫

公開日: : 最終更新日:2013/03/20 書評(書籍), 司馬遼太郎



20050708090000








(2)は、山崎の戦いから始まって、秀吉の天下取りの時代を描く。その挿話としての秀次一族の殺害が佳境となって(2)が締めくくられる。その中で一豊は少しずつ出世をしていく


来年のNHK大河も、秀吉の方がおもしろく、どうしても主人公のようになってしまうのではないか。「利家とまつ」でもそうだった。まつや千代がいくら才女であっても、夫は秀吉の家来でそれなりなんだし、秀吉の話のほうが、なんど聞いても面白い


(1)についてはリンク先を参照




p28.とにかく伊右衛門の隊は、秀吉麾下の他の将士よりもふんだんにニンニクを食い、鳥獣の肉を食った


p36.が、この男のことだ。陽気なのである。古来、妙なことだが陰気な大将が勝った例はまれである


p46.信長の家来であったころ、あれほど信長に対してはむろんのこと、同僚に対しても腰がひくく、動作の軽々しすぎる男が、この日から人変りがした。参謀の黒田官兵衛が、「そうしなされ」と知恵をつけたのだともいう


p56.-秀吉は人を殺さぬ。殺さずに、外交をもって降参させる。降参してきた敵には、命を保証するばかりか、旧領を与える場合が多い。天下はそう見た


P66.「やよ、よいか。築州大よろこび、踊りあがり踊りあがり踊りあがり、とうとう尻餅をつき候ぞ」


p140.あっ、とおもったのは、北政所が十歳になるよね姫の存在を知ってくれていたことである


p172.「京都のお屋敷は分不相応なものを建てましょう。関白殿下は、大気なことがお好きでございます。山内対馬守はまだまだ望みが大きいとみえる、ときっとお思いあそばすにちがいありませぬ。さればつぎはもっと大きな役目を頂戴できましょう」


p187.承雲の口から、千代の噂はぱっと市中にひろまった。それが、九州征伐中の秀吉の耳にさえ入ったというから、うわさというものはおそろしい


p210.難攻不落といわれた箱根と大坂城は2度の戦歴をもち、2度とも破れている。防衛戦の勝ち目のなさが、これでわかるであろう


p229.観戦している秀吉でさえ、眼をそむけた。(男なのだ)真下にいる伊右衛門はおもった。(男は所詮、功名の化物のようなものだ。その執念が、堀にぶらさがっている)


p250.日本列島は長い。長すぎるために、1つの政権が日本を完全に統治しえた例はなく、つねに西部政権と東部政権とがあった


p293.おそらく豊臣滅亡後ほどもないころであろう、付近のひとが何を思ったのか、紅桃3万本を植えた。-あの桃山に城のあった時代はよかった。と、都の者はおもったであろう


p306.「いつもの一豊様で律儀でおすごしあそばしているだけでよく、ゆめゆめそういう才覚者同士の政争に巻きこまれてはなりませぬ。一誠足らずの才覚者は人望がなく、たとえ才智を闘わせてどちらが勝とうと、いずれは憎まれて勝ったほうもほろびます。一豊様は一豊様なりにご自分の場所におすわりあそばしていればいいのでございます」







google adsense

関連記事

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第2巻 児童福祉」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(3/11) 受験しようと思ったのは、保育士試験の受験要領を請求できる1日くら

記事を読む

後藤利夫「あなたの知らない乳酸菌力」小学館

20140202222910 あなたの知らない乳酸菌力 (実用単行本)著者 : 後藤利夫小学館発売

記事を読む

no image

ジム・レーヤー「ビジネスマンのためのメンタルタフネス」TBSブリタニカ

精神の状態を4つの分類にわけて、精神コントロールに重要な切り口から各章で説明していく。なかなか説得的

記事を読む

no image

タイラー・コーエン「インセンティブ」日経BP社

期待したほどの面白さではない。洋書に特有なうんざりするほどの寄り道。この半分の量に収まる程度の内容。

記事を読む

no image

橋本努「自由に生きるとはどういうことか」ちくま新書

全体としての統一感というか、結局この本の主張が何かがイマイチわかりづらい。著者の博覧強記振りは分かる

記事を読む

no image

米山公啓「すべてがうまくいく8割行動術」ソフトバンク新書

著者が確か、日経ビジネスかなにか、ビジネス誌にコラムを書いていたか何かで手にした本。「医師+作家」の

記事を読む

no image

徳力基彦「デジタル・ワークスタイル」二見書房

ハックス的な各論だけでなく、もともとの考え方に共感。最近の中でもっとも良書を感じた p6.そもそも、

記事を読む

no image

西岡常一「木に学べ」小学館

学者をやり込めた話。具体的な名前も出てくる。学者に対する不信 経験からくる確信。祖父から教わったこ

記事を読む

no image

原尻淳一・小山龍介「IDEA HACKS!」東洋経済新報社

確かに電車の中で思いついたことを整理してやっつけ仕事でまとめちゃいましたというニオイのする本だ。軽い

記事を読む

no image

原賀真紀子『「伝わる英語」習得術-理系の巨匠に学ぶ-』朝日新書

面白かった。勉強になるというよりも、参考になる。蘊蓄系の読み物としても楽しい 「英語を習得するのな

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑