司馬遼太郎「功名が辻(2)」文春文庫

公開日: : 最終更新日:2013/03/20 書評(書籍), 司馬遼太郎



20050708090000








(2)は、山崎の戦いから始まって、秀吉の天下取りの時代を描く。その挿話としての秀次一族の殺害が佳境となって(2)が締めくくられる。その中で一豊は少しずつ出世をしていく


来年のNHK大河も、秀吉の方がおもしろく、どうしても主人公のようになってしまうのではないか。「利家とまつ」でもそうだった。まつや千代がいくら才女であっても、夫は秀吉の家来でそれなりなんだし、秀吉の話のほうが、なんど聞いても面白い


(1)についてはリンク先を参照




p28.とにかく伊右衛門の隊は、秀吉麾下の他の将士よりもふんだんにニンニクを食い、鳥獣の肉を食った


p36.が、この男のことだ。陽気なのである。古来、妙なことだが陰気な大将が勝った例はまれである


p46.信長の家来であったころ、あれほど信長に対してはむろんのこと、同僚に対しても腰がひくく、動作の軽々しすぎる男が、この日から人変りがした。参謀の黒田官兵衛が、「そうしなされ」と知恵をつけたのだともいう


p56.-秀吉は人を殺さぬ。殺さずに、外交をもって降参させる。降参してきた敵には、命を保証するばかりか、旧領を与える場合が多い。天下はそう見た


P66.「やよ、よいか。築州大よろこび、踊りあがり踊りあがり踊りあがり、とうとう尻餅をつき候ぞ」


p140.あっ、とおもったのは、北政所が十歳になるよね姫の存在を知ってくれていたことである


p172.「京都のお屋敷は分不相応なものを建てましょう。関白殿下は、大気なことがお好きでございます。山内対馬守はまだまだ望みが大きいとみえる、ときっとお思いあそばすにちがいありませぬ。さればつぎはもっと大きな役目を頂戴できましょう」


p187.承雲の口から、千代の噂はぱっと市中にひろまった。それが、九州征伐中の秀吉の耳にさえ入ったというから、うわさというものはおそろしい


p210.難攻不落といわれた箱根と大坂城は2度の戦歴をもち、2度とも破れている。防衛戦の勝ち目のなさが、これでわかるであろう


p229.観戦している秀吉でさえ、眼をそむけた。(男なのだ)真下にいる伊右衛門はおもった。(男は所詮、功名の化物のようなものだ。その執念が、堀にぶらさがっている)


p250.日本列島は長い。長すぎるために、1つの政権が日本を完全に統治しえた例はなく、つねに西部政権と東部政権とがあった


p293.おそらく豊臣滅亡後ほどもないころであろう、付近のひとが何を思ったのか、紅桃3万本を植えた。-あの桃山に城のあった時代はよかった。と、都の者はおもったであろう


p306.「いつもの一豊様で律儀でおすごしあそばしているだけでよく、ゆめゆめそういう才覚者同士の政争に巻きこまれてはなりませぬ。一誠足らずの才覚者は人望がなく、たとえ才智を闘わせてどちらが勝とうと、いずれは憎まれて勝ったほうもほろびます。一豊様は一豊様なりにご自分の場所におすわりあそばしていればいいのでございます」







google adsense

関連記事

no image

吉本佳生「投資リスクとのつきあい方(上)」講談社+α文庫

株式投資において、投資しようとする銘柄のリターンを想定して、ボラティリティを算出して、正規分布に当て

記事を読む

no image

マイケル・フランゼーゼ「最強マフィアの仕事術」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20120311114632 おどろおどろしくイタリアン・マフィアなどと名乗る。そのくせバフェット

記事を読む

no image

三島邦弘「計画と無計画のあいだ」河出書房新社

20120710003253 独自の方法で作る出版社。同様の話はいくらでもあるのだろうけれども、そ

記事を読む

no image

ピーター・セージ「自分を超える法」ダイヤモンド社

20120707111440 また自己啓発的な本を読んでしまった。ダイヤモンド社らしい本だ

記事を読む

no image

小堺桂悦郎「なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?」フォレスト出版

会計制度の説明も行いつつ、中小企業の節税などに関するちょっとしたティップスを本の体裁にしたもの。難な

記事を読む

no image

早坂隆「世界の日本人ジョーク集」中公新書ラクレ

20060912235500 面白い、所収のジョークが。ただ人によっては、半分以上は聞いた

記事を読む

no image

柴田明夫『日本は世界一の「水資源・水技術」大国』講談社+α新書

20120312000020 著者は商社の名のついたシンクタンクの所長の肩書き。だから、おそらくは

記事を読む

no image

梅谷薫『「病」になる言葉』講談社

昔から不思議だった。人は似通った境遇にいても、発症する病気は異なるということ。素人ながら勝手に、遺伝

記事を読む

no image

長沢樹「消失グラデーション」角川書店

20120704021215 フィクションを読むなんてあまりないのだが。ふりかえると、この本が

記事を読む

no image

藤田晋「渋谷ではたらく社長の告白」アメーバブックス

2時間程度で読み終える。一読の価値は十分にある。 オフィスをいつも身の丈以上に広い場所にしてきた。

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑