司馬遼太郎「功名が辻(3)」文春文庫

公開日: : 最終更新日:2013/03/20 書評(書籍), 司馬遼太郎



20050711165100








(3)でも最初のほうは秀吉の話ばかり。仮想園遊会や醍醐の花見。登場人物は秀吉や家康などとポピュラーなので若干退屈。しかし、この辺の時代の描写にこれまであまり接していなかったせいか、それなりに楽しめた


秀吉が死に、関ヶ原が近づくに連れ、千代と一豊の活躍に話が戻っていく。上杉征伐のため関東にある一豊と大阪に留まる千代との連絡


本書では、戦国武将のパーソナルブランドに焦点が当てられている。信長は「革新、必勝、冷酷」秀吉は「人間味、奇想天外、大盤振る舞い」。家康は「温厚篤実、律儀、重厚、陰気」。一豊は「素朴、律儀、忠義、楽天、恐妻」。これら自体は有名であるが、本書では特に強調されているような気がする。これらが周囲の者にアピールして結果に繋がっていくというのが一つのテーマになっているようだ


(1)についてはリンク先を参照


(2)についてはリンク先を参照




p56.どの案をみても秀吉は、「いかん、世に在ったことじゃ」といった。すでに先例のあったような催しはやりたくない。「奇抜な!」といって人が手を打っておどりあがるような趣向をかれは望んでいる


p122.「企画力」があるのだ。千代はこの醍醐の花見をみて、つくづく、(この人が天下を取ったはずだ)とおもった。天下取りも構想力なのである


p143.「男とは、猟師型と農夫型とがある、と申します。大むかし、国土がひらけなかったころ、男どもは。猪や兎を追い、できるだけ多くの獲物をとるために身を粉にして山野をかけまわり、智恵をしぼってさまざまのわなを考案し、そのあくない新しいものへの獲得欲のために世がここまですすんできたと申します。農夫型の男もおなじです。大むかし、百姓は一枚でも田を多くつくるために林を伐りひらき、またあたらしい作物を雑草の中からみつけてはそれを苦心して育て、ここまで富んだ国土ができました。男の進取欲のあらわれだと思います。その欲望が、猪や田だけにとどまるはずがございませんでしょう。あたらしい女をみれば、それを得ようとするのが、男を動かし駆りたてている本然な欲望だと思います」


p173.幕末、この家から出たのが、乾退助であった。岩倉具視が忠告したので、乾姓をすて、先祖の板垣姓にもどり、板垣退助と名乗った


p182.「あれが展覧会のはじめだと思いますし、考えてみれば千代は服飾デザイナーのはじめだったようでもあります」


p198.「げんにあの方は、林羅山という学者を高禄で召しかかえておりましてな、ほかの諸侯のまねのできぬところです。あのひとがもし天下をおさめるなら、かならず文教をもっていするでしょう」


p240.家康は、平和を極度に怖れていた。このまま無事平穏がつづけば、豊臣体制がそのままつづくということになる。つまり、家康の位置も死ぬまでかわらぬ、ということになる。乱が、おこらねばならぬ


p264.「封書をしたまま、関東の殿様にお送りします」と千代はいった。この一言がのちに伊右衛門をして大封を得せしめた、と後世ではいう。千代にすればどうせ家康に付く、と方針がきまった以上、中途半端はいけない、徹底して味方すべきだとおもっていた。それには、石田方からきた公文書も見ない


p314.「そのあと、いまの山内対馬守が封のまま文箱を出した一件も申せ。されば律義者で通った対馬守さえ二心なくわが君に加担した、ということで、人はわれも遅れじとあらそって忠勤をはげむ心になるであろう。こういうときの人の心の不安は、存外、そういうことで一決し、まとまるものだ。さらに対馬守夫人のわれは自害せんという覚悟のほどをしたためた文面も披露せよ。されは、大方の者も、妻子を思う心を切りすてるであろう」







google adsense

関連記事

no image

クリスティン・ニュートン+古賀良子「絵を右脳で描く」旬報社

保育士試験の第1次筆記試験が10科目全部一発合格ということになった。なお、10科目を含む、保育士試験

記事を読む

no image

林恵子「「できる女」はやわらかい―ラッキーサクセスの仕事術」亜紀書房

これを読んでいる間いつも頭から離れなかった疑問は、「著者に子どもはいるのだろうか」ということ。これは

記事を読む

no image

野口悠紀雄『超「超」整理法』講談社

これは読むべき本 「クローバー橋」でGoogle Mapで検索してしまった。昔ニューヨークはマンハ

記事を読む

no image

村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」文藝春秋

村上春樹の本を久しぶりに読んだ。しかも、こういった小説でないものを。少しマラソンに興味を持ち始めたこ

記事を読む

no image

佐藤優「人たらしの流儀」PHP

20111128214755 対談の形式をとっている。明示されてはいないが、相手は編集者の小峰隆生

記事を読む

no image

原秀史『「規制」を変えれば電気も足りる』小学館新書

20111112231826 ここのところ、こういう悪い規制のことばかり読んでいると思う。が、たま

記事を読む

no image

野口吉昭「コンサルタントの習慣術」朝日新書

p25.ある都市銀行の方と一緒に仕事をしたときに聞いた話がある。彼は、若いときに、ヒサヤ大黒堂の担当

記事を読む

no image

林則行「「銅メダル英語」をめざせ!」光文社新書

20120818045503 英語って、やっぱり、日本人にとってのひとつの引っかかりなんだと思

記事を読む

no image

山田修「タフ・ネゴシエーターの人を見抜く技術」講談社

この人の書き方は凄く偉そうで、また文章もそれほどうまくないんだけど、内容的にはうなずくこと多し。掘り

記事を読む

no image

小松俊明「シンプル時間整理術」インデックス・コミュニケーションズ

著者はヘッドハンターだそうだ。次の4つの点に付箋をつけた。読むのに必要な時間は30分程度が目安。外国

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑