司馬遼太郎「功名が辻(4)」文春文庫

公開日: : 最終更新日:2013/03/20 書評(書籍), 司馬遼太郎



20050712231000








文庫本ではこれが最終巻。このようなショッキングな終わり方をするとは想定外。「峠」の河井継之助ほどでないものの、相当に後味が悪い。夫婦円満な成功物語として「新史太閤記」のエンディングの先入観を持っていたら、最後で裏切られた


どうしても時節柄、来年のNHK大河ドラマを想定しながら読んでしまう。この結末をどのように描くのか、それとも描かないのか


(4)の守備範囲は、小山軍議~関ヶ原~領国経営~一豊の死


(1)についてはリンク先を参照


(2)についてはリンク先を参照


(3)についてはリンク先を参照




p95.「ほう、城番を山内対馬守がさせられておると?律義者の損じゃな」


p140.関が原に出陣した東軍諸将のなかで、織田、豊臣、徳川の三代を生きのび得た者は、家康その人のほかに、伊右衛門しかいない


p141.(この亭主殿だけが、はればれしくも生きのこっている)それが千代にはおかしかった。可もなく不可もない人間で律儀一方の男だけが人の世の勝利者になるものなのだろうか


p144.千代が走りよると、伊右衛門はしくしく泣きはじめている。「千代も泣け」ごろりとあおむけざまになった。「泣かぬか。敵にまわった石田三成をはじめ関ヶ原の死者と敗者のために泣いてやれ」


p146.「しかしそちらは、武功と申せば槍先の功名のみと思っているのであろう。槍働きなどやろうと思えばたれにでも出来る」


p172.男に、出世とはこわい。分不相応の位置につくと、つい思いあがって人変りのする例が多い


p192.「もっと、ぼんやりあそばして、あの仁はすこしうすのろか、といわれるぐらいのほうが大国の国主に似つかわしうございます」


p221.「そなたは、わしをばかにしすぎている」「そりゃ、太閤様でも北政所様にとってはただの夫でございましたもの。妻の目からみれば、夫はさほどお強いともおえらいとも思えるものではありませぬ」


p227.「50万石ではなかったか」ととぼけることで、ひとりの無邪気な大名を歓喜させてしまっているのである。あの老人にとっては、片言隻句が、徳川家永遠の基盤をつくる土台石の打ちこみになっているのであろう


p238.「まだ山坂がある、ということほど、人の世にめでたきことはございませぬ。気根を揮いたたせねばならぬ相手があってはじめて、人はいきいきと生きられるのですから」


p250.「元親ならできまい。利口者はえてして気がはやいものだ。おれは英雄ではないから、この工事はできる」


p288.(これが、すごろくでいえばアガリだったのか)と千代は、胸中、くりかえしくりかえしそのことをおもった


p308.千代は遺骸を抱いた。ゆり動かそうとした。まるで卑賤の農婦のような、身も世もない慟哭のしかたであった。(わたくしどもの長い一生が終わった)と、千代は哭きながら、思った







google adsense

関連記事

no image

土井英司「「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー」草思社

最近、よく目につくので購入したのがこの本。なんか本当に最近、こういう本ばかり読んでいるなあ、とかなり

記事を読む

no image

粂和彦「時間の分子生物学」講談社現代新書①

最近読んだ本の参考文献となっていたのがこの本。生物学系の本は好奇心をくすぐられて結構はまる 前半が

記事を読む

no image

日下公人「『人口減少』で日本は繁栄する 22世紀へつなぐ国家の道」祥伝社

20050814073812 この著作は非常に愉快。きわめて幅広い実例と提案がある。いずれ

記事を読む

no image

佐藤孝「一発合格らくらく宅建塾 2006年版」週刊住宅新聞社

この世界では相当に有名な本らしい。もっとも簡単でもっとも網羅的で内容も適切だという。事実、そのとおり

記事を読む

no image

鎌田浩毅「次に来る自然災害」PHP新書

20120702005354 今回の東日本大震災を解説し、そんな災害が発生するに至った前提とし

記事を読む

no image

金井寿宏・高橋俊介著「キャリアの常識の嘘」朝日新聞社

構成が面白い。2人がキャリアに関する20の質問にそれぞれの考えで答えを出していく。読者はそれを比較し

記事を読む

no image

佐々木亨「学べる! 山歩きの地図読み」山と渓谷社

20130427002332 山を歩くための地図の読み方の基礎が分かる。地図の種類や注意点

記事を読む

no image

三枝匡・伊丹敬之『「日本の経営」を創る』日本経済新聞出版社

2人の対談を本にしたようなもの。2人ともすごく偉人に見える。実際、そのとおりなんだろうと思う もう

記事を読む

no image

前田和彦「5年後にお金持ちになる海外投資」フォレスト出版

20071218060000 内容的には概ね違和感がない。特に、不動産投資が危ない、外貨預

記事を読む

no image

遠藤秀紀「人体失敗の進化史」光文社新書

知的好奇心を擽られる。おそらく、「生物と無生物のあいだ」からの連想でこの本を手に取ったと思う。あちら

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑