藤原和博「建てどき」情報センター出版局

公開日: : 最終更新日:2012/09/12 書評(書籍), 藤原和博



筆者が自分の家を建てるため、長い年月をかけて得た知識と経験の集大成。その知識を施主の立場において必要なエッセンスを得、また、その経験を追体験できる。家を建てるときには、ぜひ参考にしたい一冊。著者による別の著作で紹介されていたので、読むこととした


書き出しの部分は、著者の頭の良さそうな如何にもな整理があっていい。「衣食住」という大事な3つにおいて、「衣」にも「食」にも一般人でも相当詳しい人は多いが、「住」はそうでない、だから今回はこだわってみた、そのためにあらゆる本を読んだりしたので、この本でだいぶ効率的にその辺の事情を会得できる、そんな大意だった。私が裏書する


もっと内容を取捨選択してオーガナイズしてもらえればよかったように思う。著者本人や家族の事情にもふんだんに触れられている。それらを強引にバインダーしたような感じもする。家が建って一区切りついたんで関係資料を整理し束ねてグルーガンしてみました、みたいな。そんな有機的な、一家族の物語として読むのであればなかなかの読み物である。筆者の他の著作も読んでいる者にとっては、重複した部分も多いので若干の退屈を味わう部分があった。本人のこと、とりわけ本人による物の考え方のこと、そして家庭のこと、彼らのバックグラウンドなど


著者の書き物の特徴としては、相当エゴイスティックなところがあろう。いい意味でも悪い意味でも。本著では建築士と施工業者との間の行き違いを解消するために両者に送った手紙の文面も紹介されている。読んで、だいぶ鼻白む。私の個人的な受け止め方のバイアスはあろうと思う。一方で吹き抜けの有無に関する会話や「バリアフリー」など、イメージ先行の部分に対する反省、自分の頭で考えて再構成するというところには学ぶ。そのために、関係者や専門家の意見に真摯に耳をかたむけ、また海外経験をしてきたなどのインプットがあることが強み


マイホームの建築を逐一記録し、htmlにして公開しているケースがある。そんな劇場型にして、設計、施工、監理などの関係者にプレッシャーがかかり、基礎部分を作り直しさせたりしているものを昔見たことがあったことを思い出した


家などは一生物なので、生活スタイルなども相俟って、施主にとって大変難しい一大事業ということに同意。本によると、建築士がネオ・ジャポニスムの旗手だったり、施工業者が理論派の硬骨漢の若社長だったり。ドリーム・チームが羨ましい


土地を取得するくだりがなかなか興味深い。これだけ手間隙をかける必要があるので、なかなか真似ができないかもしれないことをやっていた


初版が2001年4月といささか古い本になってしまった。建材のデータなどの細かい部分は時代遅れかもしれないが、その本質は色褪せてはいない


20050722014100


google adsense

関連記事

no image

マイケル・フランゼーゼ「最強マフィアの仕事術」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20120311114632 おどろおどろしくイタリアン・マフィアなどと名乗る。そのくせバフェット

記事を読む

no image

サントリー次世代研究所「U35世代 僕と仕事のビミョーな関係」日本経済新聞社

20050926234348 35歳以下の会社員、このカテゴリに典型的な、主にダメな考え方

記事を読む

no image

外山滋比古「思考の整理学」ちくま文庫

本の帯に魅力的な惹句がある。”もっと若い時に読んでいれば…”。確かにそう思わせる一冊。1986年発売

記事を読む

no image

NintendoDREAM編集部「おいでよどうぶつの森(任天堂ゲーム攻略本)」毎日コミュニケーションズ

Nintendo DSの「どうぶつの森」、やっぱり面白いんだけど少し行き詰ってきたので買ってみたのが

記事を読む

no image

山名宏和「アイデアを盗む技術」幻冬舎新書

20111210235255 正直、序盤は退屈だったが、尻上がりに面白くなってきた新書。この著作な

記事を読む

no image

竹内正浩「地図だけが知っている日本100年の変貌」小学館101新書

すべての都道府県を取り上げる趣向はいいが、正直、おもしろい県とそうでない県があった。2つ以上を取り上

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(2)」文春文庫

20050708090000 (2)は、山崎の戦いから始まって、秀吉の天下取りの時代を描く

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(1)」文春文庫

20050701213500 山内一豊とその妻千代の出世物語。司馬遼太郎の本はハズレがない

記事を読む

no image

木下晴弘「涙の数だけ大きくなれる!」フォレスト出版

書評や、この本の頭書きの推薦にあるように、泣きっぱなしとか、何度もゆっくりと読み返すとか、そういうこ

記事を読む

no image

山崎隆「大震災改訂版 東京のどこに住むのが安心か」講談社

20130405011526 これは、ちょっとふるい本で、2011年11月に出版されている

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑