三宅伸吾「夢真、日本技開に敵対的TOB―行政に強気対応、ルール生む(ニュースの理由)」日経平成17年7月26日夕刊

公開日: : 書評(新聞)

昨日の日経夕刊で面白い記事があった。著者は日経の編集委員
夢真ホールディングスによる日本技術開発に対する株式公開買付けに関するコラム。財務局の担当官に対する切り札、「国家賠償を請求する」に快哉を叫ぶ
今回の事実が、これまでの公開買付けにおいて日常的に担当官の裁量が幅を利かせていたことを炙り出した。その裁量が深い配慮に基づき妥当な判断であれば、実質的なところでの救いもあろう。しかし、この程度の知識で不受理などと言われるのであれば時間との関係からも公開買付けを行う者が困ってしまうのではないか
公開買付けの規制において価格を下げることを認めないのは、公開買付けに応募する人にとって不利にならないようにという理由からのようだ。一方で株式分割は、字のごとく単純に株式が分割するのであるから、1株が5株になれば理屈としては価格は1/5になるはずであり、それで応募する人には基本的に不利はない。その程度の実質的な解釈ができないのだから失笑ものである。このために公開買付けを行う自由が阻害され、それは公開買付けを実施する者だけでなく、応募を考えていた株主の利益まで奪うことになるのではないか
仮にも担当官が裁量を発揮したいのであれば深く考えてなすべきであるし、それが不可能であれば分に相応しく形式的な審査で一律に受理すべきではないだろうか。法律違反だと思えばそこから事後的に動いても法律はなんらかの救済手段を用意しているのではないか
・担当官「分割されたら価格を下げるという内容なら受理できない」/夢真「届け出制なのだから、不受理なら国家賠償を求める」/結局、財務局は受理すると回答した。ただ証取法は買収者にTOB開始の公告も義務づけており、政府は公告後、その内容などの訂正命令権を持つ。/担当官「もし任意の訂正を求めれば応じるか」/夢真「応じた結果、会社に損害が出れば役員への株主代表訴訟が起きる。行政指導に従ったと反論しても責任は問われる。命令を出してほしい。その取り消しを裁判で求める」
・22日、伊藤達也金融担当相は分割に対抗するTOB撤回などは現行法上、可能との考えを正式に明らかにした。/夢真のつばぜり合いで、M&A(企業の合併・買収)ルールがまた一つ生まれたようだ
20050728191608

google adsense

関連記事

no image

「郵政法案賛成を、野田聖子氏表明―あす衆院通過」日経平成17年10月10日朝刊

この件、巷間には当該議員に対する反感が多いようだ。しかし、私は極めて好意的に受け取っている。特定の地

記事を読む

no image

渾沌「資産運用産業の時代への備え(大機小機)」日経2012/2/29

20120328000736 「公正な価格形成の阻害など公益を害する行為にプロ向けもアマ向けもない

記事を読む

no image

「金融相、信用取引、担保除外を批判―ライブドア株で。」日経平成18年1月19日夕刊

20060120004400 マネックス証券がライブドア関係株の担保価値をゼロにしたことについて、

記事を読む

no image

西條都夫「自動車産業、勝負の分かれ目―日本勢「鍛錬」重ね快走(経営の視点)」日経平成17年8月29日朝刊

著者は、編集委員 こういう「まじめさ」や、「継続性」を肝に銘じたい。時節柄思い出すのは、義務教育の

記事を読む

no image

網干勝弘「奮闘 子育て主夫(生活ファミリー)」日経平成18年5月31日夕刊

日経夕刊は家庭、家族や女性にまつわる記事が多い。日経によれば、そういうのは経済新聞は夕刊でとりあげる

記事を読む

no image

盤側「村上ファンドと民主主義(大機小機)」日経平成17年11月11日朝刊

そもそも大機小機が匿名を前提なので、そう目くじらを立てる必要もないのかもしれないんだけど。影響力もあ

記事を読む

no image

佐藤洋二郎「金の匂いする所、政治家あり(さらりーまん生態学)」日経平成18年2月23日夕刊

意味を感じられない文章。じゃあ、コメントしなければいいのにとは自分でも思うけど 著者は作家という。

記事を読む

no image

田勢康弘「言葉だけがうつろに響く―しっかりせよ民主党(核心)」日経平成18年2月27日朝刊

20060228021800 著者は本社コラムニスト。なんということもないコラムだが、次の言葉がよ

記事を読む

no image

伊藤浩昭「民意束ねる機能衰え(激震「郵政解散」瀬戸際の改革②)」日経平成17年8月11日朝刊

筆者は日経新聞の政治部記者 多数決と全会一致の違いは何か。昔、NHKの「その時歴史が動いた」で、パ

記事を読む

no image

「郵政法案、成立の流れ加速―鴻池・真鍋氏賛成の意向、与党過半数の場合」日経平成17年9月10日朝刊

だいぶ古い記事になってしまったが、気になっているもの 鴻池という参院議員が、今回の衆院総選挙の投票

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑