伊藤浩昭「民意束ねる機能衰え(激震「郵政解散」瀬戸際の改革②)」日経平成17年8月11日朝刊

公開日: : 最終更新日:2011/09/07 書評(新聞)

筆者は日経新聞の政治部記者
多数決と全会一致の違いは何か。昔、NHKの「その時歴史が動いた」で、パリ講和会議における牧野伸顕らの主張した人種差別撤廃の提案に対する”賛成多数での否決”を想起させる。また全会一致による賛成は否決する慣習を持つ社会もあると聞く
今回の事件のまとめはこんなところか;
自民党:都市部vs.農村部、大きな政府vs.小さな政府という構図での権力の移動。解散は暴挙だという声もマスコミ、野党、与党内”抵抗勢力”において当初あったが、そんなことはない。参議院で否決された以上、究極的に法案を通すために必要な、衆議院における2/3の賛成が現勢で現実的でないことから、衆議院での絶対多数を企図して解散するという説明もできるだろうし、大事な法案だから国民の裏書をもう一度得たい、という現在の自民党執行部の説明も理解できる。また、理由がなくても総理大臣は衆議院を解散する権限があるのだ、という説明でもいい。今回の動きで政党の理念の位置づけが明確になってきたのは高く評価
自民党反執行部:あれだけ郵政民営化を主張し続けた小泉氏が何度も選挙民および自民党員の信任を受けていたことや彼の性格を読めずに、おろかにも反対を声高に叫ぶ。自民党内でクーデターを行うことも、自民党から独立することも、または執行部にわびて復旧することもできない彼らに政治家の素質はない。端金を持って引退するか、端金を使って落選するかのどちらかだ。感情的には、組織に属し、そこから利益を受けている人間が、組織への批判を対外的に騒ぐことに虫唾が走る。政治とはいわゆるパフォーマンスということであれば、ある程度は仕方がないものなのでしょうか
公明党:個人的には評価を最も上げた政党。雑音はあったものの、党として一貫して郵政民営化に賛成、解散に賛成、選挙も自民党と歩調をあわせる堅固さ。都市部国民の代弁者としての性格が徐々に明確になってきた
共産党と社民党:現勢ではコメントに値しない
民主党:何もしていない。今回、最も私の評価を下げた政党。郵政関係従業員の利益代表との性格に縛られて郵政民営化の対案を出す気概もない政党が、今回の解散は政権を奪取するチャンスだとか、過半数を取れなければ党首を辞めるなど意気込んでみせるのは、失笑。私の周辺では、実は党首を辞めたいのではないか、との声もある。何を言わせても浮いて見える。自民党執行部が、”政権を握ることを最も重要とする自民党”との性格を改める動きを見せた今回、逆に政権を取ることに拘り過ぎたツケが今回出てきそう。その事実を垣間見させるのが今回の記事でもある

・郵政民営化法案を党議決定するかどうかを諮る自民党総務会を前に久間章生総務会長;「多数決で決めざるを得ないかもしれない」
・時間をかけて話し合えば折り合えたのか。久間氏は「これだけ大きな亀裂があると多数決はやむを得なかった。ハラをくくった」と振り返る
・意見集約できないのは自民党だけではない。民主党も安全保障をはじめ、一枚岩ではない
・実は民主党内は郵政民営化賛成派が少なくない。手を打たなければ賛否が分かれ、ハチの巣をつついたようになる。そう懸念した岡田克也代表は議論を避け、対決法案では必ず示してきた対案の提出を押しとどめた。逆造反なしに採決を乗り切った岡田氏は「出していたらこうならなかった」と漏らした

20050812235930

google adsense

関連記事

no image

幸田真音「改革が残した「忘れ物」(さらりーまん生態学)」日経平成17年12月1日夕刊

ちょっと古い記事だが、気になっていたので 言ってることが逆だろう。いままでが単純すぎてこうした側面を

記事を読む

no image

国定浩一「株は値下がりもある(十字路)」日経平成17年10月20日夕刊

企業買収が世間を騒がせている。明治からの日本における株式会社制度の歴史の中で見れば別に新しいことでは

記事を読む

no image

前田晃伸「銀行『冬の時代』を越えて②(ひとスクランブル)」日経平成18年4月25日夕刊

20060429023600 結局、日経夕刊はいくら梃入れされても読み応えを感じない。それどころか

記事を読む

no image

田勢康弘「言葉だけがうつろに響く―しっかりせよ民主党(核心)」日経平成18年2月27日朝刊

20060228021800 著者は本社コラムニスト。なんということもないコラムだが、次の言葉がよ

記事を読む

no image

盤側「外国法に学ばなくなった日本(大機小機)」日経2012/03/08

20120309013254 大機小機ほどいい加減なコラムはないと思っているが、昨日のはひどいにも

記事を読む

no image

財政取材班「民間流、事業は縮まない(財政 経済が問う)」日経平成18年6月14日朝刊

日経新聞って、こういう”官の無駄遣い”的な記事はよく見るが、今回のは圧巻 こういう土建バラマキなもの

記事を読む

no image

三宅伸吾「穴だらけ買収・防衛ルール、ドタバタ整備―想定外の行動に大慌て(法務インサイド)」日経平成17年8月15日朝刊

日経の企業買収に伴う法務の解説は基本的に感心しない。今回の記事もその1つ この記事に「ともに直前の金

記事を読む

no image

佐藤洋二郎「金の匂いする所、政治家あり(さらりーまん生態学)」日経平成18年2月23日夕刊

意味を感じられない文章。じゃあ、コメントしなければいいのにとは自分でも思うけど 著者は作家という。

記事を読む

no image

国定浩一「『ライブドア事件』の効果(十字路)」日経平成18年2月23日夕刊

著者は大阪学院大学教授 前にも、筆者のこのコラムに対する違和感を覚えて、メモしていたと思う(国定浩

記事を読む

no image

渡辺淳一「愛の流刑地」日経新聞文化面

全国紙の一番最後のページは、ふつうテレビ番組表である。私は大学生くらいまで、新聞は後ろから見るほうだ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑