三宅伸吾「穴だらけ買収・防衛ルール、ドタバタ整備―想定外の行動に大慌て(法務インサイド)」日経平成17年8月15日朝刊

公開日: : 書評(新聞)

日経の企業買収に伴う法務の解説は基本的に感心しない。今回の記事もその1つ
この記事に「ともに直前の金融庁の判断が違っていれば司法の結論も変わっていた可能性がある。」との主張がある。なぜそう思うのか
ビジネス側の感想をまとめ、予断とあわせて紙面を埋めただけという印象を持つ。行政や司法からは異なる感想があるのではないか
行政の見解と裁判所の判断が同一という事実が重なるのは、いずれも現状の理屈にあわせて解釈すると同じような結論に至るということではないか。行政は求められた見解を出すにあたっては司法に否定されて各方面に迷惑をかけないように公務員としての矜持をもって理屈の構成に汗を流すであろう。司法は、行政の見解に対しては、これに追従することなく、恣意的なものを排除するべく、独自の判断を行って法の支配の直截の担い手として力を注ぐのではないか。それがオーソドクスな結論にともに帰着することのほうが多いのではないか
このように国権分立の一態様として司法が行政に対する判断を行うことが予定され、実際に行政訴訟などで機能している以上、この記事のような主張はまず疑うべきである。この主張を行う者は、それなりに説得力ある立証を行わなければ読者の支持や共感はおろか、理解すら得られない
残念ながら、この記事にはその辺のサポートする事実の記載がまったく書かれていない。したがって、この記事はまったく信用できない。ニュースソースの秘匿で書けないのならそう表明すべきだ
マーケット欄や株価欄のない月曜日経の余白を埋める程度の雑文にも、もう少し神経を配ったらどうか。そのような内容が書けないのであれば、変な解説を入れるのでなく、各関係者のコメントなどを端的に紹介するような書き方にしてはどうか
・ニッポン放送、ニレコ、日本技開と、この半年間に司法の場に持ち込まれた買収・防衛関連の3案件のいずれも地裁では民事八部の鹿子木康氏が担当したが、直前の行政サイドの言動がその判断にも影響を与えたのかもしれない
・ニッポン放送事件では、ニッポン放送側はライブドアによる「時間外取引」が不当な買い占め行為だと主張したが、金融庁は早々と、「違法ではない」と国会答弁。地裁、高裁は行政判断を支持した
・TOB期間中を基準日とする日本技開の株式分割問題では、金融庁がTOBで分割後新株も対象にできるとの見解を司法判断の前に示した。先月29日の地裁決定はこの行政判断を認めたうえで、TOBへの影響は少ないとみて分割の差し止め申請を退けた
・ともに直前の金融庁の判断が違っていれば司法の結論も変わっていた可能性がある
・ニレコのケースも、地裁決定直前に経済産業省と法務省が公表した「買収防衛策に関する指針」補足説明において、社名こそ伏せたがニレコの防衛策をとりあげた。法廷闘争まっただ中に行政が先に「不公正」と断じる動き
・できれば、政策関係者や自主規制団体の証券取引所が想像力を働かせて攻防の構図をきちんと予測し、攻守バランスのとれた事前ルールを早急に整備するのが望ましい。その都度ドタバタするのは効率が悪い…奇麗事かつ危険。このようなルール作りが経済活動に関する国民の自由を阻害する可能性を恐れる。言論の自由という武器の行使をこれまで一身に担ってきた新聞社が、規制を作れとは如何。「きちんと予測」って簡単に言うけど、やる方はたまったものではない。こちらのほうが効率が悪い。「想像力を働かせて」というのが幼稚。事実に立脚して必要なものだけ決めたらいい。このまま訳の分からない想像力の産物のルールを作ることこそ、「大慌て」の形容が似つかわしい
200508160748074912

google adsense

関連記事

no image

渾沌「資産運用産業の時代への備え(大機小機)」日経2012/2/29

20120328000736 「公正な価格形成の阻害など公益を害する行為にプロ向けもアマ向けもない

記事を読む

no image

国定浩一「マネードラマの結末を懸念(十字路)」日経平成18年5月23日夕刊

著者は大阪学院大学教授。このコーナーのこの人の書き物を何度か気になってメモしてきた "国定浩一「『

記事を読む

no image

三宅伸吾「夢真、日本技開に敵対的TOB―行政に強気対応、ルール生む(ニュースの理由)」日経平成17年7月26日夕刊

昨日の日経夕刊で面白い記事があった。著者は日経の編集委員 夢真ホールディングスによる日本技術開発に対

記事を読む

no image

岩倉正和「村上ファンド問題の真の意味(十字路)」日経平成18年5月31日夕刊

20060603000100 筆者は確か、かの岩倉具視の子孫だと記憶している。まあ、お公家の家柄で

記事を読む

no image

「会社とは」取材班「買収は『漢方薬』で防ぐ(会社とは何か)」日経平成17年6月24日朝刊

この特集記事は良くできていて興味深く読んでいる。この中に、少し古いだがどうしても忘れられない記事があ

記事を読む

no image

「郵政法案、成立の流れ加速―鴻池・真鍋氏賛成の意向、与党過半数の場合」日経平成17年9月10日朝刊

だいぶ古い記事になってしまったが、気になっているもの 鴻池という参院議員が、今回の衆院総選挙の投票

記事を読む

no image

国定浩一「株は値下がりもある(十字路)」日経平成17年10月20日夕刊

企業買収が世間を騒がせている。明治からの日本における株式会社制度の歴史の中で見れば別に新しいことでは

記事を読む

no image

網干勝弘「奮闘 子育て主夫(生活ファミリー)」日経平成18年5月31日夕刊

日経夕刊は家庭、家族や女性にまつわる記事が多い。日経によれば、そういうのは経済新聞は夕刊でとりあげる

記事を読む

no image

前田裕之「人間発見 ガリバーインターナショナル会長 羽鳥兼市さん 車の流通改革へ走る(4)」日本経済新聞2012/09/13夕刊

20120917011439 結局、人間の行動の原因は心持ちひとつなんだと思う事例 人が何と言お

記事を読む

no image

豊田泰光「名前だけで勝負する勇気(チェンジアップ)」日経平成18年2月16日朝刊

20060227023600 スポーツにあまり興味なく、通常、日経のスポーツ欄は読み飛ばしている。

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑