前田昌孝「なぜか人気の『毎月分配』―合理的経済人はどこに(迷解迷答現代けいざい学)」日経平成17年8月17日夕刊

公開日: : 最終更新日:2011/09/07 書評(新聞)

先日に読んだ本は為替に関する効率的な投資を行うためのものだった。ここで、銀行の提供する外貨預金がいかに不合理なものであるかの説明があった。この手の、手数料の法外な高さや商品設計に不合理な金融商品は多い。先日も、商品オプションの電話勧誘があって話を聞いたところ、数十万円のオプションをアメリカで買うのに、往復でその10%程度の3万円強の手数料がかかるということだった。オプションに対する懐疑、原油に関する土地勘のなさ、手数料の高さ、から取引はお断りした
この記事で紹介されているのは、いま大人気の毎月のように頻繁に分配金が支払われるタイプの投資信託の不合理さである。これはこの記事の主題でなくあくまで導入部の話題であるものの、気になって仕方がない。これだけで大きなイッシューだ。大方、「毎月配当が振り込まれますのでお小遣いのようにお楽しみいただけますね」みたいな合意があるのだろう。これって、大の大人がアホかと思う
昔読んだ、週刊ダイヤモンドの山崎元さんのコラムでも、この事実を指摘して、「金融商品は、純粋に利益を得るためのものだから、他の商品のような情緒的な”金銭的価値以外の部分で高くても買いたい”というような価値がない(か極めて小さいはずだ)。だからそのような観点から明らかにおかしい金融商品を販売するのは問題があるのではないか」という話があったように記憶している。ちょっと記憶が曖昧なので論旨は若干違ってるかも
連想としては、「10年間事故(病気)がなければボーナスが支払われます」みたいな、掛捨てでないタイプの保険商品も気になる。基本的には保険商品には保険機能しか求めないほうがよさそう
・この投資信託は分配の頻度によって信託報酬に差を付けていないので、本来は投資家の受取額に大差はないはず。しかし、同時期に同金額を買ったとして投資家の立場でシミュレーションをしてみると、やはり分配の頻度が多いほど最終的な受取額は少なくなる
・分配金を受け取るたびに税金を天引きされ、運用原資が減るし、振込手数料なども負担が必要な場合があるからだ。他の金融商品も一般に「利払いや分配の回数が多い方が手取りは目減りする」(大手銀行)
・人間の実際の行動は「合理的経済人」とはかけ離れていて、多種多様で矛盾に満ちているから、さまざまな商品やサービスが成り立つともいえる。金融商品だけは今まで顧客に合わせる工夫が少なすぎた。もちろん個人の錯覚を利用しておかしな商品を販売するのはご法度だ
20050819001911

google adsense

関連記事

no image

西田睦美「民意に応え改革徹底を 2/3の衝撃(1)再出発の小泉政権」日経平成17年9月13日朝刊

筆者は編集委員。マスコミの低レベルな論説の中、これは比較的よい記事だった 日曜日から報道を気にして

記事を読む

no image

幸田真音「改革が残した「忘れ物」(さらりーまん生態学)」日経平成17年12月1日夕刊

ちょっと古い記事だが、気になっていたので 言ってることが逆だろう。いままでが単純すぎてこうした側面を

記事を読む

no image

盤側「村上ファンドと民主主義(大機小機)」日経平成17年11月11日朝刊

そもそも大機小機が匿名を前提なので、そう目くじらを立てる必要もないのかもしれないんだけど。影響力もあ

記事を読む

no image

佐藤洋二郎「金の匂いする所、政治家あり(さらりーまん生態学)」日経平成18年2月23日夕刊

意味を感じられない文章。じゃあ、コメントしなければいいのにとは自分でも思うけど 著者は作家という。

記事を読む

no image

財政取材班「民間流、事業は縮まない(財政 経済が問う)」日経平成18年6月14日朝刊

日経新聞って、こういう”官の無駄遣い”的な記事はよく見るが、今回のは圧巻 こういう土建バラマキなもの

記事を読む

no image

記者名無し「ハイウェイカード、来月15日に販売終了―利用も3月末停止」日経平成17年8月12日朝刊

この記事を見て、一消費者として、どう動くか。ある消費者の事例の紹介 私は車を持たず、必要に応じてタ

記事を読む

no image

城下賢吾「短期取引の弊害(十字路)」日経平成17年11月4日夕刊

筆者は山口大学経済学部教授という。個人投資家の株式投資のしかたについてのコラム。端的に言って意味不明

記事を読む

no image

盤側「外国法に学ばなくなった日本(大機小機)」日経2012/03/08

20120309013254 大機小機ほどいい加減なコラムはないと思っているが、昨日のはひどいにも

記事を読む

no image

田勢康弘「言葉だけがうつろに響く―しっかりせよ民主党(核心)」日経平成18年2月27日朝刊

20060228021800 著者は本社コラムニスト。なんということもないコラムだが、次の言葉がよ

記事を読む

no image

三宅伸吾「夢真、日本技開に敵対的TOB―行政に強気対応、ルール生む(ニュースの理由)」日経平成17年7月26日夕刊

昨日の日経夕刊で面白い記事があった。著者は日経の編集委員 夢真ホールディングスによる日本技術開発に対

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑