藤原和博「味方をふやす技術」ちくま文庫

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(書籍), 藤原和博



平易な記載。内容がおもしろく、かつ思索の浅い大衆にとってなかなか示唆に富む。社会人についての絶妙な分類あり、豊かに生きるためのヒントあり。一読に値する。ただ、なんか、タイトルと内容が違うような気がするんです


著者の本は、最近、立て続けに読んできた。意識的に追いかけているということもなく、偶々というか、行き掛かり上というか、折角なので、という感じで、じゃあこれも読んでみましょうかと


これまでに読んだのは、「給料だけじゃわからない!」と、「建てどき」、「お金じゃ買えない。」。このうち、「建てどき」以外の2冊と本著をあわせて”[よのなか]の歩き方シリーズ3部作”ということだ。3部作など読んだのは大学時代の村上春樹以来かも知れない


まだ積読状態にあるものに、「人生の教科書」、「サクラ、サク」、「人生がつまらない人へ」があると記憶している。なんでこんなに買ってしまったんでしょうか。素晴らしい


それでは、ファンか、と聞かれると違うと答える。また、考え方に同意するかと聞かれると、8割方は同意するが、いくつか決定的なところで大きな異論があるという感じがしている。特に、ビジネスを進める際の人の使い方、会議の重要性、雇用する会社と雇用される一個人との距離感など


まあ、なんだかんだ言っていても、これだけ著作を読んでいるのだから、著者の力に魅入っているのだろう。ただし、だいぶ慣れてきたというか、悪くいえばマンネリというか、良くいえば理解が深まってきたというか、内容面でのテイク・ノートは相当減ってきた




p56.佐藤正明さんは、取材中一切メモを取らない。「私自身が彼の話の中でどの部分を記事にしたいと思っているか、相手に悟られてしまうのがいやなんですよ」


p76.「集会」、「総会」、「報告会」、「勉強会」、「連絡会」などは、自己満足以外の価値を外部に生み出すことなく、ただただ消費されている。これから仕事の主人公になろうとする人たちは、近づかないほうがいいだろう




…再三、意見を異にするところ




p79.”創造性”とは、決してレポート作成能力のことを言うのではなく、”実行力”とともにあるのだから




…意味が取れません




p81.会食の翌朝、先を争うようにお礼の電話をかけること。お礼の電話を受ける方の立場になってみると、会った翌朝電話をもらうのは結構うっとうしい…強く同意


p96.”カイゴロシ星”と”カラマワリ星”は互いの重力で引っ張り合いながら自転する姉妹星だ




…余計で惑わす文章。いらない




p106.働きかけ働きかけられる相互行為が、愛情の本質的な体系だとすると、私たちは、私たちの生きる時代によって重大な挑戦を受けていることに気付く。今やほとんど働きかけずともよい環境の中に私たちは生きているからだ




…フムフム。いろいろと連想が及ぶ




p123.3人の創業者「いいことは会議なんかにかける必要ないだろ。すぐやりゃあいいんだから。潰したいことだけは会議にかける。そうすれば、みんなに意見を出させた上で、『答えを出すにはさらに検討が必要だ』と流してしまえるから」


p132.「本当の私」は唯一のものであって、絶対的な「ひとつだけの存在」だと考えてしまうと、このように自分探しの無間地獄は続く




20050831215427


google adsense

関連記事

no image

中山真敬「たった3秒のパソコン術」三笠書房知的生きかた文庫

20090226215800 ときどき、こういうのを虚心坦懐に眺めてみるのもいい。パソコン

記事を読む

no image

サイトウアキヒロ「ゲームニクスとは何か」幻冬社新書

任天堂のDSやWiiを賞賛する。ゲームの作り方がビジネスに参考になるという。確かにそう思うけど、牽強

記事を読む

no image

松田道雄「定本育児の百科」岩波書店

多世代が同居しない家庭で育児を行うとき、この本を買わなければならない 育児本の古典。著者は数年前に亡

記事を読む

no image

森岡孝二「働きすぎの時代」岩波新書

岩波新書を読んだのは久しぶりな気がする。この本は、タイトルのような問題意識を持つ者にとっての勉強の取

記事を読む

no image

林田正光「リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと」あさ出版

ホテル勤務経験の長い著者による接客サービス術に関する知見の集大成。頷ける記述が多く、買って正解。

記事を読む

no image

山鳥重『「わかる」とはどういうことか』ちくま新書

アカデミックに書いてあり、いちいち納得がいく。しかし、よく考えてみれば当たり前と思われるようなことだ

記事を読む

no image

林成之「勝負脳の鍛え方」講談社現代新書

筆者をテレビの特集で見たことがあると思う。脳外科の救急病院で、従来では助からないような脳障害の救急患

記事を読む

no image

ピーター・アーネル「人生を無理なく変えていく「シフト」の法則」ハヤカワ新書

内容はおもしろかったんだけど、メモをとってみると、それほど有益なようには見えなかったりする。翻訳に苦

記事を読む

no image

吉本佳生「投資リスクとのつきあい方(上)」講談社+α文庫

株式投資において、投資しようとする銘柄のリターンを想定して、ボラティリティを算出して、正規分布に当て

記事を読む

no image

著者本人の視点/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房④

20130323013620 著者の作家本人の視点での経験を教えてくれるのが面白い 入学

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑