西條都夫「自動車産業、勝負の分かれ目―日本勢「鍛錬」重ね快走(経営の視点)」日経平成17年8月29日朝刊

公開日: : 最終更新日:2011/09/07 書評(新聞)

著者は、編集委員
こういう「まじめさ」や、「継続性」を肝に銘じたい。時節柄思い出すのは、義務教育のときの夏休みの宿題。最後の数日で追い立てられるようにやっつけていく、心臓に悪い行動様式をとった性質の私。大昔のことを反省しても仕方がない。いまは大分違う人間になった、と思いたい
この記事ではホンダ関係者から聞いた話がベースになっている。そして、日産もそうだと付言されている。トヨタが触れられていないが、「カイゼン」で有名なトヨタはいうまでもないだろう。この時期、この記事もレクサスへの餞のようにも読める
トヨタのこの辺については、「トヨタ自動車社長渡辺捷昭(Key person interview)」週刊東洋経済2005.7.23「平野幸久氏 空港も顧客満足追求(編集長インタビュー)」日経ビジネス2005年5月30日号でも見てきた
「信頼」という言葉がある。ビジネスで若手がヘマをして「信頼」を失ったとき、「どうやったら信頼を回復したことになるのか?」と、よく問い詰めていたものだ。私としても自分なりの回答も持ち合わせないまま。この類のことは誰も明確にしてくれないし、国語辞典を読んでも、ストンと腹に落ちてこない、生煮えの、無難な、単なる言い換えの説明しかなされていない
それが、ある日、ある本を読んでいて、自分なりにこの疑問が氷解し、軽く開眼した気になった。理系による「信頼」の定義は「再び同じことが発生すること」なのだという
この定義によると、「信頼」には、”まじめに研鑽した結果、常に成果を出すことができる、したがって彼に任せればうまくやってくれる”という正の信頼がある一方で、”こいつにやらせると、いつも何かしらヘマをしてくれる”という負の信頼がある気がする
成功するかもしれないし、失敗するかもしれない。どちらの目が出るかわからない。そういう仕事の仕方は、いい意味でも悪い意味でも「信頼」がないということになる。「悪い信頼」は、それはそれで役に立ちそうだ。例えは変だが、子供向け正義ヒーロー物フィクションでは、悪役は常に正義に負けることになっており、勝ってもらっては困るのである。ヤッターマンとドロンジョさまのような
もちろん通常は、人が信頼されるということは、成功を続けることだ。成功し続けること、つまり実績を積み上げることは難しいけど、1回でも失敗することは簡単である。だから信頼を得るのは困難を極める半面、それを毀損するのは極めて容易なのだ
・ホンダの米国事業のトップを16年間務めた雨宮高一前副社長に「米国は自動車の母国なのに、米ビッグスリーはどうして弱体化したのでしょう」と聞いた。答えはシンプル。「まじめさが足りなかったから」
・GMのリチャード・ワゴナー社長(当時)は「ハイブリッド車を今年末から発売し、07年には100万台売る」と大々的にぶち上げたが、いつまでたっても実車は発売されず、その間に日本勢がハイブリッド市場で着々と地歩を固めた
・雨宮氏は「夏休みの宿題」とも表現する。投資家に何を言うか、自動車ショーで何が受けるか―。それは必死に考えるが、いざことが済めば本来の課題は置き去りにされがち。「夏休みの終わりにあわてて宿題を仕上げても、その後も継続しないと実力はつかない」
・製造業研究の第一人者である藤本隆宏・東大教授が提唱する「体育会系の戦略論」。その本質は宮本武蔵の『五輪書』が説く「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とせよ」のメッセージに近い。地道にひたすら改善を積み重ね、自社の能力を高める。それが大型買収や華麗なブランド戦略を上回る威力を発揮し、じわじわシェアを上げる。日本車の強みは際だち、世界的なプレゼンスは一段と高まる予感がする
20050902005843

google adsense

関連記事

no image

財政取材班「民間流、事業は縮まない(財政 経済が問う)」日経平成18年6月14日朝刊

日経新聞って、こういう”官の無駄遣い”的な記事はよく見るが、今回のは圧巻 こういう土建バラマキなもの

記事を読む

no image

豊田泰光「名前だけで勝負する勇気(チェンジアップ)」日経平成18年2月16日朝刊

20060227023600 スポーツにあまり興味なく、通常、日経のスポーツ欄は読み飛ばしている。

記事を読む

no image

岡田真知子「株主総会、意外にお得?」日経平成18年5月28日朝刊

今日はライブドアの株主総会だったという。ライブドアは株式分割を繰り返し、最終的には数百円で一単元を取

記事を読む

no image

文鳥「民営化の大義(大機小機)」日経平成17年7月26日朝刊

日経新聞のマーケット面左上にある「大機小機」。それなりの名士が持ち回りで時事に対する評論を行う。匿名

記事を読む

no image

「日本電産社長永守重信(5)我流の書(こころの玉手箱)」日経平成18年2月17日夕刊

日経夕刊の紙面が新しくなったという。が、あんまりパッとしない。デザインな改善はある。でも、内容は大し

記事を読む

no image

岩倉正和「村上ファンド問題の真の意味(十字路)」日経平成18年5月31日夕刊

20060603000100 筆者は確か、かの岩倉具視の子孫だと記憶している。まあ、お公家の家柄で

記事を読む

no image

伊藤浩昭「民意束ねる機能衰え(激震「郵政解散」瀬戸際の改革②)」日経平成17年8月11日朝刊

筆者は日経新聞の政治部記者 多数決と全会一致の違いは何か。昔、NHKの「その時歴史が動いた」で、パ

記事を読む

no image

城下賢吾「短期取引の弊害(十字路)」日経平成17年11月4日夕刊

筆者は山口大学経済学部教授という。個人投資家の株式投資のしかたについてのコラム。端的に言って意味不明

記事を読む

no image

国定浩一「マネードラマの結末を懸念(十字路)」日経平成18年5月23日夕刊

著者は大阪学院大学教授。このコーナーのこの人の書き物を何度か気になってメモしてきた "国定浩一「『

記事を読む

no image

福井秀夫「厳しい解雇規制見直せ(経済教室)」日経平成18年4月28日朝刊

経済教室は、余裕があればぜひ読んだほうがいいが、果たして全部読んでいる人がどれくらいいるのだろうか。

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

ワイモバイルにMNP

20181104115802 この記事を見て、小一時間考えてMN

ドコモに3回線MNPの顛末(2018/09)

20181029231515 ちょうど1カ月が経つので、思いつく

キャッシュレスまたはクレジットカード

20181023225403 政府がキャッシュレスを進めているみ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑