アンソニー・ロビンズ「人生を変えた贈り物」成甲書房

公開日: : 最終更新日:2012/04/26 書評(書籍)



忘れていた元気と快活さを思い出させてくれるような本。いいねえ。筆者の紹介において、極めて高名な人に対して教えを与えてきたということで、その歴々に驚く。米国では相当に有名な人なんだろうという感じはある。そして本もたくさん出しているということだ。そのエッセンスをまとめたのがこの本というのも、その内容の洗練さを見ると納得する。数時間で読み終わる分量ながら、読後の満足感がある


カーネル・サンダースの話はこれに所収だったか。この本を手にする前に、別の本でも読んだような気がする。ロバート・キヨサキに負けず、こちらも古今東西の引用があり、勉強になる。ホンダの話、塞翁が馬の話。10代の頃に多読したというのも頷ける


装丁がきれいだ。挟み込まれた紙の栞も役に立ちそう。それ以外に紐のしおりもついている




p35.トーマス・エジソン。わたしは決して落ち込んだりしない。うまくいかない方法を一つ捨てるたびに、また一歩前進しているのだから


p39.「すばらしいチキンのレシピがあります。これを使えば売り上げが伸びるはずです。伸びた分の何%かをわたしにください」「わかったよ、じいさん。とっとと帰ってくれ。その間抜けな白いスーツはいったい何なんだ?」。サンダースはあきらめただろうか。もちろんノーだ


p40.1,009回、2年間もノーという返事を聞き続けられる人がどれほどいるだろうか。だからこそ、カーネル・サンダースは1人しかいないのだ


p41.ウォルト・ディズニーは、あの「世界でいちばん幸せな場所(ディズニーランド)」を作ろうとしたとき、その夢への資金提供を、実に302回も断られた。どの銀行からも、頭がおかしいと思われた。だが、そうではなかった。ディズニーにはビジョンがあった。そして何よりも、夢を実現するという固い意志があった。現在では数百万、数千万もの人々が、あの「ディズニーの喜び」のなかで、この世に二つとない世界をわかち合っている。その世界は、一人の人物の決意によって実現したものなのだ


p47.こうして若者は努力を続けた。最初は何の成果もなかったが、最後には報われた。今日、彼の音楽は世界中に知れわたっている。この若者の名は、ビリー・ジョエルといった


p48.成功は正しい判断の結果であり、正しい判断は経験の結果である。そして経験は、ほとんどの場合、誤った判断の結果である


p57.ホンダはすばらしいアイデアを思いついた。日本中の自転車店主に手紙を書くことを決断し、「わたしは日本を立て直す方法を思いつきました。バイクは安価で、これに乗ればどこへでも行けます」と訴えた。そのうえで、投資を呼びかけたのである。手紙を受け取った自転車店1万8,000軒のうち、3,000軒がこの呼びかけに応えてくれた


p60.人生を変えるただひとつの方法は、本物の決断をすることだ。本物の決断とは、必ず実現させると決めたこと以外、すべての選択肢や可能性を切り捨てるということだ


p68.一部の多重人格者は、自分が別の人格になったと信じると、脳がある種の指令を出し、生化学反応までまったく変わってしまう。すると人格が切り替わるのに合わせて、実際に目の色まで変わるというのである。信じる力は心臓の鼓動にまで影響する。ヴードゥー教を本当に信じている者は「呪い」をかけられると本当に死んでしまう。呪いのためではなく、自分で自分の心臓に対して「止まれ」という問答無用の指令を出してしまうからだ


p70.聖アウグスティヌス。信仰とは、まだ目にしていないものを信じることである。そうした信仰の見返りは、信じるものが見えることである


p82.「スリップし始めると、ほとんどの人は、いちばん怖いものに意識を集中します。つまり、壁を見てしまうのです。でもそうではなくて、自分の行きたい方向へ意識を向けなければいけないのです」


p89.強制収容所で死んでいった数百万人とスタニスラフスキー・レホの運命を分けたものは何だったのだろう。もちろん、さまざまな要因があったことは明らかだ。だが一つ確かなのは、彼がほかの者とはまったく違う問いかけをしたことだ。しかも、繰り返し繰り返し、必ず答えが見つかると信じて問い続けたのである


p103.自分の人生を変える重要な方法の一つが、体の動かし方や身振り手振り、話し方などを変えることだった。実際にやってみると、体の動かし方を変えるだけで、自分はこうありたいのだというメッセージが自分の神経システムを通じて本当に脳へと送られていった。感情や心の持ち方が変わり、力強い考え方ができるようになった。行動も、パワフルで前向きで積極的なものになっていった


p113.「ねえ、あんまり長く待たされると<ちょっとヤダ>なあ」フロント係は顔を上げ、とっさにどう反応していいかわからず、思わず笑顔を見せた。わたしも、つい笑顔になってしまった


p117.ネガティブな感情や表現のポジティブな言い換え語句:目が覚めた、行動の前の静かな時期だ、実現が遅れている。気づきがあった、少し香りがある、学びがあった


p124.マーチン・シーンに対する妻ジャネットの呼び掛け「これは映画なのよ!ただの映画なのよ!」その瞬間、自分は大丈夫だと思った、とマーチンは語っている。声を出して笑うことはできなかったが、微笑むようになった。そして笑顔とともに、快復が始まった


p132.成功する人は例外なく、つねに全力を傾けて、少しでもよくなろうとしている。単にうまくいっているというだけでは決して満足せず、つねにもう一歩上を求めていく。「継続的な、終わることのない改善(constant and neverending improvement)」というこの哲学を、わたしは英語の頭文字から「CANI!」TMと名づけた


p136.ミッチェルはまず、自分でも本当に達成できるとは思えないような大きな目標を設定した。そして、何があってもその目標を実現すると決意した。次にそれを小さな、噛み砕けるサイズの塊に分けていって、実現できると信じられる大きさにした。そのうえで、わずかな、ほんの少しの行動を毎日必ず実行し、だんだんと、よりダイナミックな行動ができるようになっていったのだ




20051003233329


google adsense

関連記事

島田荘司「占星術殺人事件 改訂完全版」講談社文庫

20140503161435 占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)著者 : 島田荘司講談社発

記事を読む

no image

野村正樹「「鉄道式」時間活用術」講談社

最近、この本の文庫版が出たような気がする。それを契機に昔から気になっていたこの本を読んでみた 目の

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫

20111223080312 福島の原子力発電所が事故になったせい、関東で電力供給が悪くなり、さら

記事を読む

no image

大竹文雄「競争と公平感」中公新書

20120319221749 中公新書って、その装丁のリジッドな割には、中身は平易ですらすらと読め

記事を読む

no image

橋元淳一郎「時間はどこで生まれるのか」集英社新書

20080929060000 一応通読したけど、概観しかないので、それだけではまだまだ難し

記事を読む

no image

菅原健介「羞恥心はどこへ消えた?」光文社新書

確か、どこぞの新聞か雑誌で紹介されていたから、読んでみたもの。タイトルがなかなか魅力がある 新書に

記事を読む

Dustin Boswellほか「リーダブルコード」オライリージャパン

20140215005631 リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテク

記事を読む

no image

橋本努「自由に生きるとはどういうことか」ちくま新書

全体としての統一感というか、結局この本の主張が何かがイマイチわかりづらい。著者の博覧強記振りは分かる

記事を読む

no image

2万円カー編集委員会「2万円で車を買う!」山海堂

20090415221043 タイトルがやっぱり気を惹く。こういう「なんとか編集委員会」的

記事を読む

no image

タル・ベン・シャハー「ハーバードの人生を変える授業」大和書房

原題はEven Happierらしい。しかし、邦訳では、ハーバード大学の講座の内容であることの宣伝が

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑