山崎元「『株式投資はバクチだ』と説明してはどうか(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2005/10/22

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド, 山崎元

いつものことながら、いい題材を取り上げて、絶妙な説明をなさっている。この「バクチです」については、同感。数年前からか、理解してもらおうと変に難しく説明するよりも、こうしたほうが肩の荷が下りるような感じでいいのではないかと考えてきた。その代わりにはよい比喩で説明してあげれれば、無効化する。こういうとき嫌なのは、マスコミによくある、言葉に悪いレッテルを貼って意識的に使い、または関係者に常に同じ言葉を投げかけることで、よろしくないイメージを作り上げることだ。何を言いたいかというと、例えば、衆院選の開票特番で一部のマスコミが落選の可能性が高いライブドアの堀江貴文氏に向かって、「この総選挙の収支はどうでしたか。儲かったのですか」とか「この立候補でライブドアの株価がまた上がったのではないですか」というような感じ
ここでは、タイトルに諦念があるかと思いきや、違う。たった1ページの紙面で効果的にバクチと株式投資の違いを説明できている。その返す刀で株式に比較してパッと見アレルゲン性の低い為替について、実は株式よりもバクチ性があり、かつ、有利性の低いものだという指摘をしている。この論点が最後に来ており、実はこれこそが、このエッセーの最重要なポイントではないかとも思わせる
著者によるこのコーナーを過去に2度取り上げている。”山崎元「株式投資と経営者の人物評価について」週刊ダイヤモンド2005/05/28”と”山崎元「一般株主は企業防衛策を歓迎しない」週刊ダイヤモンド2005/06/11”。いつも私の感覚と非常に近いところがあるので
私の言い方では、現在のところこうなる。株式は不思議な動きをし、需給がもっとも多く物を言うような気がしている。しかし、そうは言っても企業に対する所有持分だ。企業の中の人ががんばっているのだから、人間の営為を信じる限りは業績も上がり、株は上がるはずだ、となる
ただ、私はストックオプションを好まない
・「はい、確かに株式投資はバクチです!」というところから話をしたほうがいいのではないかと最近考えるようになった
・株式投資の結果は不確実。しかし、期待リターンがあるので、その分は「有利なバクチ」になる。1年の期待リターンが5%でリスクが25%であれば、100のものが1年後には「130か80か」になる
・5%部分は投資先企業が利益を稼ぐこと。この有利性は時間とともにその幅を拡大すると期待される。企業が利益を稼ぐには時間がかかるから当然のこと。だから資金を投じて「持っていること」が株式投資の本来の姿
・短期間に売買するのは、このプラス部分がない中でのゼロサムゲーム。売買手数料だけ不利なバクチ。
・外国為替も短期売買と同じ。「リスクに見合うだけのリターンがあるはずだ」と理論上いえる生産活動への資本提供、すなわち「投資」ではない。ここに誤解が多い
20051017013555

google adsense

関連記事

no image

中島募「政府がNHKに拉致問題の放送を命令 効果を期待、57%が賛成」日経ビジネス2006年11月27日号

20061130001000 当のNHKを初めとして、こういう「報道の自由」に触りそうな事件につい

記事を読む

no image

井上裕「金川千尋氏 最後は経営力で勝つ(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年3月6日号

昨日の"宮東治彦・小笠原啓「成長の限界に挑んだ信越化学 金川千尋怒りの経営」日経ビジネス2006年3

記事を読む

no image

佐々木常夫『「捨てる仕事」を決める――出ない、会わない、読まない(ワークライフバランスを実現する仕事術)』週刊東洋経済2009.6.13

今日はone by oneで ・出なくて済む会議はできるだけ出ないようにしてきた。組織横断的会

記事を読む

no image

山田昌弘「『女ー女』格差の出現という難題(The compass)」週刊東洋経済2007.11.3

20080612060000 おもしろい分析だ。最初は、すごい20代女性の身勝手、と思ったが、社会

記事を読む

no image

予期せぬ国債暴落が招く日本経済「没落」のシナリオ(特集/検証!大増税) 週刊東洋経済2012.2.4

20120220012254 先日に読んだ本ではアメリカのケースが触れられていたので、ここ

記事を読む

no image

篠原匡「マネジャーを助けるトラッカー 抜け漏れ防ぐ”追跡者”(経営新潮流)」日経ビジネス2012.1.16

20120218102525 プレイングマネジャー。プレイに夢中でマネージが疎かになる。このマネジ

記事を読む

no image

田村俊一、小谷昌幸「検証・オリンパス問題 働かなかった外部チェック」日経ビジネス2011.12.26・2012.1.2

20120104090409 見えている会社や国民の困窮に手をさしのべることは、目の前のことであっ

記事を読む

no image

梯郁太郎「ロックウォーク殿堂入り「ライフワークは音楽」 長老智慧」週刊東洋経済2007.6.23

20070627033300 こういう長期の見通しというのは大事 ・社名のローランドという言

記事を読む

no image

田中陽「高田明氏 思いを電波に乗せて売る(ひと劇場 地方の異能経営者)」日経ビジネス2007年3月12日号

ジャパネットたかた社長の話。文章が上手だった。というよりも題材が良すぎた? 私が、心を揺すぶられる経

記事を読む

no image

佐藤嘉彦「江南特殊産業(自動車用樹脂部品向け金型の製造・販売)「失敗でできた穴」で世界一(小さなトップランナー)」日経ビジネス2007年3月19日号

20070417221700 このコーナーは週により、すごくおもしろいときと、読まずに飛ばしたくな

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑