山崎元「『株式投資はバクチだ』と説明してはどうか(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2005/10/22

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド, 山崎元

いつものことながら、いい題材を取り上げて、絶妙な説明をなさっている。この「バクチです」については、同感。数年前からか、理解してもらおうと変に難しく説明するよりも、こうしたほうが肩の荷が下りるような感じでいいのではないかと考えてきた。その代わりにはよい比喩で説明してあげれれば、無効化する。こういうとき嫌なのは、マスコミによくある、言葉に悪いレッテルを貼って意識的に使い、または関係者に常に同じ言葉を投げかけることで、よろしくないイメージを作り上げることだ。何を言いたいかというと、例えば、衆院選の開票特番で一部のマスコミが落選の可能性が高いライブドアの堀江貴文氏に向かって、「この総選挙の収支はどうでしたか。儲かったのですか」とか「この立候補でライブドアの株価がまた上がったのではないですか」というような感じ
ここでは、タイトルに諦念があるかと思いきや、違う。たった1ページの紙面で効果的にバクチと株式投資の違いを説明できている。その返す刀で株式に比較してパッと見アレルゲン性の低い為替について、実は株式よりもバクチ性があり、かつ、有利性の低いものだという指摘をしている。この論点が最後に来ており、実はこれこそが、このエッセーの最重要なポイントではないかとも思わせる
著者によるこのコーナーを過去に2度取り上げている。”山崎元「株式投資と経営者の人物評価について」週刊ダイヤモンド2005/05/28”と”山崎元「一般株主は企業防衛策を歓迎しない」週刊ダイヤモンド2005/06/11”。いつも私の感覚と非常に近いところがあるので
私の言い方では、現在のところこうなる。株式は不思議な動きをし、需給がもっとも多く物を言うような気がしている。しかし、そうは言っても企業に対する所有持分だ。企業の中の人ががんばっているのだから、人間の営為を信じる限りは業績も上がり、株は上がるはずだ、となる
ただ、私はストックオプションを好まない
・「はい、確かに株式投資はバクチです!」というところから話をしたほうがいいのではないかと最近考えるようになった
・株式投資の結果は不確実。しかし、期待リターンがあるので、その分は「有利なバクチ」になる。1年の期待リターンが5%でリスクが25%であれば、100のものが1年後には「130か80か」になる
・5%部分は投資先企業が利益を稼ぐこと。この有利性は時間とともにその幅を拡大すると期待される。企業が利益を稼ぐには時間がかかるから当然のこと。だから資金を投じて「持っていること」が株式投資の本来の姿
・短期間に売買するのは、このプラス部分がない中でのゼロサムゲーム。売買手数料だけ不利なバクチ。
・外国為替も短期売買と同じ。「リスクに見合うだけのリターンがあるはずだ」と理論上いえる生産活動への資本提供、すなわち「投資」ではない。ここに誤解が多い
20051017013555

google adsense

関連記事

no image

鈴木棟一「靖国参拝を強行する小泉首相の新の狙い(新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2006/07/08

週刊ダイヤモンドは終わりに近づくに連れ、読み応えのある内容となっているのが興味深い雑誌である。最初の

記事を読む

no image

又吉龍吾「”外弁慶”スバルが挑む国内販売テコ入れ大作戦(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2012/03/03

20120821234825 こういうアイデアはテイクノート ・日産自動車やホンダも独自

記事を読む

no image

兵頭誠「自主独立、みずほに溶け込まない」日経ビジネス2009年6月22日号

20090622213826 経営統合するというのに、関係が保たれる理由が、その下の事業会社が別だ

記事を読む

山と渓谷2014年01月号

20140412101940 山と溪谷 2014年1月号著者 : 山と渓谷社発売日 : 2013-

記事を読む

no image

ロバート・フェルドマン「著名エコノミストが教える1分間プレゼン力の養成法(特集 最強のレバレッジ勉強法)」週刊ダイヤモンド2008/11/29

20091011182412 自分ブランドの作り方として、外見にワンポイント、アクセントをつける。

記事を読む

no image

小島健志『プラチナバンド争奪戦で露呈した「電波オークション導入」の欺瞞(Close Up)』週刊ダイヤモンド2012/01/21

20120129234033 高級官僚には、利権で儲けるのでなく、俸給を極めて高額にすることによっ

記事を読む

no image

宮東治彦「新春特別対談 歴史に探る国と企業の盛衰の理」日経ビジネス2006年12月25日・2007年1月1日号

記事は少し古くなる。年初の日経ビジネスにおけるカルロス・ゴーン氏と塩野七生氏の対談より 年末年始に活

記事を読む

no image

澤上篤人「interview 澤上さん、それでも日本株で資産を作れるのですか(特集/遠ざかる年金<全対策>)」週刊東洋経済2011.11.19

20111130233950 この人には長生きしてもらわないと困る。1947年生まれというから、い

記事を読む

no image

江田憲司ほか「官僚支配からの脱却と国民の望行政改革の実行こそ急務(日本の政治を問う!)」週刊東洋経済2008.9.27

恐い恐い恐い ・私が橋本総理の政務秘書官のとき、最大のスーパー権力官庁の大蔵省分割がテーマとな

記事を読む

no image

塩田潮「政権奪取は可能か 試される小沢代表(Focus政治)」週刊東洋経済2007.9.1

普段、一応目を通すものの大体は特に強い感想も持たないコラムである。今回は、次の件だけが気になった ・

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑