山崎元「株式運用はプロ任せよりも自分でやるほうが有利(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2005/10/29

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド, 山崎元

著者の魅力は、投資における不正、いい加減、曖昧、誤解に対する指摘と、その際の舌鋒の鋭さにある。今回も誘導の臭さに黙っていられない。現在の勤務先との関係から見ると、そっち側に属する人のはずなのに、このような正論を吐いてしまっていいのだろうか。そこに著者らしさがあると思う
批判された人の名前は、この記事で直接は出ていない。しかし、肩書きからある程度推察できそうだ。本には著者の利害が絡まないわけにはいかないので、その辺を話半分ということは、本件に限らず留意しなければならない。著者は読者の購入代金をもらっているのに、そこで虚偽になることを書いて、それで別のところで重ねて利益を上げてはいけない
これまでも、ドルコスト平均法がコストを下げていいとか、分散投資がリスクを分散していいとか、投資信託は専門家の運用で小額から行えていいとか、中でもパッシブ運用がローコストで成果も劣らなくていいとか、いやファンド・オブ・ファンズのほうが、リバランスされるので素晴らしいとか、いろいろ言われてきた。それに対する反論も存在する
これらの善悪というかプロコンは、それを利用する者の投資スタイルによっても異なる点もあり、絶対的なものではないと思う。ただ、氏が提示してくれるものには、最新の事情を踏まえた、新しい考え方の提供や、利害関係者の誤導からの引き戻しや、関係者の主張の一貫性の欠如の指摘というものに焦点が当てられているものがあり、目が覚める思いがする
先日のこのコラムを読んで、最近の氏の主張に影響された私は、持っていたインデックスファンドを処分してしまった。
本blogでは、これまで著者によるこのコラムを過去に3度取り上げている。これで4回目だ。なんと
・ある本の著者がテクニカル分析を有効なものだと思っている気配は感じられないのに、極めるならテクニカル分析だと素人に勧めている。たちが悪い
・加えて不愉快なのは、プロのファンダメンタルズ分析が素人ではかなわない価値の高いものだというイメージをさり気なく刷り込もうとしているように見えることだ
・現実は違う。証券会社や機関投資家が有利な情報を持つことはかつてよりも格段に難しくなっているし、彼らが特別に優れた企業評価能力を持っているわけではない
・邪推かもしれないが、この著者は、自らのビジネス上の都合でアクティブファンドを勧めなければならないから、素人はプロのファンダメンタルズ分析には太刀打ちできないと説明しているような印象がぬぐえない。近年、株式の委託売買手数料が下がったから、証券会社にとっては投資信託や外国債券が有力な稼ぎの場なのだ
・典型的なアクティブ運用の株式投資信託を300万円買えば、最初の1年間の手数料は総額で13.5万円。一方、ネット証券に口座を開いて1年間で5銘柄くらいに分散投資すれば往復の手数料で約1万円。5銘柄くらいの分散投資でも業種をバラして値動きの地味な銘柄を買っておくと、投資金額全体のリスクの水準は、東証株価指数、あるいは幅広く分散投資されたファンドと大差ない。ベンチマークに対しては、年間数パーセント以上の勝ち負けがあるだろうが、勝ち負けはおおまかにいえば半々なのだから、投資信託を買うよりも自分で数銘柄の株式を買うほうが、割がいいと思う。
・ネット証券としては、こんなにじっくり構えられたのでは商売にならないかもしれないが、あえてこういう方法もあることを顧客に知らせる度量も必要だろう。テクニカル分析を仕込んでバタバタ売り買いをさせたり、動きの鈍い客には投資信託を動めたりという商売の姿勢は気持ちよくない
20051025021143

google adsense

関連記事

no image

佐藤吉哉「梅棹忠夫氏 発想生む「頭の霧箱」(編集長インタビュー)」日経ビジネス2007年4月30日号

20070511060700 刺激ある文章。しかし、実際の話がそう行われていたとしても、そのまま関

記事を読む

no image

梯郁太郎「海外展開も自分流を貫く 次の夢は音と映像の融合(長老の智慧)」週刊東洋経済2007.7.14

20080115060000 感慨深い一言があったのでメモ ・2001年に会長を退き現在の肩

記事を読む

no image

「私たちが肌で感じた時価総額世界一企業のヒミツを明かそう 元アップル社員覆面座談会(特集 家電淘汰!)」週刊ダイヤモンド2011/11/12

20111206223636 ブランド、レピュテーション、情報に関する管理は、誰もが認めるのこの会

記事を読む

no image

草刈隆郎「“全員参加型社会”構築は急務 だが職種別同一賃金には反対」週刊ダイヤモンド2008/03/08

20080324060000 多様な人材の活用を考えるとき、フルタイムの長期雇用は引き続きコア

記事を読む

no image

山崎元「『株式投資はバクチだ』と説明してはどうか(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2005/10/22

いつものことながら、いい題材を取り上げて、絶妙な説明をなさっている。この「バクチです」については、同

記事を読む

no image

田中陽ほか「知られざる勝ち組の素顔(特集しまむら流)」日経ビジネス2006年5月22日号

カリスマバイヤーなどは、知識経験を自分ひとりで囲い込んで偉そうな風を吹かすだけのセコイ奴だ。これが他

記事を読む

no image

櫻井よしこほか「特別鼎談 住民が幸せになるための地方自治体改革の正攻法」週刊ダイヤモンド2009/04/18

前矢祭町長と杉並区長との鼎談。かなり率直な発言が相次ぐ。やっぱり、単純に報道だけで矢祭町を知ったつも

記事を読む

no image

長谷川高宏「毒ギョーザ騒動と危険妄想のウソ」週刊東洋経済2008.2.16

・どうやら“事件”の様相が強まってきた。JTの子会社が販売していた中国製商品によって各地で食中毒が引

記事を読む

no image

梅沢正邦「ミタルvs.王子製紙 2つのTOB 2つの経営者像」週刊東洋経済2006.11.18

気になった記事。M&A、ひいては経営全般に対する2人の経営者のスタンスの違い あきらめない。成功する

記事を読む

no image

『激戦区で独り勝ち「ルクア」絶好調のワケ(特集/流通サバイバル)』週刊東洋経済2012.2.11

20120221225741 JR私鉄は人の流れを押さえているから、普通にしていても勝てるはず。そ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑