山崎元「株式運用はプロ任せよりも自分でやるほうが有利(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2005/10/29

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド, 山崎元

著者の魅力は、投資における不正、いい加減、曖昧、誤解に対する指摘と、その際の舌鋒の鋭さにある。今回も誘導の臭さに黙っていられない。現在の勤務先との関係から見ると、そっち側に属する人のはずなのに、このような正論を吐いてしまっていいのだろうか。そこに著者らしさがあると思う
批判された人の名前は、この記事で直接は出ていない。しかし、肩書きからある程度推察できそうだ。本には著者の利害が絡まないわけにはいかないので、その辺を話半分ということは、本件に限らず留意しなければならない。著者は読者の購入代金をもらっているのに、そこで虚偽になることを書いて、それで別のところで重ねて利益を上げてはいけない
これまでも、ドルコスト平均法がコストを下げていいとか、分散投資がリスクを分散していいとか、投資信託は専門家の運用で小額から行えていいとか、中でもパッシブ運用がローコストで成果も劣らなくていいとか、いやファンド・オブ・ファンズのほうが、リバランスされるので素晴らしいとか、いろいろ言われてきた。それに対する反論も存在する
これらの善悪というかプロコンは、それを利用する者の投資スタイルによっても異なる点もあり、絶対的なものではないと思う。ただ、氏が提示してくれるものには、最新の事情を踏まえた、新しい考え方の提供や、利害関係者の誤導からの引き戻しや、関係者の主張の一貫性の欠如の指摘というものに焦点が当てられているものがあり、目が覚める思いがする
先日のこのコラムを読んで、最近の氏の主張に影響された私は、持っていたインデックスファンドを処分してしまった。
本blogでは、これまで著者によるこのコラムを過去に3度取り上げている。これで4回目だ。なんと
・ある本の著者がテクニカル分析を有効なものだと思っている気配は感じられないのに、極めるならテクニカル分析だと素人に勧めている。たちが悪い
・加えて不愉快なのは、プロのファンダメンタルズ分析が素人ではかなわない価値の高いものだというイメージをさり気なく刷り込もうとしているように見えることだ
・現実は違う。証券会社や機関投資家が有利な情報を持つことはかつてよりも格段に難しくなっているし、彼らが特別に優れた企業評価能力を持っているわけではない
・邪推かもしれないが、この著者は、自らのビジネス上の都合でアクティブファンドを勧めなければならないから、素人はプロのファンダメンタルズ分析には太刀打ちできないと説明しているような印象がぬぐえない。近年、株式の委託売買手数料が下がったから、証券会社にとっては投資信託や外国債券が有力な稼ぎの場なのだ
・典型的なアクティブ運用の株式投資信託を300万円買えば、最初の1年間の手数料は総額で13.5万円。一方、ネット証券に口座を開いて1年間で5銘柄くらいに分散投資すれば往復の手数料で約1万円。5銘柄くらいの分散投資でも業種をバラして値動きの地味な銘柄を買っておくと、投資金額全体のリスクの水準は、東証株価指数、あるいは幅広く分散投資されたファンドと大差ない。ベンチマークに対しては、年間数パーセント以上の勝ち負けがあるだろうが、勝ち負けはおおまかにいえば半々なのだから、投資信託を買うよりも自分で数銘柄の株式を買うほうが、割がいいと思う。
・ネット証券としては、こんなにじっくり構えられたのでは商売にならないかもしれないが、あえてこういう方法もあることを顧客に知らせる度量も必要だろう。テクニカル分析を仕込んでバタバタ売り買いをさせたり、動きの鈍い客には投資信託を動めたりという商売の姿勢は気持ちよくない
20051025021143

google adsense

関連記事

no image

菅原雅信ほか「化粧なき素顔をさらす(特別企画 人材奔流)」日経ビジネス2008年3月3日号

20080430060000 プロというのはいったい何だろうかと思わせる記事。やはり、「その人でな

記事を読む

no image

山村武彦「過去の大災害が揃って周年を迎える不気味な年に(特集総予測2007)」週刊ダイヤモンド2006/12/30・2007/01/06新年合併号

代表性というか、たまたま周年の一致するものを集めた気がする。統計のマジックという部分で割り引いて読む

記事を読む

no image

江田憲司ほか「官僚支配からの脱却と国民の望行政改革の実行こそ急務(日本の政治を問う!)」週刊東洋経済2008.9.27

恐い恐い恐い ・私が橋本総理の政務秘書官のとき、最大のスーパー権力官庁の大蔵省分割がテーマとな

記事を読む

no image

清水量介ほか「特集 ビジネスパーソンの自転車快適生活」週刊ダイヤモンド2011/09/24

週刊ダイヤモンドは定期購読の甲斐ある雑誌のひとつだ。今週も満足 Part1。導入部分として、日本マ

記事を読む

no image

堀越千代「パタゴニア創業者インタビュー 変貌する資本主義」週刊東洋経済2007.6.9

20070625003600 最近、ビジネス誌の中でもっとも高い評価を与えている週刊東洋経済。パタ

記事を読む

no image

木崎伸也「反町康治「脱サラ」監督の正念場」週刊東洋経済2007.4.14

なんでもはっきりとコミュニケーションしなければ正確には伝わらないというのは当たり前のこと。難しいこと

記事を読む

no image

池田信太朗「オーケー(食品スーパー)(戦略フォーカス 顧客の囲い込み)」日経ビジネス2006年10月2日号

少し前の記事だけど。ほんとにこの兄弟はすごいと思う ・「二十世紀梨 まだ最盛期に比べたら。今ひ

記事を読む

no image

内田樹「終身雇用を死守しよう(編集長インタビュー)」日経ビジネス2009年6月8日号

20090620180947 主張は記憶に残らなかったけど、引証は記憶に残った ・エコという

記事を読む

no image

辻広雅文「法人税減税というエゴ(プリズム)」週刊ダイヤモンド2006/11/11

筆者は本誌の前編集長のようだ このエッセイは何なんだろうと思った。凄い独自の見解な気がする。これが

記事を読む

no image

田村俊一、小谷昌幸「検証・オリンパス問題 働かなかった外部チェック」日経ビジネス2011.12.26・2012.1.2

20120104090409 見えている会社や国民の困窮に手をさしのべることは、目の前のことであっ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑