城下賢吾「短期取引の弊害(十字路)」日経平成17年11月4日夕刊

公開日: : 書評(新聞)

筆者は山口大学経済学部教授という。個人投資家の株式投資のしかたについてのコラム。端的に言って意味不明。教授という地位にある人の著作なんだから、おそらくは、このコラムの字数制限に錯乱してしまったか、多忙でゴーストライターに書かせてチェックもしていないとか、そういう事情があると忖度
・個人投資家は株式投資において頻繁に売り買いを繰り返すようになった。運良く予想通りの相場展開となったとしても、これでは取引ごとにコストが膨らみ、せっかく獲得した収益にも課税される…売買が頻繁であることから手数料等の取引コストが多く発生するところまでは、一般論として同意。しかし、後段がぶっきらぼう。おそらく筆者は、現状で個人投資家には含み益に課税されないのだから課税が繰り延べられる、と言いたいのだろう。この表現ではこれを伝えられないばかりか、誤解を与えないか
・株式の値上がり益が生じてもそのまま忍耐強く持っていた方が収益が増大する可能性が高いケースは少なくない。にもかかわらず、個人は含み益が出ると、すぐに売却して新規に他の株を買う傾向がある。反対に、相場の読みが外れて損失が発生した場合、そのまま持ち続けると、さらに損失が拡大する可能性もある。しかし、多くの場合、個人は含み損を抱えるとなかなか売却できない…この部分には同意すると書いておく。最近はこのことが結構言われていて、土曜日経で特集されたこともあった記憶がある
・結局、お勧めの投資はリスクを抑えたインデックスファンドのような資産を長期的に買い持ちする運用になる。必要なことは個別企業の詳細な分析ではない…うーん、ここで話が飛躍して理解不能になる。すなわち、含み益ですぐに売却することへの訓戒としては、株価が上昇している間はそのままじっくり持っておけ、となるはず。具体的には、下がり基調が鮮明になってきたころに売却することを念頭に、「高値から何パーセント下がったら」とか、または「高値から一定期間が経過して高値更新しなかったら」などという条件付きで利益確定を企図すればいいはずだ。要は、利益が十分に取れたとの主観から拙速に主観的判断から利益確定を図ることに対する戒めになるような客観的な機会を準備する。これが素直な対応策となるはずだ。同様に、逆に損失が発生した場合には、含み損を心理的に受け入れがたい個人投資家が、その銘柄で負けたことになりたくないなどと、気持ちの切り替えができず塩漬けにしてしまうということだから、対策としては、よく言われるように「もしポジションがなかったら現段階で同銘柄を買おうと思うか」というテストを実施してみるとか、一定の水準まで損失が出た場合には、当初の目論見と異なる現実なのだから、それは失敗として、自動的にいったん手仕舞いする、という規律を持った投資を行うというのが処方箋となる。心の問題は、「全勝はできない」などの当たり前の経験的事実を当たり前に理解して、含み損とその実現との差異を理解し、それらを実態以上に否定的に捉えない修養を積むべきだ、ということで処理が可能である。ところが著者は、個別株の投資判断を放棄するという突飛な出口を見出してしまっている。インデックスファンドを保有するというのは、アクティブ運用への懐疑によるもので、効率的市場仮説とか、「敗者のゲーム」的な発想なのだろうが、これはこのコラムの前半部分で展開された行動ファイナンスの論点とはまた別の話だろう。かつ、インデックスファンドが持つ現在の問題には触れられていない。個別株式への投資のどこがいけないのか
・必要なことは、市場参加者が自分の取れるリスク許容度に応じて安全資産とリスク資産をいかに配分するかである。これは退屈な作業であり、知的興奮を覚えることもなければ、賭け事のような楽しみも与えてくれない。とはいえ、時間はかかるが、確実に資産を形成する可能性が最も高いやり方ではないだろうか…さて、またここで主張が飛び跳ねているようだ。著者がインデックスファンドを推薦した理由は上に引用したとおり、「リスクを抑えた」というところにあったのではなかったのか。しかしここで、そのインデックスファンドが消えてしまい、リスクの配分が結論になっており、迷走している。リスク資産とは何かもわからない。筆者のこの結論が「確実に資産を形成する可能性が最も高い」というのも説明がなされておらず、理解できない
20051109224415

google adsense

関連記事

no image

福井秀夫「厳しい解雇規制見直せ(経済教室)」日経平成18年4月28日朝刊

経済教室は、余裕があればぜひ読んだほうがいいが、果たして全部読んでいる人がどれくらいいるのだろうか。

記事を読む

no image

平田育夫「対米義援金『1億円』の薄情―市民感情わきまえた外交を(中外時評)」日経平成17年9月11日朝刊

筆者は論説主幹 これを読んで同意するとともに、アメリカが発表した対テロ協力20カ国に日本の名前がな

記事を読む

no image

小堀宗慶「感情抑えきれず慟哭(私の履歴書)」日経平成18年8月30日朝刊

日経朝刊の「私の履歴書」で、これだけ心を揺さぶられたものは、終ぞなかった。肩書きと名前だけ見ると多分

記事を読む

no image

童「フラット税制論に異議(大機小機)」日経平成18年2月25日朝刊

20060313235900 匿名のコラムに目くじらを立てる必要もないのかもしれないが、最近気にな

記事を読む

no image

岩倉正和「村上ファンド問題の真の意味(十字路)」日経平成18年5月31日夕刊

20060603000100 筆者は確か、かの岩倉具視の子孫だと記憶している。まあ、お公家の家柄で

記事を読む

no image

西田睦美「民意に応え改革徹底を 2/3の衝撃(1)再出発の小泉政権」日経平成17年9月13日朝刊

筆者は編集委員。マスコミの低レベルな論説の中、これは比較的よい記事だった 日曜日から報道を気にして

記事を読む

no image

幸田真音「改革が残した「忘れ物」(さらりーまん生態学)」日経平成17年12月1日夕刊

ちょっと古い記事だが、気になっていたので 言ってることが逆だろう。いままでが単純すぎてこうした側面を

記事を読む

no image

「日本電産社長永守重信(5)我流の書(こころの玉手箱)」日経平成18年2月17日夕刊

日経夕刊の紙面が新しくなったという。が、あんまりパッとしない。デザインな改善はある。でも、内容は大し

記事を読む

no image

田勢康弘「言葉だけがうつろに響く―しっかりせよ民主党(核心)」日経平成18年2月27日朝刊

20060228021800 著者は本社コラムニスト。なんということもないコラムだが、次の言葉がよ

記事を読む

no image

豊田泰光「名前だけで勝負する勇気(チェンジアップ)」日経平成18年2月16日朝刊

20060227023600 スポーツにあまり興味なく、通常、日経のスポーツ欄は読み飛ばしている。

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑