BS朝日・矢動丸プロジェクト編「賢者の選択」ソフトバンクパブリッシング

公開日: : 最終更新日:2012/09/05 書評(書籍)



国内旅行で温泉旅館に泊まったとき、夕食に謎の食前酒が出てきて思い切って飲み干すことがある。この本はそんな感じ。これってオモチャみたいな酒だなあ。確かにアルコールは入っているけど、最初にそんな軽すぎる味わいがあって、騙されたような後味が残る


新しい目の経営者10人がそれぞれの自分の決断の場面について語る内容。見事に統一性が取れておらず、本全体を通る背骨が見つけられない。表紙にある10人の顔写真を見て、それが誰だか半分以上わかるようであれば、この本は読む必要がない。アペラシオンでも純米大吟醸でももっと手ごたえのあるものが世の中にはたくさんある。


エッセンスのエッセンスを、それも極めて短時間のうちに知りたい、それで人にミニ知識をひけらかすくらいはできる。また、人名録くらいにはなるかな。10人じゃ少ないけど


1時間くらいで読み終わりたい




p31.(南部靖之)でも私の母親はそうじゃない。私の絵を10円で買ってくれるんです。その10円で、私は新しい画用紙が買える。それに、そうしていると算数で負けても絵では負けないという自信に変わるのです


p41.(南部靖之)「みんながどう言うかは関係なく、やるべきことはやらなあかん」という親父から学生時代に言われた言葉がいつも私にある。だから私はやろうと決めているんです。迷ったらやらないという選択肢もありますが、私はやって損をしたことはないのです。人からは失敗だったと言われますが、人生は長い。私は70歳になったときに自分の人生を振り返ってみて、地位やお金でなく「生き方」という意味で自分のやりたいことを全部やりきって、それでよかったら、”ワハハ!”と自分の人生を笑いながら振り返ろうと思います


p71.(松井道夫)よく、虚業は世のため人のためにならない仕事、実業は世のため人のためになる仕事などと言われます。でも私は、虚業とはお客様が認めないコストで成り立っている業であり、実業とはお客様が認めるコストで成り立っている業だと考えます


p95.(折口雅博)僕はいろいろなところに行くときに、いつも当事者意識を持ってその場所を見ていました。お客様の立場で行くのではなくて、自分が経営者の立場だと思って見るということです


p99.(折口雅博)起業するときに、全部がうまくいくからやる、うまくいかないならやらないと、単純な選択をする人もいますが、すぐにうまくいかなくても、経験や実績を踏まえて肥やしにすれば、さらに上に行けるということもあります


p120.(高原慶一朗)女性の商品を男性が売ることに関しては、抵抗があったかもしれません。しかし、私はそれを逆手に取りました。私自身がお客様や販売店の方の前で生理用品を股間に挟み、商品の説明を行ったのです。みなさんはおかしがる一方で、それだけ熱心なのだと納得されました


p137.(宇野康秀)そこから1年半くらいの間、社員たちと本気の活動が始まりました。有線放送のサービスは稚内から石垣島までいきわたっていたため、全国で750万本もの電柱を使用していました。電柱使用を正規申請するためには、すべての電柱を写真に撮り、図面に落とし、電力会社やNTTなどの各電柱所有者に提出していくという膨大な作業がありました。当然、本業も継続していますので、その合間に毎日毎日、社員たちが電柱の写真を撮るという大変な作業を行っていたのです


p157.(野尻佳孝)いまでも寝る前に、3年先の未来日記を書きます。未来から逆算して書くんです。「3年で上場。そのためには2年でこれだけになっていなければいけない。だったらいま何をしなければいけない」という日記のつけ方です


p199.(渡邉美樹)「和民」を取ったのは、夢もありますし、一回ファイティングポーズを下ろしてしまったら、僕は経営者としてダメになると思ったからです。勝つか負けるかわからないけれど、ここは闘わなければいけないところってあります。もし僕が安全な道を選んでいたとしたら、当時の社員は僕を見切るでしょう。「あいつは10年で店頭公開するって言って、根性はここまでか」と。だから僕は、ここは引けないと思いました




20051208221136


google adsense

関連記事

no image

原田泰「なぜ日本経済はうまくいかないのか」新潮選書

20111106224522 ただの批判や混ぜっ返しで終わらず、分かりやすいようにかみ砕い

記事を読む

no image

ブライアン・トレーシー「フォーカル・ポイント-労働時間を半分にして、生産性と収入を倍にする思考術-」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20120306191328 ブレット・ポイントで整理してくれているところが多く、直ちに役立つ。た

記事を読む

no image

金井寿宏・高橋俊介著「キャリアの常識の嘘」朝日新聞社

構成が面白い。2人がキャリアに関する20の質問にそれぞれの考えで答えを出していく。読者はそれを比較し

記事を読む

no image

平野敦士カール、アンドレイ・ハギウ「プラットフォーム戦略」東洋経済新報社

20101011163303 前評判ほどの満足感はなかったが、良書 こういうビジネススク

記事を読む

no image

杉山勝行ほか「自分ブランドの創り方」全日出版

12人の先駆者からのヒアリングを紹介しながら自分ブランドを作るために必要なノウハウを教えてくれる本

記事を読む

no image

本城武則「なぜ私たちは3カ月で英語が話せるようになったのか」実業之日本社

IQよりもEQを重視。対人恐怖という切り口から日本人と外国人の違いを主張。日本語と英語の違いを言語と

記事を読む

no image

村上隆「芸術起業論」幻冬舎

刊行当初から雑誌の書評などで取り上げられていたので読むつもりでいた。近い具体的な知人からの薦

記事を読む

no image

野村正樹「「鉄道式」時間活用術」講談社

最近、この本の文庫版が出たような気がする。それを契機に昔から気になっていたこの本を読んでみた 目の

記事を読む

no image

ピーター・セージ「自分を超える法」ダイヤモンド社

20120707111440 また自己啓発的な本を読んでしまった。ダイヤモンド社らしい本だ

記事を読む

no image

原賀真紀子『「伝わる英語」習得術-理系の巨匠に学ぶ-』朝日新書

面白かった。勉強になるというよりも、参考になる。蘊蓄系の読み物としても楽しい 「英語を習得するのな

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑