藤原秀次郎「専門家頼みではダメ/素人の『理屈』こそ宝(有訓無訓)」日経ビジネス2006年1月23日号

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 日経ビジネス

話し手は、しまむらの会長
我が意を得たり、というところ。専門家というのは一定の見方に凝り固まっており、本質が見えていないことが頻繁にある。特に進化の遅れている業界は。ここでも挙げられている不動産業界と物流業界はそのとおりだと思う。
不動産業界のビジネスモデルにはおかしなところが極めて多い。消費者の立場から見ると、マンションや建売の場合は年収の何年分にも及ぶ数千万円の売買取引とローン取引を数日で決断するように催促され、しかもその建物が数十年で陳腐化して経済的に無価値になってしまうという。「家を所有する」というアイデアは戦後に蔓延した程度の根無し草のようなものだというのに
金融業界もそうだと思う。最近のジェイコムの誤発注についても、彼らが採った処理策はカチカチ。成立した約定は絶対的なものとして神聖視するというバカの一つ覚えのスタイル。感覚的には、UBSの提案として報道されていたと思う、契約は無効と構成してチャラにするというのがもっとも妥当に思えた
いずれも、素人が素直な心境で処理したほうがよほどうまく回るのではないか、という気がする。これにつけても、スペシャリストというよりはゼネラリストのほうに分があると感じる
・30歳くらいの時、地上げをやった。業者が「まとめてみせる」と言い出したのが、地主、家主、借家人を説得できず、結局は頓挫。こちらは計画を進めていたので困った
・そこで、自分でやることにした。素人でもできるのだ。説得も、自分が相手だったらどうするか、というだけの話だから。結局、3ヶ月できれいになった
・その体験からしまむらでは店舗を作る時は、不動産を自分たちでやることにした。物流もそう。ユーザーとしての「あるべき論」「理屈」を通せる
・理屈は大好き。ただ、その理屈通りにやってみないと気が済まない。理屈っぽい若手社員には、「おまえは理屈っぽいな」ではなく、「じゃあ結果で判断するから、おまえがやってみろ」というべき。成功したら大拍手、失敗したらその理由を一緒に考えよう
20060121005200

google adsense

関連記事

no image

ロバート・フェルドマン「著名エコノミストが教える1分間プレゼン力の養成法(特集 最強のレバレッジ勉強法)」週刊ダイヤモンド2008/11/29

20091011182412 自分ブランドの作り方として、外見にワンポイント、アクセントをつける。

記事を読む

no image

石川潤「アイフル全店処分の必然(時流超流)」日経ビジネス2006年4月24日号

与謝野大臣については前にも気になったことがあった。"「金融相、信用取引、担保除外を批判―ライブドア株

記事を読む

no image

田中陽ほか「知られざる勝ち組の素顔(特集しまむら流)」日経ビジネス2006年5月22日号

カリスマバイヤーなどは、知識経験を自分ひとりで囲い込んで偉そうな風を吹かすだけのセコイ奴だ。これが他

記事を読む

no image

堀越千代「ゲレンデに客を呼び戻した白馬五竜スキー場の挑戦(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2008.3.22

20080502060000 そのとおりだと思う。それが原因でスキーがあまり好きではなくなったよう

記事を読む

no image

齋藤孝「五芒星の魔力?単純労働が快感に変わる瞬間」週刊ダイヤモンド2005/06/04

この方の文章に対する評価は難しい。私の食わず嫌いのところは認める。しかし、どうも心に響いてこない。

記事を読む

no image

山田昌弘「日本はポップカルチャーの国? 日本アニメ、アイドルの影響力 (THE COMPASS)」週刊東洋経済2012.1.7

20120116004616 実際に、そのような留学生や社会人を多く見てきた。この記事では「げんし

記事を読む

no image

山田昌弘「女性が結婚しないのは高収入男性を求めるため(The Compass)」週刊東洋経済2006.7.1

こういうおもしろい記事があるから、週刊東洋経済は読まないわけにはいかないのだなあ すっきりする

記事を読む

山と渓谷2013年11月号

20140413110737 山と溪谷2013年11月号著者 : 山と渓谷社発売日 : 2013-

記事を読む

no image

長谷川隆ほか「浅野史郎・前宮城県知事に聞く 相次ぐ県知事の汚職 立ち直りのカギは選挙だ」週刊東洋経済2006.12.23

福島、和歌山、宮崎と知事が談合をめぐって逮捕されたときの頭の体操としては、3つの県がつぎつぎと挙げら

記事を読む

no image

高橋由里、大野和幸『中古車でも人気沸騰「プリウス」内なる懸念』週刊東洋経済2009.12.5

やっぱり自分が思うことは他人も思っている ハイブリッドを考えるときに気になるのが、電池の持ち。以前

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑