幸田真音「改革が残した「忘れ物」(さらりーまん生態学)」日経平成17年12月1日夕刊

公開日: : 書評(新聞)

ちょっと古い記事だが、気になっていたので
言ってることが逆だろう。いままでが単純すぎてこうした側面を気にする必要がなかった。鈍感でよかった、ということだろう。むしろ、これまで大切なものを忘れていたということだろう。こういうのを気をつけることは一見大変そうだが、人間の多様性というものがどれだけ価値のあるものなのか、どれだけリスクヘッジにもなるのかということが、氏には分かりそうなものだが
「昔はよかった」的な事柄について、その本質を理解しなおす棚卸しをしてみるといい。例えば社内旅行。会社に音頭取りをしてもらって、キッカケ作りと資金補助をしてもらって旅行のお膳立てができた時代ではない。自分の予算で自由に国内外に旅行ができる昨今、多様な価値観を追求できるようななった時代において、社内旅行などは過去のものだ。鬼怒川など、団体旅行に注力していた保養地の荒廃を見たか。現代的に変容させるなら、研修旅行か、またはモチベーションを上げるための純粋なご褒美視察旅行として、全額会社負担かつ給料を払ってはじめて強制するものだろう。従業員の懐を痛ませて、半強制的にどこかの温泉地の時代遅れの団体用旅館に連れて行かれて宴会。さらには、女性に浴衣なんか着せちゃって、などというのは、ごく一部の例外を除いては苦行に過ぎない
皆が同じ方向を向いて同じことをしていれば皆がそれなりの幸せを得られるということが幻想であると知っている。皆同じなら、確かに年をとれば出世して部下も得られるし、あんなヤツが出世するのだから、自分もその立場に当然になると思うのだろうし、実際にその立場になったら昔の人のマネで年の功だけの何もできない人間になる。そういう秩序が壊れてきている、いまはまさにその端境期にあるのではないか。スペシャリストとしてキャリアを築いてきた人間は年取ったからと経営者になるものではない
・年末の飲み会は、同僚たちの魅力再発見の場であり、職場の士気昂揚の絶好のチャンスでもある。職場仲間と大勢でワイワイ楽しむことが羨ましい。しかし、会社勤めの旧友は「そうでもない」との意外な返事。近年社内での職員構成が激変し、企業内の文化もずいぶん変わったという。
・雇用機会均等法や、企業のコスト削減策、さらには世の中の就労形態の多様化もあって、いまや事務処理部門の大半が派遣職員になった。嘱託社員も増加し、「社内で同一の企業文化を共有するなんて根底からなくなってきたね」と嘆くのだ。週末を利用した社員旅行や、スポーツ大会もすっかり姿を消したが、問題はそれだけではない。「以前は普通に交わしていた社内での会話や、懇親会も、派遣法という法律で定められた権利や義務を念頭に置いて対応しないといけないしね」。ましてや、派遣社員も加えて昼食時間中に会議を開こうと思うものなら、さまざまな面での配慮が必要になるという。
・改革は確かに必要だが、現代人はなにか大切な忘れ物をしていないか。心配になるのは、私だけだろうか
20060210224200

google adsense

関連記事

no image

渡辺淳一「愛の流刑地」日経新聞文化面

全国紙の一番最後のページは、ふつうテレビ番組表である。私は大学生くらいまで、新聞は後ろから見るほうだ

記事を読む

no image

岩倉正和「村上ファンド問題の真の意味(十字路)」日経平成18年5月31日夕刊

20060603000100 筆者は確か、かの岩倉具視の子孫だと記憶している。まあ、お公家の家柄で

記事を読む

no image

田勢康弘「言葉だけがうつろに響く―しっかりせよ民主党(核心)」日経平成18年2月27日朝刊

20060228021800 著者は本社コラムニスト。なんということもないコラムだが、次の言葉がよ

記事を読む

no image

網干勝弘「奮闘 子育て主夫(生活ファミリー)」日経平成18年5月31日夕刊

日経夕刊は家庭、家族や女性にまつわる記事が多い。日経によれば、そういうのは経済新聞は夕刊でとりあげる

記事を読む

no image

盤側「村上ファンドと民主主義(大機小機)」日経平成17年11月11日朝刊

そもそも大機小機が匿名を前提なので、そう目くじらを立てる必要もないのかもしれないんだけど。影響力もあ

記事を読む

no image

平田育夫「対米義援金『1億円』の薄情―市民感情わきまえた外交を(中外時評)」日経平成17年9月11日朝刊

筆者は論説主幹 これを読んで同意するとともに、アメリカが発表した対テロ協力20カ国に日本の名前がな

記事を読む

no image

記者名無し「ハイウェイカード、来月15日に販売終了―利用も3月末停止」日経平成17年8月12日朝刊

この記事を見て、一消費者として、どう動くか。ある消費者の事例の紹介 私は車を持たず、必要に応じてタ

記事を読む

no image

豊田泰光「名前だけで勝負する勇気(チェンジアップ)」日経平成18年2月16日朝刊

20060227023600 スポーツにあまり興味なく、通常、日経のスポーツ欄は読み飛ばしている。

記事を読む

no image

産経新聞「『戦後』終わらせるとき(歴史の自縛 戦後60年)」産経平成17年8月6日

産経新聞は、政治とりわけ外交に関して個人名を挙げて非難することが多いような気がする。最近も、日本が国

記事を読む

no image

童「フラット税制論に異議(大機小機)」日経平成18年2月25日朝刊

20060313235900 匿名のコラムに目くじらを立てる必要もないのかもしれないが、最近気にな

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑