童「フラット税制論に異議(大機小機)」日経平成18年2月25日朝刊

公開日: : 最終更新日:2012/10/02 書評(新聞)



20060313235900


匿名のコラムに目くじらを立てる必要もないのかもしれないが、最近気になった大機小機をここにメモしておく




・正社員削減と非正規雇用の増加の結果でもある所得格差の拡大に、拍車をかけかねないのが所得税率フラット化と消費税の増税である。その基本思想は2002年の骨太方針が「課税ベースを広くし税率を低く抑え、企業や個人の活力を支える」と規定している。しかし、すでに度重なる税制改正により他の主要国と比べ、所得税率の累進構造は緩やかで、最高税率も低くなっている




横並びだけで比較するのはどうかと思う。各国の事情もあるわけだし。諸国と同様にするということは国家の概念をなくすことに繋がる




・全国消費実態調査報告によると、消費性向は年収上位4分の1世帯で59%、中位2分の1の世帯で75%、下位4分の1世帯で94%である。非正規雇用のほとんどが属する可処分所得年250万円以下の階層の消費性向は100%強である。5~10%の消費税の引き上げが中下位の所得層を直撃することは明白である。税による格差の実質的拡大は社会的公正にかなうとはいえないだろう




格差をどう評価したらいいか。格差が悪いことなのだろうか。なぜ悪いことなのだろうか。格差がないのが社会的公正というのは、それは資本主義、自由主義を採用する日本のあるべき姿なのだろうか




・消費税増税に国民の合意を得るには、増税幅の圧縮と不公平感抑制の努力が十分になされた、と国民が実感できる状況を政治がつくり出せるかどうかが鍵となる。そのためには歳出削減徹底と消費税の逆進性を若干でも相殺する所得税累進性の強化が必要だろう




消費税の逆進性、というのは本当だろうか。消費税は、富める者もそうでない者も、同じパンを買うのであれば、同額の税金を払うという意味において、極めて公平ではないかと思うのだが。これを累進課税のように所得の多い人間や資産の多い人間に相対的に高い税金を課すことになれば、それこそ悪平等であり不公平ではないだろうか





google adsense

関連記事

no image

前田裕之「人間発見 ガリバーインターナショナル会長 羽鳥兼市さん 車の流通改革へ走る(4)」日本経済新聞2012/09/13夕刊

20120917011439 結局、人間の行動の原因は心持ちひとつなんだと思う事例 人が何と言お

記事を読む

no image

福井秀夫「厳しい解雇規制見直せ(経済教室)」日経平成18年4月28日朝刊

経済教室は、余裕があればぜひ読んだほうがいいが、果たして全部読んでいる人がどれくらいいるのだろうか。

記事を読む

no image

伊藤浩昭「民意束ねる機能衰え(激震「郵政解散」瀬戸際の改革②)」日経平成17年8月11日朝刊

筆者は日経新聞の政治部記者 多数決と全会一致の違いは何か。昔、NHKの「その時歴史が動いた」で、パ

記事を読む

no image

三宅伸吾「穴だらけ買収・防衛ルール、ドタバタ整備―想定外の行動に大慌て(法務インサイド)」日経平成17年8月15日朝刊

日経の企業買収に伴う法務の解説は基本的に感心しない。今回の記事もその1つ この記事に「ともに直前の金

記事を読む

no image

国定浩一「株は値下がりもある(十字路)」日経平成17年10月20日夕刊

企業買収が世間を騒がせている。明治からの日本における株式会社制度の歴史の中で見れば別に新しいことでは

記事を読む

no image

渡辺淳一「愛の流刑地」日経新聞文化面

全国紙の一番最後のページは、ふつうテレビ番組表である。私は大学生くらいまで、新聞は後ろから見るほうだ

記事を読む

no image

国定浩一「マネードラマの結末を懸念(十字路)」日経平成18年5月23日夕刊

著者は大阪学院大学教授。このコーナーのこの人の書き物を何度か気になってメモしてきた "国定浩一「『

記事を読む

no image

堺屋太一「世界を創った男 チンギス・ハン」日経平成18年2月27日朝刊

20060308231000 なかなか快調に読み進められている。モンゴルはほとんどはじめての題材な

記事を読む

no image

「会社とは」取材班「買収は『漢方薬』で防ぐ(会社とは何か)」日経平成17年6月24日朝刊

この特集記事は良くできていて興味深く読んでいる。この中に、少し古いだがどうしても忘れられない記事があ

記事を読む

no image

前田昌孝「なぜか人気の『毎月分配』―合理的経済人はどこに(迷解迷答現代けいざい学)」日経平成17年8月17日夕刊

先日に読んだ本は為替に関する効率的な投資を行うためのものだった。ここで、銀行の提供する外貨預金がいか

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑