林康史監修「Q&Aで読み解く必勝!投資の心理学」週刊東洋経済2006.4.8

公開日: : 最終更新日:2012/02/11 書評(雑誌), 週刊東洋経済



この号の株投資の特集は面白くて一気に読んでしまった。その中で、この記事は最近流行の行動ファイナンスの特集。こういうのは大事なのだろうけど、最近は露出度が極めて高くなって食傷気味。監修者は投資関係の外国書籍の翻訳でお名前をよく拝見する。気になったことが3点ほどあったので、ここにまとめておく




Q2 15,000円のスーツと2,000円の手帳を買おうと思う。①同じ手帳が1,000円安く売られている店が10分歩けばあるという。行くか、行かないか。②同じスーツが1,000円安く売られている店が10分歩けばあるという。行くか、行かないか。正解 どちらも行く、もしくはどちらも行かない。


①も②も、言い換えれば、「あなたは、1,000円を節約するために10分の道のりを歩くかどうか」を聞いている。だから合理的な判断としては、金と時間をかけて歩くことのどちらを重視するにしても、同じ解答になるはず




うーん、これは、“山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」光文社新書”からのインスピレーションだけど、節約を考えるときに、あまり細かいものまで気にしていることか効率が悪い、という議論があったように思う。例えば、スーツは高い買い物なので、価格調査を深く行うが、手帳のような小さいものは価格調査を行う甲斐がない場合が多いので、むしろパパッと言い値で買ってしまうほうがいいというもの。なるほど、と思った。この考え方をとる場合には、たまたま、その人の経済的な観点から10,000円を分水嶺とするのであれば、①は行くが②は行かない、という選択肢も正しくなるのではないか。ちょっと屁理屈に近いかも




Q5 買って下がった株は、ナンピン買いしたくなる。YES? NO? 正解 NO。


とにかく「今、その銘柄を持っていない」と仮定して、そのうえでなおその銘柄を買いたいと思うのなら、ナンピン買いしてよいかもしれない。しかし、「買う気にならない」のなら、その銘柄をもっていることは間違いだと自ら気づいているということだ。どうすべきかは明らか。損切るのが正解だ




これは、他の問題でも、2つの選択肢のうちの「どちらも同じ」を正解とするのが複数ある以上、ここでも「どちらも正しい」とか「場合による」という正解にすべきなのではないか。過去においても、そこから株価が下がった現在においても、いずれもその値段なら買いだと考えるのであれば、下がればさらに安値で仕込むことができるのだから良い。このことが解説では確かに書いてあるのだが、Q&Aだけではミスリーディングになっている。いや、これを問題にした趣旨はよくわかるが




Q7 50万円から100万円に上がったA株と200万円から100万円に下がったB株を持っている。今、100万円を必要とする。どっちを売る? 正解 どっちも同じ。




この特集の前提として、個人投資家を想定しているという。であれば、ここでは税の観点が非常に大きくなるのではないかと思う。個人は実現主義である。したがってA株を売却するのであれば100万円の売却損、B株であれば50万円の売却益が発生する。なるべく税額を抑える観点や、損失であればそれを来年に繰り延べるための確定申告のコストを考えなければならないように思った。法人であれば時価主義なので無益な議論だ


200604030000

google adsense

関連記事

no image

(後藤)「From Editors」週刊ダイヤモンド2012/02/04

20120205011407 週刊ダイヤモンドは長いこと定期購読している。といっても3年の定期購読

記事を読む

no image

前田和彦「プライベートバンクが富裕層に普及しない理由」週刊ダイヤモンド2006/10/14

20061107025100 日本の金融機関の収益構造に関する鋭い指摘がある。顧客にとっては、身の

記事を読む

no image

佐藤優「日本を危機から救う国際エリートの育成(第225回知の技法出世の作法)」週刊東洋経済2011.12.17

20111215001135 ほんと、この人の多作と教養には感服する。いつも目を見開きながら楽しみ

記事を読む

no image

林南八「カイゼン寓話『お婆ちゃんの七面鳥』当たり前のことに疑問を持て」週刊東洋経済2006.3.11

筆者の肩書きは「トヨタ自動車技監」。”トヨタ自動車の誇る生産管理の「神様」”とのサブタイトルもある

記事を読む

no image

白壁達久「白井智子 教育界のジャンヌ・ダルク(旗手たちのアリア)」日経ビジネス2012.1.16

20120218110316 このエピソードだけ目にとまった 白井の教育改革の原点は、幼少期

記事を読む

no image

高安秀樹「幸運・不運(特集/「不確実性」の経済学入門)」週刊東洋経済2008.9.6

20081004060000 ここ1年くらい人まで話すことが増えた。結構、何の根拠もなく社会現象を

記事を読む

no image

石川潤「アイフル全店処分の必然(時流超流)」日経ビジネス2006年4月24日号

与謝野大臣については前にも気になったことがあった。"「金融相、信用取引、担保除外を批判―ライブドア株

記事を読む

no image

小笠原啓「リニアPCMレコーダー CD超える”臨場感”録る」日経ビジネス2008年8月18日号

20090104185800 単なるメモ。別にリコーダーを買おうというわけではないけど ・C

記事を読む

no image

山田昌弘「『女ー女』格差の出現という難題(The compass)」週刊東洋経済2007.11.3

20080612060000 おもしろい分析だ。最初は、すごい20代女性の身勝手、と思ったが、社会

記事を読む

no image

池田信太朗「強いリーダー 良品計画松井忠三会長 V字回復へ柔和な豪腕」日経ビジネス2008年7月21日号

こんなこと、実際にあったのだから恐ろしい。しかもブランドが比較的しっかりしていると思われた無印良品で

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑