井上裕「金川千尋氏 最後は経営力で勝つ(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年3月6日号

公開日: : 最終更新日:2012/08/05 書評(雑誌), 日経ビジネス



昨日の“宮東治彦・小笠原啓「成長の限界に挑んだ信越化学 金川千尋怒りの経営」日経ビジネス2006年3月6日号”の続き


井上氏は日経ビジネスの編集長で、このインタビューの聞き手




問 当たり前の話ですが、会社は成長を追わなければならない。それは何のためでしょうか。


答 株主のためですよ。資本主義社会では、会社の所有者は株主でしょう。私は株主の「召使い」に過ぎません。株主を満足させるために、社長が一番働かなければならない。


最近では社会のためとか、変なことを言っている人も多いけど、それはもう大前提ですよ。コミュニティーとの関係とか安全、公害防止や法令順守なんていうのは、もう当たり前のお話。言うに値しないことですよ。


問 ホリエモンは大前提を無視してしまった。


答 その通り。会社は株主のもので、利益を追求するものです。その点に限れば、ホリエモンは間違っていない。利益を追求するからこそ、税金も納められます。この10年間で信越化学は数千億円納税しました。これは大変な寄付ですよ。政府がうまく使いさえすれば、あんな膨大な負債は生まれないはずですよ




ホリエモン事件後の反動をどう評価するか。ここで引用したような、是々非々の理解が確りとなされているだろうか。いや、深層心理では皆が重々承知しているかもしれない。が、立場上このような揺り戻しを心地よく思う考えは、それが嫉妬によるだけでなくて、相当数存在するのではないだろうか。マネーゲームは間違っているとか、汗水たらして人に認められて云々、だから若いうちは単純労働でも黙って云々とか、そういう説得方法しか知らない人間は、所詮その程度の頭なのだ。だから、金川氏から「大前提」や「当たり前」や「言うに値しない」と切って捨てられてしまうべき、そういう人が細い蜘蛛の糸をまだ維持できているということではないか


ホリエモンの件で企業家精神が挫かれるとすれば、そのなかで耐えている人にとっては優秀な挫折者を被用者とすることができるチャンスだろう


私も昔は、結婚しているだけで、子供がいるだけで、年功があるだけで、受け取る給与が違うということに強い憤りを感じていたが、自分がその受益者になるに連れ、居心地の良さから何も言いたくなくなってきた経験がある


“ロバート・キヨサキほか「金持ち父さん貧乏父さん」筑摩書房”“ロバート・キヨサキほか「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」筑摩書房”でのアイデアを思い出した。確か、こんなことを言っていたような…。お金に関する教育は家庭で行われるが、それを知らない家庭は学校で一生懸命勉強するよう教育する。しかし、学校ではお金儲けのことを教えてくれず、既存の職業につき、人に使われることを教えてくれるだけであり、それでは貧乏なままである。なぜなら、学校にいる教師がそもそもお金儲けができない者だからだ


20060404004100

google adsense

関連記事

no image

ジョセフ・E・スティグリッツ「ミット・ロムニーの所得税問題にあるアメリカの“不公正”(スティグリッツ教授の真説・グローバル経済)」週刊ダイヤモンド2012/10/06

20121002223608 このシリーズは、いつもは斜め読みである。しかし今回は通読して

記事を読む

no image

佐藤優「1人に1億円投じる諜報機関の研修内容(知の技法出世の作法)」週刊東洋経済2008.1.12

氏の書き物についての過去のメモは、これ"手嶋龍一・佐藤優「インテリジェンス 武器なき戦争」幻冬舎新書

記事を読む

no image

飯泉梓「セブンが認めた総菜のプロ ヤマザキ(食品製造業) 現場力」日経ビジネス2009年9月21日号

プロが買っていくというのがスゴいね。この記事の前からセブンのこのシリーズは気になっていて、ポテトサラ

記事を読む

no image

塚越寛「トレンドに翻弄されず「社員の幸せ」を優先(有訓無訓)」日経ビジネス2007年9月3日号

200710130742 人を雇い、人を使うということは何と難しいことかと思う半面、その可能性を強

記事を読む

no image

江田憲司ほか「官僚支配からの脱却と国民の望行政改革の実行こそ急務(日本の政治を問う!)」週刊東洋経済2008.9.27

恐い恐い恐い ・私が橋本総理の政務秘書官のとき、最大のスーパー権力官庁の大蔵省分割がテーマとな

記事を読む

no image

辻秀一「バレンタイン監督に学ぶ周りを巻き込む力(ビジネス・アカデミア)」週刊ダイヤモンド2005/10/29

私は野球をしない。観戦も行わない。プロもアマも問わず。稀に、おそらく10年に1度くらいはどうしても外

記事を読む

no image

梅沢正邦「ミタルvs.王子製紙 2つのTOB 2つの経営者像」週刊東洋経済2006.11.18

気になった記事。M&A、ひいては経営全般に対する2人の経営者のスタンスの違い あきらめない。成功する

記事を読む

no image

林南八「カイゼン寓話『お婆ちゃんの七面鳥』当たり前のことに疑問を持て」週刊東洋経済2006.3.11

筆者の肩書きは「トヨタ自動車技監」。”トヨタ自動車の誇る生産管理の「神様」”とのサブタイトルもある

記事を読む

no image

清水量介ほか「特集 ビジネスパーソンの自転車快適生活」週刊ダイヤモンド2011/09/24

週刊ダイヤモンドは定期購読の甲斐ある雑誌のひとつだ。今週も満足 Part1。導入部分として、日本マ

記事を読む

no image

佐藤嘉彦「江南特殊産業(自動車用樹脂部品向け金型の製造・販売)「失敗でできた穴」で世界一(小さなトップランナー)」日経ビジネス2007年3月19日号

20070417221700 このコーナーは週により、すごくおもしろいときと、読まずに飛ばしたくな

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑