戸田顕司「企業再生を新たに担う 『ユニクロ』前社長、玉塚元一のプロ経営者への挑戦(企業再生最前線)」日経ビジネス2006年3月6日号

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 日経ビジネス

玉塚氏の更迭と新たなコンサルティング会社の立ち上げの件は結構なニュースになった。一つには、オーナーによる経営者への明確な否定とその結果としての更迭が珍しかっただろう。また、それを受けて、氏が内部降格でなく会社を去るという進路を選んだのも珍しかった。さらに氏がその後に始めたことも耳慣れしない仕事であり、注目を集めたのだろう。不思議と、この件をテレビ、新聞、雑誌等でよく見かけたような気がする。こういうふうにマスコミにいつも出さしてもらえるとは、広告費が節約できてうらやましい
そこでロッテリアなどの支援の話を窺い知ることができるのが、この記事である。今後、果たして氏等がしっかりと結果を出すことができるか。流通業界で評判の人物が百貨店を辞めて衣料品メーカーの経営者になったと思ったら、明確な成果を見ないままに別の会社へ行ってしまったのが無責任に見えたり、鳴り物入りで破綻企業の再生に乗り出した職業的経営者が、前後に経営論の自伝を出して有名にはなったり、再生計画で笑顔を見せたものの、現在において成果が出ずに悪い内容の業績発表の際には顔を出さないということも最近あったような気がする
氏の動きについては、どうなるかな、と当初は考えていたが、この記事を読んで好感を持った。ここでは引用していないが、あるパネルディスカッションにおける再生のプロと目される人たちの中での氏の発言につき、「何か、僕、違いましたよね」と言ったシーンがある。このギャップがすごく面白い

「『衣』しか知らないのに、『食』ができるのか」。飲食業界には、こうした見方もある。これに対して、玉塚は「業界の常識にとらわれない異分子が大切だ」と主張する。停滞した会社を成長させるには従来のやり方をいったんリセットして、顧客起点で新たな仕組みを作り上げることが必要だ。「こうあるべき」という思い込みや、「過去にこうやってきた」という経験は、時として邪魔になることもある。
自らもそうだった。フリースブームでファーストリテイリングの年間売上高は1000億円から2000億円、そして4000億円と倍々で急成長した。最盛期には1年間でフリース2600万点と、ケタ外れのヒットを飛ばした。これを実現する製造や営業、採用などの仕組み作りの刷新を支えたのは、商社出身の澤田であり、メーカー出身の玉塚であり、コンサルティング出身の堂前宣夫(ユニクロUSA代表)ら、必ずしも衣料の専門家ではなかった。与えられた役割を全うできる人材が揃えば、問題を解決できる。
財務出身の篠崎が社長という人事には当人も驚きを隠さないが、玉塚は「人として明るいし、みんなの信頼を得ている。適任だよね」と話す.社長に就任して1ヶ月、篠崎の意識も変わり始めている。「自分は社長を支える番頭タイプだと思っていた。確かに玉塚さんのようなリーダーシップは持っていない。でも、社員の背中を押して目標に向かわせるタイプのリーダーにはなれるかもしれない」。

20060407223700

google adsense

関連記事

no image

予期せぬ国債暴落が招く日本経済「没落」のシナリオ(特集/検証!大増税) 週刊東洋経済2012.2.4

20120220012254 先日に読んだ本ではアメリカのケースが触れられていたので、ここ

記事を読む

no image

山田昌弘「若者に厳しい民主党政権 若者を犠牲にした財政再建の意味とは?(THE COMPASS)」週刊東洋経済2012/03/31

20120911011303 若者に厳しく、高齢者に優しい。これをひっくり返すために、若者は、

記事を読む

no image

清水量介ほか「特集 ビジネスパーソンの自転車快適生活」週刊ダイヤモンド2011/09/24

週刊ダイヤモンドは定期購読の甲斐ある雑誌のひとつだ。今週も満足 Part1。導入部分として、日本マ

記事を読む

no image

高橋由里ほか「産科・小児科・外科…医療の担い手が消える(特集/日本の医者・病院・診療所)」週刊東洋経済2007.11.3

どういう意味なのか、よく分からないけど、興味深かった記事。近所にいつも携帯電話で話をしているお母

記事を読む

no image

鈴木棟一「金融庁処分連発に潜む主導権奪取の事情(新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2006/06/10

20060605235959 最近、与謝野・中川と竹中の対立が言われている。そのことと、最近の金融

記事を読む

no image

高橋由里、大野和幸『中古車でも人気沸騰「プリウス」内なる懸念』週刊東洋経済2009.12.5

やっぱり自分が思うことは他人も思っている ハイブリッドを考えるときに気になるのが、電池の持ち。以前

記事を読む

no image

片山善博「自民党は末期的症候群『パンと見せ物』の政治だ(特集/政治の混迷、改革の処方箋)」週刊東洋経済2008.9.20

あまり政治を追いかけても仕方のないころだけど、末期的症状であることの再確認と、喩えがすごく面白かった

記事を読む

no image

佐々木常夫「自分を大切にして自分のために働こう(ワークライフバランスを実現する仕事術)」週刊東洋経済2009.10.17

20091101104743 著者の主張というのは同意するところが多い。実践してきて、また今後は新

記事を読む

no image

佐々木紀彦ほか「落ちる中間層 ホワイトカラーの没落」週刊東洋経済2006.12.9

最近、痛快だったのがこの記事 大企業ほど、こういうところがある。抱え込んだ仕事が多いほど「なくては

記事を読む

no image

長谷川高宏「毒ギョーザ騒動と危険妄想のウソ」週刊東洋経済2008.2.16

・どうやら“事件”の様相が強まってきた。JTの子会社が販売していた中国製商品によって各地で食中毒が引

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑