山崎元「新入社員に贈るマネー生活の基本的な心得(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2006/04/22

公開日: : 最終更新日:2012/02/11 書評(書籍), 週刊ダイヤモンド, 山崎元



この人は、社会的なプレゼンスをどんどん高めているように思う。今週の本誌では中心人物だ。特集の「あとで泣かないための丸ごと一冊『運用』入門金融商品編」でも顔写真付きで関与している。氏のアイデアが満載である。


ここでメモしておくのは、氏の連載コラムのほう。こちらはこれまで何度となく引用してきた


“山崎元「株式運用はプロ任せよりも自分でやるほうが有利(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2005/10/29”


“山崎元「『株式投資はバクチだ』と説明してはどうか(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2005/10/22”


“山崎元「一般株主は企業防衛策を歓迎しない」週刊ダイヤモンド2005/06/11”


“山崎元「株式投資と経営者の人物評価について」週刊ダイヤモンド2005/05/28”


今回は時節柄、新入社員へのマネー生活の心得伝授がテーマ。納得感が非常に高い


言動が過激になってきてないか。結構断定的になってきた。ここでは保険が否定されている。保険が否定されているのは、ライバル誌である週刊東洋経済の今週号の特集が保険だからかもしれない


一方で、バタバタと運用することへの戒めのトーンが強い気がするのは、本誌の特集に対する抵抗なのかもしれない


ちなみに、その本誌の特集のほうでも、外貨預金、毎月分配型投資信託、元本確保型投資信託などに対しては引導が渡されている。正しいけど、過激だ




・おカネに興味を持つ。人生はおカネがすべてではないが、お金があれば避けられる不幸は多いし、おカネを通して世の中の仕組みが見えてくることが多い


・健康と今後の稼ぎに自信のある若い頃であれば、人付き合いや教養、飲食に(大いに飲め!)給料を使い切るのも悪くない


・決して借金はしない




サラリーマンならそうだろう。事業者としては考え方を変える必要がある




・自動車もローンを組んで買うべきではない


・給与の数ヶ月分くらいの貯えを早く作る


・生命保険に入ってはならない。医療保障の保険も個人年金保険も同様




よく言った




・運用より先に自分の人材価値を考えよう。28歳くらいまでに自分の職業分野を確定したい


・業務上の知識や、会計、統計、英語などのビジネス常識も早く身につけたい。目安としては、土日のどちらか一日の半分くらいは自己投資に回す


・毎日平均株価と為替レートと長期金利の数字を見て、それらがなぜ動いたのか考える習慣をつける


・ネット証券に口座を開いて株式投資を始める。業種の異なる3銘柄くらいから始めて、少しづつ銘柄を増やす。保有銘柄と関心のある銘柄について、業績予想の変化を追って、株価と一緒に見ておこう。短期売買とチャートは勉強しなくてもいい(これらはパチンコのようなものだと思えばいい)




20060419000001

google adsense

関連記事

no image

ライフビジョン21「ワルに学ぶ『実戦心理術』」王様文庫

著者が不明。したがって内容をあまり信用しないようにする。ただ、内容が面白そうなので、話半分で読み捨て

記事を読む

no image

平野敦士カール、アンドレイ・ハギウ「プラットフォーム戦略」東洋経済新報社

20101011163303 前評判ほどの満足感はなかったが、良書 こういうビジネススク

記事を読む

no image

西田文郎「面白いほど成功するツキの大原則 ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます」現代書林

こういう本、好きなんです ツキが大事だということと、それをどのように自分のものにするか、ということが

記事を読む

no image

野内良三「日本語作文術」中公新書

読み捨てる本ではない 筆者のこの文章自体が、主張を実践している。たとえば、同じことを言うときに

記事を読む

no image

苫米地英人「頭の回転が50倍速くなる脳の作り方」フォレスト出版

読了の所要時間は1時間くらい 英語のドラマをずっと見続けるというのはおもしろい方法だ。内容によって

記事を読む

no image

「ダイタンフード社長 丹道夫(特集 外食)」週刊ダイヤモンド2010/05/22

20140601085453 なんかすごいこと言ってるな。富士そばの創業者、経営者。 ・商売の成

記事を読む

no image

林總「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」ダイヤモンド社

"山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」光文社新書"とかぶっている。あの本にもフレンチ・レストラ

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(3)」文春文庫

20050711165100 (3)でも最初のほうは秀吉の話ばかり。仮想園遊会や醍醐の花見

記事を読む

no image

加藤昌治「考具」TBSブリタニカ

20070826061000 多くのことが書かれているが、かといって翻訳本的なびっしりと活

記事を読む

no image

林信行「スティーブ・ジョブズ」アスキー

20080102060000 こんな大判で写真が豊富な本だとは思わなかった。ジョブズ関係の

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑