田中陽ほか「藤原秀次郎会長が説く マニュアルこそ優しさの象徴(特集しまむら流)」日経ビジネス2006年5月22日号

公開日: : 最終更新日:2012/09/27 書評(雑誌), 日経ビジネス



20060527004137


浦和で降りられずに大宮とは、なんともリアルでドラマティックな。とても経済誌の中の記事とは思えない


先日のガイアの夜明けでも、一商店だったころのニトリや大塚家具の店舗写真があった。昔にプロジェクトXで見た日本で最初のセブンイレブンの写真も覚えている。こういうのにもドラマを感じる


ここでは、しまむらも当初の名称である島村呉服店となっている。現在シャッターが下りっぱなしになっている歴史ある商店街にもそういう名前の店はたくさんあるだろう。しまむらとの違いは何か。そして、そういうシャッターを閉めた人はどうやって生計を立てているのか。意外と生活には困っていないんじゃないかと想像してみたりする




・流通業界の多くの経営者は強烈なリーダーシップで会社を引っ張り、1代で大企業に育てあげた。しかし藤原にはそんな“太閤記”などない。埼玉の片田舎の呉服店とは縁もゆかりもなかったが、ある出来事が藤原の人生と、しまむらの将来を大きく変えた。それは駆け落ちだった。慶応義塾大学を卒業し、実家の神奈川県横須賀市にある家庭用品・日用雑貨店で家業の手伝いをしていたが、長男が継ぐことになっていた。親に結婚を反対され居場所がなくなった藤原は1970年春、家を出る覚悟をする。「東京では横須賀に近すぎてすぐに見つかってしまう」。誰も知り合いのいない埼玉県の県庁所在地、浦和(現さいたま市浦和区)を目指すことにした。ところが上野駅で飛び乗った高崎線の列車は浦和駅には停車せずに通過してしまい、仕方なく大宮駅で下車し、そのまま大宮で小さなアパートを借りて2人の生活が始まった、藤原が働き口を探そうと新聞の募集広告で目に留まったのが「島村呉服店」。当時、埼玉の北西部の小川町などに3店しかない衣料品店だったが、セルフサービスによる販売手法を57年頃に導入するなど創業者の島村恒俊は近代的な経営を目指す進歩的な人物で、論理的に物事を考える藤原とは馬があった。「小さい会社だから成果がすぐ出る」と思い、しまむらに転がり込んだ







google adsense

関連記事

no image

小笠原啓「リニアPCMレコーダー CD超える”臨場感”録る」日経ビジネス2008年8月18日号

20090104185800 単なるメモ。別にリコーダーを買おうというわけではないけど ・C

記事を読む

no image

「覆面座談会 有名大就職担当者がぶちまける「成功する就活とダメな就活」(特集 就職に強い大学ランキング)」週刊ダイヤモンド2011/12/10

20120113000424 就職活動の解禁の12月の初日に、リクナビなどのサイトがサーバダウンと

記事を読む

no image

櫻井よしこほか「特別鼎談 住民が幸せになるための地方自治体改革の正攻法」週刊ダイヤモンド2009/04/18

前矢祭町長と杉並区長との鼎談。かなり率直な発言が相次ぐ。やっぱり、単純に報道だけで矢祭町を知ったつも

記事を読む

no image

野口悠紀雄「経済学は金銭に換算できるものだけを対象にしているわけではない(通説粉砕WOW!WOW!経済塾)」週刊東洋経済2006.6.3

野口氏のこのコーナーは非常にオーソドクスな考え方をしっかりと伝えてくれている。こういうことを分かった

記事を読む

no image

又吉龍吾「”外弁慶”スバルが挑む国内販売テコ入れ大作戦(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2012/03/03

20120821234825 こういうアイデアはテイクノート ・日産自動車やホンダも独自

記事を読む

no image

兵頭誠「自主独立、みずほに溶け込まない」日経ビジネス2009年6月22日号

20090622213826 経営統合するというのに、関係が保たれる理由が、その下の事業会社が別だ

記事を読む

no image

藤井清孝「日本よ、防御に回るな」特集/日本をぶち壊せ!」週刊東洋経済2009.4.25

こういう、システムの運営者になりたい ・本屋にずらりと並ぶグルメ本を見ても、藤井は首をかしげる

記事を読む

no image

篠原匡「マネジャーを助けるトラッカー 抜け漏れ防ぐ”追跡者”(経営新潮流)」日経ビジネス2012.1.16

20120218102525 プレイングマネジャー。プレイに夢中でマネージが疎かになる。このマネジ

記事を読む

no image

佐藤嘉彦「江南特殊産業(自動車用樹脂部品向け金型の製造・販売)「失敗でできた穴」で世界一(小さなトップランナー)」日経ビジネス2007年3月19日号

20070417221700 このコーナーは週により、すごくおもしろいときと、読まずに飛ばしたくな

記事を読む

no image

金田信一郎「鈴木二郎氏 頭取辞し、パンに賭ける(ひと劇場)」日経ビジネス2007年11月19日号

内容自体はつまらないわけではない。しかし、特段の共感を得るでもなかったこの記事。わずかに引っかかりを

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑