国定浩一「マネードラマの結末を懸念(十字路)」日経平成18年5月23日夕刊

公開日: : 最終更新日:2011/09/07 書評(新聞)

著者は大阪学院大学教授。このコーナーのこの人の書き物を何度か気になってメモしてきた
“国定浩一「『ライブドア事件』の効果(十字路)」日経平成18年2月23日夕刊”
“国定浩一「株は値下がりもある(十字路)」日経平成17年10月20日夕刊”
今回も気になる。

・村上ファンドが保有する阪神電気鉄道株についての阪急ホールディングスとの交渉は大詰めを迎えているようだ。ファンドの意図は「高値での売却」の一点なりと考えればドラマの決着は見えてくる。ファンドの主張する1,200円は論外だが、時価(1,000円近辺)に近いような価格での妥結を懸念する。ファンドが「大もうけ」をして立ち去る、そんなドラマを目にしたくないのである
・「カネは汗して稼ぐもの」と常々学生に話しているが、落ち着かない。大阪商工会議所の野村明雄会頭も4月の記者会見で「公益事業がお客、従業員、地域社会とともに営々として蓄積したものを、短期的な価値の追求にかえるのはいかがなものか」と述べた。阪神電鉄との経営統合に向けて解決を目指す阪急側の動きは高く評価するが、結果的に「マネーゲームの勝利」となるようなことだけは避けていただきたい

投資ファンドのビジネスは「汗して稼ぐ」に当たらないとの主張のようだ。ブルーカラーということか。金融業以外の仕事ということか。定義もせずによくも言う。なんとも情緒的な評価ではないか。株価のおかしいところ、顕在していない価値を見出して、資本の力を使ってリスクを取りに行く。それが他人にできないから成果を得られるのだ。抽象的な意味では多分に汗を掻いているはずだ。目で情報を読み取って(目は実際、脳の一部といってもいいそうだ)、脳みそで分析し、度胸を発揮している
ただ、使用者側からすれば、「汗して稼ぐ」と学生に教育してくれるのは、使いやすそうな労働力を供給してくれる期待が高まり、ありがたい、と思うこともできそうだ。昔、NHKの「映像の世紀」だったか、戦後の警察予備隊の創設時の映像で、隊員志願者の採用面接の際に「特定の政治思想を有しているか?」という質問に対して「いえ、まったくありません」と即座にキッパリと答えたのを見て、アホかと苦笑したのを思い出した
感傷にドライブされた理想を語るのもいいかもしれないが、学生さんにはもっと現実に近いことを教えたらどうか。なぜ村上ファンドはこれだけの利益を上げられるのか。現状、法律違反などの話がない以上は(将来なにが出てくるか、また、出てこないのか分からないけど)、正常な商取引をしているのだから。運ではここまで来られない
また、著者は大阪商工会議所会頭の言葉を引用して、短期的な価値追求に疑問を呈している。これがそのとおりならば、村上ファンドだけの問題ではないはずだ。彼等にこれだけ大量の株式の取得を許したのは買い注文に呼応した売主がいたからだ。前所有者がその当時の価格で売却に合意しているのであるから、売り手も同罪だろう。すなわち株式市場の参加者の多数に対する苦言と理解していいのだろう。大きく出たものだ
逆に、チンタラやっていた阪神の経営陣に対しての問題提起はしないのか。しかほどの公益事業に上場(したがって今回のような買占めの可能性)を許してきた国や証券市場の責任はないのか
この辺の指摘はない。要は村上ファンドのみが嫌なのだ
私は別に村上ファンドの肩を持つつもりはない。また村上ファンドに対して嫉妬を感じないわけでもない。しかし、このような利益を上げる者に対する情緒的な反発を恥ずかしげもなく表明することは下品だ
仮に、こういう事情で村上ファンドが日本に居続けられなくなって海外に逃避するのであれば、悲しい。この国にその種の自由はないということだ。海外逃避は別の事情もあるのかもしれないけど、犯罪違反行為が裁判所によって確定しない限りは、そういう言い方をしてもいけないということだろう
200605292337

google adsense

関連記事

no image

財政取材班「民間流、事業は縮まない(財政 経済が問う)」日経平成18年6月14日朝刊

日経新聞って、こういう”官の無駄遣い”的な記事はよく見るが、今回のは圧巻 こういう土建バラマキなもの

記事を読む

no image

城下賢吾「短期取引の弊害(十字路)」日経平成17年11月4日夕刊

筆者は山口大学経済学部教授という。個人投資家の株式投資のしかたについてのコラム。端的に言って意味不明

記事を読む

no image

幸田真音「改革が残した「忘れ物」(さらりーまん生態学)」日経平成17年12月1日夕刊

ちょっと古い記事だが、気になっていたので 言ってることが逆だろう。いままでが単純すぎてこうした側面を

記事を読む

no image

童「フラット税制論に異議(大機小機)」日経平成18年2月25日朝刊

20060313235900 匿名のコラムに目くじらを立てる必要もないのかもしれないが、最近気にな

記事を読む

no image

西條都夫「自動車産業、勝負の分かれ目―日本勢「鍛錬」重ね快走(経営の視点)」日経平成17年8月29日朝刊

著者は、編集委員 こういう「まじめさ」や、「継続性」を肝に銘じたい。時節柄思い出すのは、義務教育の

記事を読む

no image

平田育夫「対米義援金『1億円』の薄情―市民感情わきまえた外交を(中外時評)」日経平成17年9月11日朝刊

筆者は論説主幹 これを読んで同意するとともに、アメリカが発表した対テロ協力20カ国に日本の名前がな

記事を読む

no image

伊藤浩昭「民意束ねる機能衰え(激震「郵政解散」瀬戸際の改革②)」日経平成17年8月11日朝刊

筆者は日経新聞の政治部記者 多数決と全会一致の違いは何か。昔、NHKの「その時歴史が動いた」で、パ

記事を読む

no image

前田裕之「人間発見 ガリバーインターナショナル会長 羽鳥兼市さん 車の流通改革へ走る(4)」日本経済新聞2012/09/13夕刊

20120917011439 結局、人間の行動の原因は心持ちひとつなんだと思う事例 人が何と言お

記事を読む

no image

春原剛「フィールズオブドリームズ(3)駐日米大使トーマス・シーファー氏(人間発見)」日経平成17年8月3日夕刊

20050804010200 日付は変わってしまって、昨日の夕刊の記事。著者は日経の編集委員でこの

記事を読む

no image

渡辺淳一「愛の流刑地」日経新聞文化面

全国紙の一番最後のページは、ふつうテレビ番組表である。私は大学生くらいまで、新聞は後ろから見るほうだ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑